ICTって何?幼児教育から学習する3つのメリットや学習方法【ITを使いこなすスキルを身につけよう】

引用画像

「プログラミング教室って、パソコンやタブレットをつかってプログラムを組むんでしょう?なんだか、難しそう…。わたしもよくわからないし。」

「プログラミングが得意になったら、将来どんなことに役立つの?」

「プログラミング教室?費用が高そう…。」

などなど。たしかに、ネガティブになる気持ちも分かります。ただ、AIなどITの技術は日進月歩であり、お子さんがITに関する知識を増やせたらいいですよね。プログラミング教室と言っても、それぞれの教室に特徴があります。

お子さんが

  • 自分から進んで学ぶ子に育ってほしい。
  • 物事をじっくり考えて、試行錯誤してほしい。
  • 読解力を身に付けて学力アップしてほしい。

あなたの願いをかなえるプログラミング教室があります。

詳しい内容はこちらをご覧ください。

 

ママ
ICT教育が注目されているみたいだけど、よくわからないわ。小さな頃から学ばせておいたほうがいいのかしら。

どうも、とっしーです。

外出するときや自宅にいるときでもスマートフォンで情報を調べたり、タブレットで電子書籍を読んだり、現代社会においてICTは身近なものになってきています。

普段の生活の中でICTを使用するのが当たり前になっているからこそ、子どもたちにはICTと正しく付き合っていく方法を学校の教育の中でも教えていきたいですよね。

パパ友のTさん
よく広告とかで子どもの早期教育がおすすめされているけど、子どもによって合う合わないがあるだろうし、そんなに早くからさせる必要性ってあるのかな?

この記事では普段聞きなれないICTについてや、子どもの頃からICTを使いこなせる教育について解説していきます。

ICTを幼児教育から始める7つのポイント
  • ICTは情報通信技術という意味。
  • ICT教育はタブレットなどのデジタル機器を使いながらさまざまな教科を学べ、小さな頃からデジタル機器の扱い方や、子どもたちのITリテラシーを育てることができる。
  • ICT教育の3つのメリットは、時間や場所を選ばずに自宅で学習できる。小学校に入ってもつまずくことなく、授業についていくことができる。自分のペースに合わせ、計画をたてながら学習を進めることができること。
  • ICT教育が必要な2つの理由は、ITに対する適応力を身につける、ネットリテラシーを身につけるため。
  • ITについて効率的に学習するのであれば、プログラミングから始めてみるのもおすすめ。
  • Lightbot、デジタルパペットなどのパズルゲームを使用すれば、親子で楽しくプログラミング的思考を学べる。
  • 子どもが自分で考えて行動できる力を育てていくことも大切。
まや
こんなにいいところがあるんだ。難しいと思っていたけど、私もICTについてもっと知りたいな。

ICTって何?

かずき
聞きなれない言葉だけど、ICTってどんな意味なのかな?

ICT教育のICTの意味は、Information and Communication Technology(インフォメーション アンド コミュニケーション テクノロジー)といいます。

日本語でいうと、情報通信技術を表す単語です。

私たちがよく利用するネット通販や、SNS上でのやりとりもICTの技術を利用しています。

パパ友のTさん
1998年ごろからものすごいスピードでIT技術の普及が加速したよな。

パパが子どものときは、インターネットで買い物ができるようになるなんて考えられなかったよ。

ICT教育はどんなことをやるのか

引用画像

教科書や資料を電子化する、動画を使って授業を受けるなど、教育分野で取り入れられることが多くなってきました。

小学校、中学校などの義務教育の中で、スマートフォンやタブレットなどのコンピューターを配布し、ICTを積極的に用いた学習方法をとり入れることを文部科学省も勧めています。

引用:教育ICT活用実践事例 文部科学省

だいち
上のグラフを見てみると小学校では国語(23.5%)と算数(21.8%)の割合が高いぜ。

ICTを活用した学習方法としてパソコンで調べものをしたり、タブレットPCで撮影した写真を資料として使い、電子黒板に大きく写して発表するなどがあります。

引用:教育ICT活用実践事例 文部科学省

まや
最も多く使われているのはタブレットPCだね。

ICT機器を使って子どもたち同士がお互いに自分の考えを伝えたり、意見の交換をしながら、基本的な知識や技術を学ぶことが目的だよ。

少しでも学力アップに繋がったり、生徒が自信をもって授業に参加できるようになるように国や先生も努力しているんだね。

eラーニングはパソコン、タブレット、スマートフォンなどを使いながらインターネット上に学習システムがあり、そのシステムを利用して自宅で学ぶことが可能な学習方法です。

ICT教育とよく似ているような印象がありますが、少し違います。

eラーニングを取り入れることによって時間や場所にとらわれず、教える側と教わる側がお互いに情報を交換してコミュニケーションをとりながら学習することができます。

ママ
おおまかに説明するとICT教育は、学校でタブレットなどのデジタル機器を使って行う教育よ。パソコンやスマートフォンの基本操作を学ぶこともICTの教育の中に入るわ。

e-ラーニングインターネット上にあるシステムを使って学習できるって、覚えておけば大丈夫かしらね。

ICT教育のメリット

まや
私たちがICT教育を受けることによるメリットって、具体的にどんなことなんだろう?

時間や場所を選ばずに学習できる

学校など決まった場所に集まり、先生が直接生徒に授業を行うリアルな教育とあわせて学習を進められます。

特定の場所に集まらなければならないオフラインの教育方法とは違い、時間や場所の制限がないので、いつでも自分の好きなときにインターネットを使いながら効率的に学習することができるのが特徴です。

インターネットとデバイス機器があれば自宅にいながら学習することができるので、親御さんにとって送迎の必要がないのもメリットです。

かずき
これなら外で友達と遊んだあとでも、自宅で集中して勉強することができるね。
ママ
自宅で勉強できるのってすごく便利よね。今の子どもたちがうらやましいわ。

小学校に入っても授業についていける

まや
プログラミングの授業が難しくて、みんなのスピードについていけなかったらどうしよう。

2020年に小学校の学習指導要領にプログラミングが追加され、必修になりました。

必要となる技術は年々変わっていく可能性があるため、常に最新の情報を取り入れ、小学生のうちから基本的なプログラミングスキルを身につける必要性があります。

小さな頃からICTに慣れさせておけば、小学校に行ってからの授業も苦手意識をもたずにプログラミングを楽しく学べます。

ママ友のEさん
おやこクエストっていう、親子でインターネットやコンピューターについてゲーム感覚で勉強できるサイトもあるの。

国語、算数、理科、社会や音楽、図工、家庭科、体育、外国語の知識について学べるよ。

全部無料だし、使いこなして楽しく知識を増やすことができるわ。

かずき
マルバツ問題や4つの中から答えを選ぶ問題、キーボードで答えを打ち込んでいくタイプの問題があるんだ。

がんばって問題を解いて、最後までクリアすればモンスターを仲間にできるよ。

自分のペースに合わせ、計画をたてながら学習を進めることができる

集団指導の学習塾に通わせると、自分のペースに合わせて学習することができません。

ICTを使った教育であれば、子どものペースや段階にあわせた授業が受けられるのでつまずきもなく、途中で挫折することなく続けられます。

スマートフォンやノートパソコンがあれば、24時間いつでもどこでも持ち歩きが可能です。

困ったときはすぐに先生に相談できるのでわからないを放置することなく、すぐに知識を吸収できます。

自分でスケジュールを立てて、限られた時間の中で優先順位を決めて計画を立てていく能力も身につくので、自己管理能力も高めることができます。

パパ友のTさん
私も小学校5年から、母親にすすめられて集団指導の学習塾に通っていました。

しばらくは頑張って通っていたのですが勉強の内容が自分のレベルでは難しくてついていけず、塾の雰囲気にもなじめなくて1年ぐらいで辞めてしまいました。

ただ、少しでも勉強ができることによって選択肢も増えるし、子どもの進路や将来の仕事にも関わってくるので塾を決めるときは慎重に決めてほしいです。

なぜ今、ICT教育が必要なのか

とっしー
板書で間に合っているならそれでいいんじゃない?
ママ
いろいろ覚えることがあって子どもの負担になりそうだけど、今新しくICT教育をやる必要って本当にあるのかしら?

ITに対する適応力を身につけるため

引用画像

今後の世の中は、ますますITの分野が発展していきます。

IT技術が世の中に広まる以前から研究され続けており、今後も急速に進歩していく技術が人工知能といわれるAIAugmented Reality(拡張現実感)Virtual Reality(仮想現実感)などと略されているAR、VRの技術、デジタル技術を活用して商品やサービス作っていくDX(デジタルトランスフォーメーション)、第5世代移動通信システムといわれる5G技術など、これからの時代を生きていく中でIT技術は幅広く関わってきます。

危険だからといってインターネットの使用を禁止する親御さんもいますが、それではデジタル化していく社会を生き抜くことはできません。

大人や親御さんがインターネットの正しい使い方を教えれば、ネットは子どもたちにとって便利で楽しく使えるものへと変化します。

とっしー
アフターコロナによって人との出会いが制限されて、オンラインを中心にしたコミュニケーションが進んだのがいい例だね。

これからはある程度スマートフォンを使いこなせるようにならないと、日常生活でも困ることが多くなるかもしれないな。

ネットリテラシーを身につけるため

引用画像

今の子どもたちにとって、インターネットは生まれたときから身近にあるものです。

しかし、インターネットは便利である反面、ツイッターなどの炎上に巻き込まれたり、やLINEを使ったネットいじめや特定の人への誹謗中傷などが起こり、さまざまな問題を生みだしています。

インターネットが世界中に繋がっているという意識をもてず、子どもたちが軽い気持ちで投稿したイタズラ動画が日本全国で大きな騒ぎとなり、企業から損害賠償を請求する事件にまで発展するケースもありました。

個人情報を晒されて事実とは異なる誤った情報がネット上に流れたり、拡散してしまいます。

ネット上に残された情報は月日が流れた何年後、何十年後もずっと残ってしまうので何も知らない他の人が見たら印象が悪く、誤解されてしまう可能性が高いです。

他にもワンクリック詐欺やフィッシング詐欺、出会い系のアプリを使うことによって知らない人と交流をもち、暴力を振るわれたり殺人事件に巻き込まれてしまうなど、何も知らない子どもたちをおびき寄せ、誘惑する悪い人間が世の中には存在します。

インターネットを正しく使い、悪い情報に騙されないように情報が正しいかを判断する能力を小さなころから学習することで、大きな問題が起こる前に自分自身で考えて対処できます。

ママ友のEさん
私たちが子どもの頃は、まだそれほどインターネットがそれほど普及していませんでした。

ですが、インターネット上でも他の人たちが気持ちよく掲示板やチャットで交流できるように工夫されていました。

最低限のマナーを守ろう」って意味のネチケットという言葉や、ネチケットを分かりやすく教えてくれるサイトがありました。

インターネットの正しい使い方を教えないと、自分の子どもが被害者最悪の場合は加害者になってしまう可能性もあるのです。

私が子どものときとは違ってネット上でも絶え間なく、荒らしや個人への誹謗中傷が飛び交うようになってきているような気がします。

私もしっかり勉強して、インターネットやITのことを子どもたちに分かりやすく教えられるように努力しています。

ICTを効率的に学ぶのならプログラミングがおすすめ

引用画像

プログラミングを習うことによって身につく最大の特徴は、論理的な思考能力です。

将来、どんな道に進もうとしても必ず必要となる能力になってきます。

ママ
確かに大学の卒業論文を書くときは、論理的な思考能力が必要になってくるわね。私は自分の思いをぶつけた感情的な文章しか書けなかったから、教授に何回もダメ出しをくらって苦労したわ。

プログラミングの学習と聞いて思い浮かべるのは、CSSやPHPなどのプログラム言語を学ぶことから始めていくというイメージをした人が多いのではないでしょうか。

確かにプログラム言語を学ぶことも大切ですが、まず最初にアルゴリズムを理解するということから学習していくほうが重要です。

プログラムはアルゴリズムデータ構造から成り立っています。

アルゴリズムは問題を解決するための方法で、何か問題が発生したとき、その問題を短い時間で解決する方法を考えます。

その問題をコンピューターが解決できる言葉として、同じ意味の言葉に言いかえて指示を出すのがプログラミングです。

プログラミングの学習によって身につく論理的な思考能力は、デジタルネイティブ世代の子どもたちにとって必ず役に立ちます。

もし、自分のお子さんが少しでもプログラミングに興味をもっているのであれば学ばせてみてはいかがでしょうか。

とっしー
プログラミング教室って月額費用が高い値段だけど、一生使えるスキルを身につけることができるし迷うな。

子どもに習わせておいたほうがいいかもしれないね。

プログラミング教室についてはこちら

気軽に楽しめるパズルゲームから始めてみよう

小学校低学年や未就学の子どもたちにおすすめなのが、パソコンのキーボードを使わず、タッチするだけでアルゴリズムの基礎を学べるパズルゲームです。

いろんなプログラミングアプリがありますが、子どもも大人も一緒に楽しめるLightbotデジタルパペットをご紹介します。

Lightbot

 

Lightbotはアルゴリズムロジックを組んでロボットを移動させる、プログラミングパズルゲームです。

キャラクターをアイコン型のブロックを組み合わせ、プレイヤーが指示をだして動かし、チェックポイントをいかに効率よく達成するかを考えていきます。

レベルが上がるごとにパズルゲームの難易度も上がっていきますが、プログラミングの基礎能力を身につけることもでき、空間認識能力も鍛えられます。

無料版でも全部で21ステージあるのでやり込み要素もあり、後半になるにつれ難しくなってくるので大人でもじっくり楽しめます。対応機種はios、Android、FireOSです。

元プログラマーなので、こんな単純命令のセットだけじゃ面白くないだろと思ってましたが、実際にプレイしてみると奥が深い。

最短工程を考えてると時間があっという間に過ぎてます。またGUIで反復、条件分岐、などプログラムの基礎をしっかり頭に入れる事ができるとても素晴らしい学習アプリだと思います。

引用:Lightbot

デジタルパペット

 

デジタルパペットはパペットの行動をプログラムして、敵を全滅させるパズルゲームです。

ios、Android両方に対応しており、完全無料で遊ぶことが出来るスマホアプリなので、気軽に試すことが出来ます。

デジタルパペットの特徴はパペットを直接操作することができないという点です。「右へ向く」「左へ向く」「前へ進む」「攻撃する」「ジャンプする」などのコマンドを組みあわせて、プログラムのように処理していきます。

参考:デジタルパペット

かずき
パズルゲーム、面白いね。ぼく、プログラミング習ってみたくなっちゃった。
とっしー
最初はかんたんにできたけど後半になるにつれ、難しい。でも大人がプレイしても面白くて楽しめるんだね。

子どもの頃に戻ることができたらパパも習ってみたかったな。

まや
平気だよ。大人になった今からでもプログラミングは学べるから。私たちと一緒にパパも勉強しよう。

 

自分で考えて行動できる力を育てていこう

引用画像

子どもの存在は親にとって宝物で、何かあったときは自分の命と引き換えにしても守りたい存在です。

親の立場としては大切な子どもに失敗させたくない、手を貸してあげたい、助けてあげたい、傷ついてほしくないという気持ちを抱きます。

子どもの将来を心配した親が、安全なレールを用意してそのレールの上を歩かせようとしますが、それでは子どもが考えて行動する力がいつまでたっても身につきません。

事前に自分の人生の安全なレールを親に用意してもらっているので「何かあれば親がいつでも助けてくれる、親の言うことに従っていれば自分の人生はうまくいく」という考えになってしまいます。

親として子どもを見守りながら「失敗してもやり直せる」ことを教えていくことも大切です。

成功体験、ときには失敗の体験もさせていき、子どもが自分で未来へのレールを作っていくための支えになりましょう。

ママ
失敗した子どもを怒るんじゃなくて、挑戦したことをほめないとね。

ママ友のEさん
失敗したことに怒って子どもを何回も注意していくと「自分が何もしないほうが親に怒られなくてすむ」という考えになってやる気もなくしてしまいます。

「学習性無力感」っていうのですが「何をやっても無駄」と感じてしまい、自分から全く行動しなくなってしまう子どもになってしまうのは困りますよね。

私も就職に失敗して社会のレールから外れたとき、周りの大人たちから批判されてすごく苦しんだ覚えがあるから、何度でもやり直しがきく社会になってほしいと思います。

子どものときぐらい自然体で生きてほしいです。

 

まとめ

ママ
ICT教育やプログラミングを習うことは、これから進歩していくデジタルの時代を生きていくために欠かせない技術なのよね。
パパ友のTさん
子どもたちが大人になったとき困らないように、習わせておく必要がある教科だね。
ICT教育についてのまとめ
  1. ICT機器を使った授業を受けることで、変化が早いテクノロジーの進化や新しい価値について学習できるので広い視野がもてるようになる。
  2. 小学校に入る前にITに対する適応力ネットリテラシーを身につけることによって、大きな問題や事件に発展する前に自分の身を守ることができる。
  3. 楽しく学びたいときは基本的なアルゴリズムが学べるLightbot、デジタルパペットなどのパズルゲームをプレイしたり、プログラミング教室を見つけて学習していくのもおすすめ。

プログラミングに興味がないとしても、キーボードを使ったタイピングは覚えておいたほうが便利です。

最初はパズルゲームでアルゴリズムの基本を学んである程度理解することができたら、次は本腰を入れてプログラミングを学習してみましょう。

小さな頃からキーボードを使用したタイピングに慣れておくと、入力作業に時間がかかることがありません。

ママ友のEさん
私も小学生の頃はひらがな入力でタイピングしていたのですが、中学生のとき、友達がローマ字で入力しているのを知ってあわててローマ字入力を覚えました。

タイピングが習えるかんたんなゲームを利用しながらすごく練習しましたが、我流でタッチタイピングを覚えると、あとで正しいタッチタイピングを覚えるまでにすごく時間がかかって苦労します。

キーボードタイピングを学びたいなら、桃太郎にでてくるキャラクターと一緒にゲーム感覚で学べるココアの桃太郎たいぴんぐゲームがおすすめよ。

「人差し指でDを打つ」など、かんたんな入力から始まるからタイピングが苦手な子どもでもコツをつかめばうまくなるわ。

プログラミングを子どもたちに教えたいのだけど、自分では教えられないというあなたには子ども向けのプログラミング教室をおすすめします。

プログラミング教室といってもいろんな教室があるので、じっくり比較しながら自分のお子さんに合ったプログラミング教室を探してみて下さいね。

 

送迎不要!コスパ抜群のプログラミング教室3選

あなたがお子さんに望むことは何ですか?
  • 自分から進んで学ぶ子に育ってほしい。
  • 物事をじっくり考えて、試行錯誤してほしい。
  • 読解力を身に付けて学力アップしてほしい。

あなたの願い、プログラミング教室がかなえてくれます。
⇒ 子ども・小学生向けプログラミング教室おすすめ3選