【親が子どもの暇をしっかり分析しよう】子どもの放課後,家で「暇だなぁ~~」を解決してくれる3つの方法

 

 

(引用画像) https://www.pakutaso.com/20180430101post-15889.html

突然ですが、今、プログラミング教室が熱い!!です。ですが、

「プログラミング教室って、パソコンやタブレットをつかってプログラムを組むんでしょう?なんだか、難しそう…。わたしもよくわからないし。」

「プログラミングが得意になったら、将来どんなことに役立つの?」

「プログラミング教室?費用が高そう…。」

などなど。たしかに、そういったお考えをお持ちかもしれません。一方で、AIなどITの技術は日進月歩であり、お子さんがITに関する知識を増やせたらいいですよね。プログラミング教室と言っても、それぞれの教室に特徴があります。

あなたがお子さんに

  • 生徒会長のように、みんなから信頼される子になってほしい
  • 物事をじっくり考えて、試行錯誤してほしい
  • 読解力を身に付けて学力アップしてほしい

と願うなら、うってつけのプログラミング教室があります。

詳しい内容はこちらをご覧ください。

 

ママ
放課後、何もしないで家で暇そうにしているわが子が心配なのだけど、みんなどうしているのかしら?
ママ友のAさん
私たちの子ども時代と違って、今は放課後に公園で遊ぶ子どもは減っているわ。そう実感している親は9割以上ですって。外遊びは規制だらけで、子ども達は忙しいから仕方ないわよね。
ママ
小学生の放課後の過ごし方、調査結果※では、遊ぶ子が25%くらいで、習い事へ行く子が17%、お家で過ごす子は20%くらいになってるわよ。それぞれに過ごしている感じがするわね。

児童関連サービス調査研究等事業報告書

わが子が放課後に友達と遊ぶ予定も入れず、お家で暇にしていると心配になりませんか?家でダラダラしながら「暇だな~~」なんて言われると、お友達と近所の公園で遊んできたら?とついつい言いたくなりますよね。放課後が暇、なわが子を救う方法はあるのでしょうか?

考えられる解決策3つ

習い事に通う ⇒ 今や多岐に渡る習い事でわが子の将来を変えられるかも?!

暇を受け入れる ⇒ 暇なのは今の時期だけで貴重な時間。本人はその暇を余暇として楽しんでいるのかも?!

親が手助けする ⇒ 本当は遊びたいけれど、お友達と約束のハウツーが分からなくて困っているのかも?!

ママ
どれも納得の解決方法に思えるけど、具体的に理由が知りたいわ。わが子の「暇だな~」を解決してくれる最善の方法を親が知っておけば安心よね。
とっしー
3つの解決法を詳しく解説していくので、この中からお子さんの年齢や性格、どの方法が合いそうか考えてみて下さいね~

 

暇をチャンスに習い事を始めてみる

今や小学生の8割が何かしらの習い事をしています。そうなると放課後に遊べる友達を見つけるのは難しいですよね。それなら、わが子に新しい経験をさせるチャンス。習い事を始めることで、将来の夢が見つかるかもしれませんよね。

画像引用

習い事をすることで、上記のようなメリットを感じることが出来ます。その中には「友達ができる」項目もありますね。放課後に友だちと遊べないことを悩むより、共通の習い事の中で気の合うお友だちを作るほうが今の時代は簡単かもしれません

習い事をしているメリットは、やはり目標が出来て前に進む事。それから、出来ることが多くなり、本人の自信も付く事ですね。

yahoo知恵袋

学校ではできない様々な体験を習い事を通して経験できるのは嬉しいですよね。家にいると、親が子どもに自信をもたせるのは難しいです。新しいものに挑戦することで、人のやる気や目標に向かう気持ちも育まれていくのだとわたしは思います。

ママ
習い事で子どもの暇を少しは解消できるわよね。将来につながる可能性もあるから、まずは週に1回でも始めてみようかしら。
ママ友のAさん
学習系の習い事だと宿題もあるし、音楽系なら毎日練習が必要になってくるわね~。習い事に行かない日でも宿題や練習で放課後の時間が使えそうで一石二鳥ね。
パパ友のAさん
うちの子はサッカーを始めて、練習日ではない平日にリフティングの自主練を始めましたよ。あとは、この間行ったプログラミング教室で作ったロボットを使って放課後遊んだりもしているな。

最近では多種多様な習い事が増えていますよね。定番のスイミングや習字といったものから、英会話やプログラミングまでたくさんありますが、わが子に合う習い事を見つけられると良いですね。習い事を始めると、さらに興味をもつようになり、子どもの世界が広がって忙しくなりそうですね。

とても貴重な小学生の放課後。お子さんの将来のために有意義に使ってあげたいという親心が伝わってきます。お子さんにも習い事を通じて貴重な経験をして欲しいですね。

記事を取得できませんでした。記事IDをご確認ください。

 

記事を取得できませんでした。記事IDをご確認ください。

でもまだ習い事に行く気持ちができていないお子さんにはあまり無理強いしないほうが良さそうです。

 

暇をそのまま受け入れてしまう

周りの子ども達が習い事や遊びに忙しい放課後、充実させなくてはもったいないと思っていませんか?まだ小学生、のんびり過ごしても良いかもしれません。

yahoo知恵袋

学校へ行って授業を受けて帰ってくる、大人でも疲れますよね。初めての経験をしたり、先生やお友達に気を遣ったりすることもあるでしょうから、放課後くらいはボーっとしたい気持ち分かりますよね。

yahoo知恵袋

「暇だな~」と言いながら家でゆっくりできるのは、子どもにとって幸せな時間になりますよね。中学生になれば塾や部活・習い事と忙しい日々を送らなければならない子どもたち。

長い人生において何も縛られない自由な時間を持てるほんのひと時、逆に大切にしないといけないのかもしれません。子どもが放課後、暇だな~とのんびりしていたら、「大丈夫、その暇は永遠じゃないからねー」と暖かく見守ってあげることも大切です。

ママ
親がゆっくりした気持ちで見守るのも大切なのかも。おうち時間で充電した後、本人が暇に耐えられなくなって「友達と遊ぶ」「習い事に行きたい」と言い出すのを待とうかな。

またコロナ禍で、放課後外へ遊びに行ったり習い事をしたりするのもためらわれる日々です。家でゆっくり過ごせるのであれば、それに越したことはないと割り切ってわが子と居られる時間と受け入れてみるのも良いですよね。好きな本を読む、料理に挑戦してみる、せっかくの暇=自由な時間を自分の思うように過ごせることは本当に幸せな時間だとわたしは感じます。

家でのんびるするお子さんをほほえましく思えるように自分を変えていくことが大切ですね。けれど、本当は遊びに行きたいと思っているお子さんには親が手助けしてあげる必要もあるかと思います。

 

親が手助けをしてあげる

元気よく公園で遊ぶ子ども達を見かけると、放課後遊びの約束をしてこないわが子が心配になりますよね。もしかすると遊ぶ約束が上手にできずに放課後の時間を持て余しているのかもしれません。

小学生にとって学区域の範囲は把握しきれていないので、約束も難しいですよね。親が代わりに約束するとお子さんがウキウキするのなら、本当はいつも放課後に友達と遊びたいはずです。お子さんが低学年であれば、親の手助けが必要ですよね。

1学期は慣れないので誰とも約束せず2学期からって感じです。

yahoo知恵袋

ママ友のAさん
そうなのよ~。特に低学年だと、公園の名前がお互い分からない、時計が読めないから約束の時間が分からないの。私がお友達のママと遊ぶ約束をするまで、放課後はいつも家でボーっとしていたわ。
ママ
うちの子も最初のころは難しかったの。3時に待ち合わせの約束したって言うのだけれど、学校から帰ってきたら3時半を過ぎているなんてこともよくあったわ。お互い違う公園で待ち合わせていてたこともあったしね~。

初めは約束が難しかったようなので、ママ友とメールで
今日遊べるかの確認と、宿題が終わってから○○で待ち合わせにしたいと相手の要望があったので合わせて一緒に行って、30分くらい様子を見てから帰り
17時に帰宅にしようとママ友と決めたので、初めは17時に迎えに行ってました。

発言小町

親が細かく打合せをして、遊びの約束が成立していますよね。わたしたちが子どものころは、近所の公園に行けば誰かがいましたが、今の時代そう簡単にはいかないです。親が手助けしてあげないと、小学生が放課後に友達と遊ぶ約束をするのは難しいのかもしれません。

小学生が遊んでいそうな公園、お母さんと一緒に行ってみてはどうですか?

うちも入学したてはまだ親子で公園に行ってました。
でも、それがきっかけでお友達ができたり、近所の学年違う子と遊ぶようになったりしました。

今では習い事のない日はほぼ約束して、外に遊びに行ってます。

women park

毎回親同士が連絡を取り合うのもたいへんです。近くの公園に一緒に行ったことで放課後に友達と遊べるようになると、親にとってもありがたいですよね。最初の数回は、親が手伝うほうが後々楽そうですね。

ママ
最初に手助けしてあげることで、遊ぶ約束のしかたを分かってくるのよね
ママ友のAさん
一人で遊びに行くなら、交通ルールや家に帰る時間・危ないところへ行かないといったルールもたしかめておかないと

はじめは面倒でも放課後に友達と楽しく遊べるようになるのであれば、お子さんにとっても、幸せなことですよね。

 

まとめ~お子さんの様子を見て話し合ってみましょう。

放課後、友達と遊べない時間が多いのは仕方ないのかもしれません。でも、お子さんが放課後に暇を持て余しているのをなんとかしたい、という気持ちも分かります。

放課後の暇を解決する3つ

習い事に通う ⇒習い事でわが子の将来を希望に変える。

暇を受け入れる ⇒暇も貴重な時間と考えてとことん暇に過ごしてみる。

親が手助けする ⇒本当は遊びたいのなら、親が遊びの手助けをしてあげる。

解決策のうち、お子さんに合いそうなものはありましたか?「暇だな~~」と訴えてくるお子さんには、様々な思いがあるとわたしは思います。

お子さんが放課後に「暇だな~」と言ったとき、お子さんの気持ちを聞いて、上記3つのどれかに当てはまりそうか考えてみてください。

話を聴くことでお子さんの想いがわかり、親子で安心できればお子さんの心の安定にもつながります。

子どもの気持ちに寄り添い、親子でどう解決するか、手助けになれば幸いです。

 

 

 

送迎不要!コスパ抜群のプログラミング教室3選

あなたがお子さんに望むことは何ですか?
  • 自分から進んで学ぶ子に育ってほしい。
  • 物事をじっくり考えて、試行錯誤してほしい。
  • 読解力を身に付けて学力アップしてほしい。

あなたの願い、プログラミング教室がかなえてくれます。
⇒ 子ども・小学生向けプログラミング教室おすすめ3選