子どもにパソコンの使い方を学習させるにはどうすればいい?

突然ですが、今、プログラミング教室が熱い!!です。ですが、

「プログラミング教室って、パソコンやタブレットをつかってプログラムを組むんでしょう?なんだか、難しそう…。わたしもよくわからないし。」

「プログラミングが得意になったら、将来どんなことに役立つの?」

「プログラミング教室?費用が高そう…。」

などなど。たしかに、そういったお考えをお持ちかもしれません。一方で、AIなどITの技術は日進月歩であり、お子さんがITに関する知識を増やせたらいいですよね。プログラミング教室と言っても、それぞれの教室に特徴があります。

あなたがお子さんに

  • 生徒会長のように、みんなから信頼される子になってほしい
  • 物事をじっくり考えて、試行錯誤してほしい
  • 球技も得意になってほしい
  • 得意なことを目いっぱい伸ばしてほしい
  • 読解力を身に付けて学力アップしてほしい
  • 英語力を身に付けてほしい

と願うなら、うってつけのプログラミング教室があります。

詳しい内容はこちらをご覧ください。

 

パパ
早速パソコンを買って子どもに学習させたいけど、何から始めればいいんだろう?

2020年度になり、プログラミングが必須化したことを受けて、子どもにパソコンを与える親が増えてきています。

子ども向けのパソコン教室や学習ツールも様々なものが登場し、子どもがパソコンを使用することは珍しいことでは無くなりつつあります。

しかし、いきなりパソコンを子どもに与えて、できるようになるかといえばそんなことはありません。パソコンを便利に使うにはきちんとした使い方を知っておく必要があります。

今回は、子どもがパソコンを使えるようになるための様々な方法を紹介していきます。

 

まずはパソコンに触ってみる!いきなりの勉強は禁物

この記事を読んでいる皆様はいつごろからパソコンを使い始めたでしょうか。私が本格的にパソコンを使うようになったのは高校生ぐらいからでした。当時はまだスマホも世の中に浸透し始めてまもないくらいで、子どもがパソコンをバリバリに使用することは珍しかったと思います。

しかし、IT技術は日進月歩ですね。当時とは打って変わり、今は小学校でもプログラミングの授業が必修化するくらいパソコンを使用することは常識となりつつあります。そうした世の中のニーズにあわせて、子どもにパソコンの勉強をさせることは自然な流れだといえます。

では、実際子どもにどうやってパソコンの使い方を練習させれば良いのでしょうか。子どもが興味を持ち続けるために、何から始めるのがいいのか悩んでしまいますよね。しかし、答えは簡単です。まずは簡単で単純なことから始めてみるといいでしょう。

キーボードやマウス操作であれば子どもが最初から難しいと感じずにパソコンの画面の変化を楽しみながら操作を練習することができると思います。そうした小さな成功体験や、楽しいと感じたことが子どもの知的好奇心を刺激し、もっと知りたいと思うようになるのです。

最初から専門的なことを教える必要はありません。逆に最初から難しく理解に時間がかかることに取り掛かってしまうと、子どもが飽きてやる気をなくしてしまうかもしれません。

私もプログラミングを学習していた時、いきなり難しい専門書から入ったことがありますが、三日坊主になりかけたことがあります。なので、最初は簡単で単純なことから始めて、子どもの興味を維持することが重要だといえるでしょう。

 

子どものうちにパソコンを練習させるメリット

それでは、子どもにパソコンを練習させるメリットを挙げていきたいと思います。キーボードやマウスの操作ができてくれば、もっと色々なことが知りたくなり、たくさんのメリットを生み出します。

 

1. 自分で調べる力がつく

キーボードやマウスの操作に慣れてくれば、自然とほかの操作がしたくなってきます。そうしているうちに、パソコンの様々な機能に触れていくことになります。

最初はマウスを動かすのも慣れない手つきだったのに、今では自分でネットで調べものをするくらいに、なんてことが起こります。それぐらい自然な流れでパソコンの操作方法を身に着けることができるでしょう。

また、自分でネットで調べることができるようになれば、おのずとパソコン操作の理解度は高まります。この段階になれば、子どもの柔軟な思考力によってどんどんパソコンを使って様々な知識を深めていけるでしょう。

パパ
自発的に物事を調べる習慣がついて、ほかの勉強にも活かせそうだね

 

2. ITリテラシーが高くなる

ITリテラシーとは、ITに関しての知識を持っていたり、その知識を活かして実際に操作することができることを指します。子どものうちからパソコンの操作を練習していれば、おのずとITリテラシーを高めることができます。

また、近年では日本のITリテラシーの低さが問題となっており、世界に比べて遅れているといわれています。

SNSなども普及している世の中で、ある程度のITリテラシーを身に着けておくことは、必要不可欠かもしれません。思わぬトラブルに巻き込まれないよう、子どものうちからパソコンを操作して、ITリテラシーを高めておきましょう。

ママ
子どものITリテラシーだけを高めるのではなく、大人もしっかりとしなきゃね

 

3. ローマ字の練習になる

キーボードを使ってパソコンに文字を入力するのは基本ローマ字です。ローマ字は日常生活の中で多々見かけますし、汎用性が高い文字なので、パソコンの練習をしていればローマ字を早く取得することができます。

ローマ字は小学校3年生から教わるので、パソコンを操作しながらローマ字の練習もすれば一石二鳥です。

パパ
ローマ字が苦手な子もこれなら楽しみながら勉強できそうだね

 

具体的なパソコンの練習方法

パソコンの操作練習を子どものうちに行うことで、様々なメリットがあることが分かったと思います。しかし、これらのメリットは一体どうしたら身に着けることができるのでしょうか。その具体的な方法について解説していきます。

 

1. タイピングゲームを使ってみる

キーボードの文字入力(タイピング)が早ければ早いほど、パソコンで何かを調べたり、作業したりするときスムーズにいきます。しかし、パソコンの練習を始めたばかりの子どもは早く文字を入力することはできませんよね。

パソコンのタイピングをスムーズにするためには、ある程度の「慣れ」が必要です。そうした慣れを生み出すのに、タイピングゲームは最適です。

タイピングゲームを使えば、指定された文字や文章を制限時間内に入力し、正解すると次のステージに進めるなど、ゲーム形式で子どもも楽しんでタイピング練習をすることができます。慣れてくれば、キーボードを見なくても文字が入力できる、ブラインドタッチができるようになるかもしれません。

タイピングゲームは購入するものもありますが、ネット上に無料で行えるものもあります。お金をかけたくない方も子どもにチャレンジさせてみてはどうでしょうか。例として、無料のタイピングゲームを一つ紹介します。

無料のタイピングゲームはこちら

 

こちらのタイピングゲームは寿司打と呼ばれるものです。お寿司のお皿が流れて行く前に画面の文字をタイプして、どれだけ多くのお寿司を食べれるかを競います。

ママ
タイピングゲームを使えば、子どもも飽きずに楽しんでできそうだね

 

2. プログラミングスクールを活用する

タイピングゲームである程度パソコンの操作に慣れてきたら、プログラミングスクールに通うことも検討してみるといいでしょう。プログラミングスクールでは、講師の方々から丁寧な指導を受けることができ、プログラミングスキルを身に着けることができます。

また、プログラミングスクールに通うことで、同じ目標を持った子ども達に触れあうことができ、子どもの向上心や協調性を育むことができます。

子どものレベルに合わせた指導を行ってもらえるので、学習スピードによっては、大人顔負けの技術を手に入れることもできるかもしれません。

しかし、プログラミングスクールは料金が比較的高いこともあり、しっかりと経済的な事情を考慮したうえで検討することがおすすめです。こちらの記事を例として、プログラミングスクールを検討してみてはいかがでしょうか。

 

記事を取得できませんでした。記事IDをご確認ください。

 

プログラミングクールでは、情報セキュリティやパソコン操作を主に、タイピング、プログラミング、プレゼンテーション、パソコンソフトと多様なスキルを学ぶことができます。

パパ
プログラミングスクールに通うことで、子どもの学習意欲を高めることができるかもしれないね

 

子どもがパソコンを使う上で気をつけたいこと

ここまで、パソコンの操作を学ぶことのメリットや具体的な方法について解説してきました。子どもが楽しみながらタイピング練習ができたり、ITリテラシーの向上やローマ字の練習になるなど、日常で役に立つことばかりです。

一方で、子どもがパソコンを使う上で気を付けなければいけないことがあります。この点を考慮しなければ、子どもの身体や精神的によくない影響を与えてしまう可能性があります。

パソコンを使う上でのデメリットもしっかりと押さえておきましょう。

 

1. 姿勢が悪くなりやすい

パソコンを長時間使用していると、背筋を曲げて座ってしまうことがありますよね。それは、普段仕事でパソコンを使用している大人だけでなく、パソコンを練習する子どもにも当てはまります。

子どものうちからパソコンを長時間使用しているとそのリスクは高くなります。一般的に姿勢が悪くなると、脳に酸素が十分に行き渡りにくくなり、呼吸が浅くなって血液循環が悪くなります。そうすると、思考力の低下や自律神経の乱れを起こしやすくなり、体に悪影響をもたらします。

 

画像引用:上田整形外科クリニック

 

2. サイト閲覧を制限する

子どもがパソコン操作に慣れてくれば、インターネットを活用して様々なサイトを閲覧するでしょう。ネットには役に立つ情報がたくさんありますし、ネットをうまく活用すれば、勉強にも役に立てることができます。

しかし、ネットには子どもにとって有害なサイトも多く存在しています。こうしたサイトをもし閲覧してしまったら、子どもの精神に悪影響を及ぼしかねません。

子どもがこうしたサイトを閲覧してしまう前に、サイトに閲覧制限をかける必要があります。WindowsなどのOSのパソコンであれば、「ペアレンタルコントロール」と呼ばれる機能が存在しており、親が子供のサイト閲覧を管理することができます。

以下の画像をクリックするとMicrosoftのペアレンタルコントロール設定のページに遷移します。

画像引用:Microsoft公式サイト

 

まとめ

ここまでお読みいただきありがとうございます。今回は子どもがパソコンを使用する上でのメリットやデメリット、そして具体的な学習方法を紹介しました。重要なポイントを以下に纏めます。

  1. まずはパソコンに触らせてみる。いきなり難しいことはしない。
  2. タイピングゲームやプログラミングスクールを活用してみる。
  3. 子どもにパソコンを学習させるとたくさんのメリットがある。
  4. メリットがある反面、デメリットもあるので十分に注意する。

以上の点を踏まえて、子どもにパソコンを使用させることをお勧めします。パソコンは使えるようになると、とても便利なツールです。メリットやデメリットをしっかりと押さえて、子どものパソコン学習に活かしてみてはいかがでしょうか。

記事を取得できませんでした。記事IDをご確認ください。

送迎不要!コスパ抜群のプログラミング教室3選

あなたがお子さんに望むことは何ですか?
  • 自分から進んで学ぶ子に育ってほしい。
  • 物事をじっくり考えて、試行錯誤してほしい。
  • 読解力を身に付けて学力アップしてほしい。

あなたの願い、プログラミング教室がかなえてくれます。
⇒ 子ども・小学生向けプログラミング教室おすすめ3選