ソニープログラミングおもちゃtoio・KOOV・MESHを比較【子どもの興味に合うものを選ぼう】

「プログラミング教室って、パソコンやタブレットをつかってプログラムを組むんでしょう?なんだか、難しそう…。わたしもよくわからないし。」

「プログラミングが得意になったら、将来どんなことに役立つの?」

「プログラミング教室?費用が高そう…。」

などなど。たしかに、ネガティブになる気持ちも分かります。ただ、AIなどITの技術は日進月歩であり、お子さんがITに関する知識を増やせたらいいですよね。プログラミング教室と言っても、それぞれの教室に特徴があります。

お子さんが

  • 自分から進んで学ぶ子に育ってほしい。
  • 物事をじっくり考えて、試行錯誤してほしい。
  • 読解力を身に付けて学力アップしてほしい。

あなたの願いをかなえるプログラミング教室があります。

詳しい内容はこちらをご覧ください。

 

ママ友のまりさん
家で子どもにプログラミングを学ばせたいなって思っているの。ソニーもプログラミングが学べるおもちゃを出しているのよね。

ママ
トイオにクーブにメッシュだったかな。どれもおもしろそうだけど、何を基準にを選んだらいいかわからないわね。

どうも、とっしーです。

小学校では2020年度からプログラミング教育が導入されました。家庭でもお子さんとプログラミングを楽しく学ぶことができたらいいですよね。

近年ソニーは教育事業にも力をいれていて、プログラミングが学べるおもちゃを多数出しています。
できれば自分のお子さんにぴったりのおもちゃを選んであげたいですよね。

ですが、初めてのものだとどう選んでいいか分からないと思います。安い物でもないので失敗したくはないですね。

この記事では、トイオ、クーブ、メッシュの特徴や料金を比較し、無料で体験できる場所を紹介しています。

記事を読み終えると、トイオ、クーブ、メッシュそれぞれの特徴や違いが分かり、どのおもちゃがお子さんに向いているのかが見えてきますよ。

toio、KOOV、MESHの特徴
  • toio(トイオ) ゲームに工作・絵本・運転などいろいろな遊びが楽しめる知育おもちゃ。
    ⇒パソコンやタブレットがなくても遊ぶことができる。遊びながらプログラミングが学べるので、プログラミングが初めてのお子さんにおすすめです。工作、レゴ好きなお子さんにもおすすめですよ。
  • KOOV(クーブ) カラフルなブロックで自由に組み立て、自由に動かせるロボットキット。
    ⇒パソコンやタブレットが必要。本格的にプログラミングを始めたいお子さんやブロック遊び・ロボットが好きなお子さんにおすすめです。
  • MESH(メッシュ) 身近なものと組み合わせて、色々な装置が作れる知育おもちゃ。
    ⇒パソコンやタブレットが必要。自分のアイデアを形にできるので、発明や電子機器が好きなお子さんにおすすめです。
toio・KOOV・MESHを無料体験できる場所
  • イベント会場・オンラインでのワークショップ
  • ソニーストア
  • 販売店、その他体験場所

 

toio(トイオ)、KOOV(クーブ)、MESH(メッシュ)の特徴と料金を比較

toio(トイオ) KOOV(クーブ) MESH(メッシュ)
特徴 ・本体に専用タイトル(ソフト)を入れ替えることで、工作や運転など様々な遊びを通して楽しめる。

・パソコンがなくても遊ぶことができる。
・レゴを組み合わせて遊ぶことができる。

・ブロックで自由にかたちを作り、プログラミングで動かすプログラミング学習キット。

・専用アプリを使うため、タブレットやパソコンが必要。

・専用アプリでプログラミングをし、メッシュブロックに様々な命令ができる。
・ブロックは7種類、明るさや人感センサー、LEDなど様々な機能がある。
・アプリを使うため、タブレットやパソコンが必要。
対象年齢 6歳以上~大人 8歳以上~大人 厳密な推奨年齢なし。
子どもから大人まで楽しめる。
幼児~低学年までは保護者のサポートが必要。
プレイ人数 1~2人 1人 1人
金額 ・本体
16,214円~18678円
・タイトル(ソフト)
4,650円~8,996円
・バリューパック
(本体+専用タイトル1本)
15,378~40,107円

・スターターキット
36,442~41304円
・アドバンスキット
52,650円~54,868円
・スターターセット
15,048円~21,802円
・アドバンスセット
37,510~38680円
・MESHブロック1個
3,045円~9765円
     

※購入店舗により金額には差があります。

 

toio(トイオ)、KOOV(クーブ)、MESH(メッシュ)の特徴を比較

toio

画像引用

toio(トイオ)の特徴

ママ
ロボットに工作した物や好きなものを取り付けて遊ぶことができるのね!小さい子でも楽しめそう!

toio(トイオ)は2017年にソニー(SIE・ソニーインタラクティブエンタテインメント)が発売した、子ども向けの体感型ロボットトイ(ロボットおもちゃ)です。

コンソール(本体)とリング2本(コントローラー)・コアキューブ(キューブ型ロボット)2つで構成されています。

差し込むソフトを変えることで、ゲームや工作・絵本・運転などいろいろあそびを通して楽しむことができますよ。

トイオの特徴
  • 対象年齢は6歳以上ですが、トイオで遊んでいる子どもの38.6%が6歳以下です。(引用:トイオキッズ大調査)
  • 本体にソフトを入れ替えるだけで、さまざまな遊びができます。6種類ソフトがあるのでお子さんの好みの遊びが楽しめますよ。
  • どのソフトも工夫次第で遊びが無限に広がります。お子さんの年齢が上がっても、飽きることなく長期間楽しめます。
  • カードや絵本を使って遊べるので、小さなお子さんでも楽しく遊べます。
  • キューブ型ロボットにレゴブロックを取り付けて遊ぶこともできます。
  • アプリではビジュアルプログラミング、パソコンではロボットプログラミングができるので、本格的にプログラミングを学びたいお子さんにもおすすめです。

ママ友のまりさん
遊び方は、本体にカートリッジ(ソフト)を差し込んで、コアキューブに動き方を指示(プログラミング)して動かすのね!

ママ
キューブ型ロボットにはモーターや位置センサーが搭載されていて、プログラミングで自分の好きなように動かすことができるんだって。

ゆうとくん
おもしろそう!これやってみたいな!

ママ
わぁ!見てるだけで面白そうね!パソコンやタブレットが必要ないから小さい子供でも楽しめそうね。

ママ友のまりさん
トイオのキューブには、レゴブロックを取り付けて遊ぶこともできるのよ!

ゆうと君
わぁ!おすしがおすもうしているよ~。ぼくにもつくれるかなぁ。
ママ
レゴが使えたらいろいろなものが作れそうね。創造力が広がりそう~。

toioおすすめソフト3選

①トイオ・コレクション
このソフト一つで、バトルやパズル・追いかけっこ・工作など5種類の遊びが楽しめます。「フリームーブ」では自分で遊び方を発明できますよ。

②GoGo ロボットプログラミング ~ロジーボのひみつ~
プログラミングは指示カードをキューブ型ロボットに読み込ませるだけで、パソコンやタブレットがなくても遊べます。絵本とカードを使って遊べるので、プログラミングがはじめてのお子さんにおすすめですよ。

③トイオ・ドライブ
トイオリング(コントローラー)のハンドル操作でリアルな運転操作を体験できるゲームです。
前進や後退などの基本操作から、テクニックが必要な運転まで楽しめますよ。
一人で遊んだり、みんなで対戦したりさまざまなモードで楽しめます。

ママ友のまりさん
トイオドライブはキューブ型ロボットに車のボディをかぶせて車にしちゃうのね。リングを車のハンドルに見立てて操作するから、本当に運転をしているみたいよ。

 

 

KOOV(クーブ)の特徴 

ママ友のまりさん
KOOVのブロックってカラフルなクリスタルみたいで、とってもキレイね~。

KOOV(クーブ)は2017年にソニー・グローバルエデュケーションが発売した、学びと創造力を育成するロボットプログラミングトイ(プログラミングおもちゃ)です。

おもちゃとは言いますが、小学校やロボット教室などで教材として使われているため学習教材といっても過言ではありません。

カラフルなブロックや電子パーツを、自由に組み合わせてロボットが作れます。専用アプリから、プログラムをロボットに転送して動かすことができます。

クーブの特徴
  • 対象年齢は8歳以上。子供だけでなく大人も楽しめるようになっています。
  • KOOV専用アプリを使うのでPCやタブレットなどが別に必要です。
  • KOOVアプリが、ブロックの組み立て方やプログラミングの方法を分かりやすく丁寧に説明してくれるので、お子さんがひとりでも遊びながら学べます。
  • プログラミング初心者でも、直感的に構造を理解することができるビジュアルプログラミングを使っています。
  • 段階を踏みながらロボットやプログラムのつくりかたを覚えていくので、経験がないお子さんでも楽しく学ぶことができます。

ママ友のまりさん
学校やロボット教室での教材に使われているのね。おもちゃと言うよりは教材に近いのかな。

ママ
カラフルなブロックがかわいくて、組み立てるのが楽しそうね!

ゆうとくん
ぼくブロック好きだから、やってみたいなぁ~。

ゆうとくん
わぁ!こんな生き物もつくれちゃうんだね~。ネコやイヌもつくってみたいな。

クーブは専用アプリを使って、学習を進めていきます。

お子さんの理解や成長に合わせて「まねをして覚える」「体系的に学ぶ」「自ら発明する」の3つのステップで学んでいけますよ。

KOOVおすすめロボットレシピ3選

おすすめレシピ①ヘリコプター
スイッチを押すとプロペラが回ります。さらにスイッチを押すと機体の角度が変わり空を飛んでいるようですよ。

おすすめレシピ②カバ
手をセンサーにかざすとカバが口をパクパクとしながら前に進みます。もう一度手をかざすと、今度は後ろにさがります。口をパクパクさせている動きがかわいらしいです。

おすすめレシピ③機関車
線路のイラストや書いた線をセンサーで読み取り、それに沿って前進します。自分でいろんなコースを作って機関車に走らせたら楽しそうですね。

ブロック組み立てとプログラミングの方法に慣れたら、「自由制作」でオリジナル作品をつくることもできます。

専用アプリ上で自分の作品の写真・動画を公開すると、世界中のクーブプレイヤー仲間に評価されます。仲間の作品を見ることで、新たなロボット制作のアイデアを生み出すことができますよ。

ママ
オンラインで定期的に自由制作のコンテストが行われているのよ。テーマごとの応募作品の中から金賞や銀賞・銅賞が選ばれるんだって。

ゆうとくん
かっこいいな!ぼくもいろんなロボットをつくってコンテストにでてみたいな。

 

MESH(メッシュ)の特徴

ママ友のまりさん
MESHは「Make、Experience、SHare」の略で作り、体験し、共有するっていう意味なんだって。

MESH(メッシュ)は、2015年にソニー株式会社が発売した、とても実用性のある知育玩具です。

MESHは「ボタン」「LED」「動き」「人感」「明るさ」「温度・湿度」「GPIO」の機能をもつ、7種類のMESHブロック(タグ)で構成されています。

身近なものとMESHタグの機能を組み合わせ、プログラミングをすることでさまざまなアイデアを形にすることができます。

MESHの特徴

  • 厳密な推奨年齢はなく、子どもから大人まで楽しめます。ですが、幼児~低学年までは保護者のサポートが必要です。
  • 専用のアプリを使ってプログラミングをするので、パソコンやタブレット、スマホなどが必要です。
  • MESHブロックは無線(Bluetooth)で接続されて、プログラミングした機能を実行します。
  • プログラミングアプリはビジュアルプログラミングによく似ていて、ドラッグ&ドロップのタッチ操作で簡単にプログラミングができます。
  • IFTTT(イフト)というWebサービスを利用すると、MESHとLINE、Facebook、Twitter、Slack、Evernote、Google DriveなどのさまざまなWebサービス同士を連携することができます。

とっしー
人感センサーがついたブロックは、人が通ったら信号を送ってくれるよ。温度湿度計のついたブロックは、温度湿度を計測して、その記録をスマホで確認できるんだ。

 

ママ
え!すごいこのライトの仕掛け!動きを伝える「動き」ブロックを使っているのね。ブロックの入ったケースを倒すと、ライトがついたり消えたりしてる。
ママ友のまりさん
赤の面を上にするとライトが赤に点灯してるね!虹色の面を上にすると、光がレインボーにどんどん変化していてキレイね~。

とっしー
この仕掛けでは、IFTTT(イフト)を使ってMESHとLINEを連携しているよ。動きブロックを使ってブロックの向きを検知して、Lineへメッセージを送信してくれるんだ。

ユーザーが作ったMESHのプログラムがホームページに「MESHレシピ」として公開されています。レシピの中から真似してみたいものを選んで、試してみるのも楽しそうですよ。

「MESHレシピ」の人気レシピからおすすめのものを3つ紹介します。

MESH人気レシピおすすめ3選
  • 残量が一目で分かるティッシュ箱
    →ティッシュを引き出すと、現在のティッシュボックスの残量具合をLEDで示します。「LEDブロック」と「人感ブロック」を使ったレシピです。レシピはこちら
  • 子どものテレビ観すぎ防止装置
    →テレビの前に明るさタグを置き、自動でテレビの視聴時間を記録します。「明るさブロック」を使ったレシピです。レシピはこちら
  • MESH射的
    →射的の的をMESHにすることで、的が倒れる時に効果音がなります。さらに、自動的に的を起こす仕組みです。「動きブロック」と「GPIOブロック」を使っています。 レシピはこちら

この他にもおみくじや犬の自動餌やり装置など、楽しいレシピがたくさんありますよ。

ゆうと君
ぼく射的を作ってみたいな~。うちにあるレゴブロックと組み合わせて作れそうだね。
ママ友のまりさん
レシピ集から作りたい装置を見つけて、必要なブロックだけ買ってみるっていうのも良さそうね。

toio(トイオ)、KOOV(クーブ)、MESH(メッシュ)の料金を比較

toio KOOV MESH
金額 ・本体
16,214円~18678円
・タイトル(ソフト)
4,650円~8,996円
・バリューパック
(本体+ソフト1本)
15,378~40,107円
・スターターキット
36,442~41304円

・アドバンスキット
52,650円~54,868円
・スターターセット
15,048円~21,802円
・アドバンスセット37,510~38680円
・ブロック1個
3,045円~9765円

※購入店舗により金額に差があります。

ママ
おもちゃと言っても、プログラミング系のものだと決して安くはないわね。
ママ友のまりさん
気軽に買える値段ではないわよね。プログラミング教室のほうが安かったりするのかな。
プログラミング教室にかかる費用
入会金 0円~15,000円
教材費 1,000円~50,000円
授業料 5,000円~13,000円
その他 パソコン、タブレットレンタル料金 教室運営費 テキスト代など

プログラミング教室に通う場合の費用をざっとまとめました。高額な教材費はロボットキットの代金というところが多いです。

ママ友のまりさん
ロボットキット代金が50,000円としても、それにプラスで授業料が毎月かかるならソニーのおもちゃのほうがだんぜん安いわよね。
ママ
入会金の15,000円でtoioのバリューパックが買えちゃう。
ママ友のまりさん
でもやっぱり安いものではないから、値段で悩んじゃうな。買う前に体験できると良いな

 

無料で体験できる場所

トイオ、クーブ、メッシュそれぞれ無料で体験できる場所が用意されています。購入になかなか踏み出せないようなら、実際に体験してみることをおすすめします。

toio・KOOV・MESHを無料体験できる場所
  • イベント会場・オンラインでのワークショップ
  • ソニーストア
  • 販売店、その他体験場所

イベント会場・オンラインでのワークショップ

ソニーでは定期的にtoioやKOOV、MESHを体験できるワークショップを開催しています。オンラインでのワークショップだとおもちゃ本体をレンタルして参加することもできます。

詳しくはこちら⇒ソニー・キュリオステップ

ソニーストア

ソニーストア銀座・札幌・名古屋・大阪・福岡天神では、予約なしでKOOVのプログラミング学習を体験することができます。所要時間は15分ほどで、気軽に試すことができますね。

もっとじっくり体験したいという方は、1時間のKOOV体験会もあります。会場はソニーストア銀座・札幌・名古屋・大阪・福岡天神です。

参加対象は、小学3年生~中学生とその保護者で、作るロボットのメニューは、店舗によって異なります。
体験会の詳しい内容はこちら⇒ソニーストア

販売店、その他

MESHは販売店やプログラミング教室、市民工房など特定の場所で体験をすることができます。

・MESHが体験できる販売店舗はこちら
・MESHが体験できるその他の場所はこちら

ママ
このご時世、オンラインで体験できるのは嬉しいわね。本体をレンタルできるのも助かるわ。

 

プログラミングおもちゃを選ぶ時の注意点

年齢にあったものを選ぶ

プログラミングおもちゃは様々な種類の物がありますので、お子さんの年齢にあった物を選びましょう。

おもちゃの性能や遊び方によってメーカーが対象年齢を定めています。対象年齢の基準は文字の認識力、マウス操作・キーボード入力ができるかどうかで変わってきます。

toio KOOV MESH
対象年齢 6歳から大人まで 8歳から大人まで 厳密な推奨年齢はなく、子どもから大人まで。
幼児~低学年は大人のサポートが必要。

小学校1、2年生(6~7歳)のお子さんは文字が読めるようになり、タブレットの操作やパソコンのマウス操作などもできる年齢ですね。

ママ
対象年齢が合っていても、難しすぎると飽きてしまうかもしれないわ。始めは、できるだけ簡単な操作で遊べるものが良さそうね
ママ友のまりさん
簡単な操作だとtoioが良さそうね。年齢が低くて、プログラミングが初めてなら一番子どもに合いそうね。

パソコンやタブレット、ネット環境が必要なものか確認する

プログラミングおもちゃは、コンピューターが必要なものと必要ではないものに大きく分けられます。

コンピューターが不要のプログラミングおもちゃは、手軽に論理的思考を遊びながら身に付けられることが魅力です。ですが、本格的なプログラミングがしたい場合には向いていません。

一方、ネット環境を使うタイプのプログラミングおもちゃはビジュアルプログラミングやテキストプログラミングなどに対応しています。

本格的にプログラミングを学びたい場合はコンピューターが必要なものかどうか確認しましょう。

ママ
パソコンやタブレットがなくても遊べるのがtoioね。KOOVとMESHは専用アプリを使うから必要ね。

 

プログラミングおもちゃのメリットとデメリット

 

メリット
  • 塾などに行かなくても、家庭でプログラミングを学べる。
  • プログラミング的思考(論理的思考)が身につく。
  • 遊びながら、自然とプログラミングを学べる。
  • ITが身近なものになる。
  • 親がプログラミングを知らなくても大丈夫。

ママ友のまりさん
塾に通わなくても、手軽に家庭でプログラミングが学べるのはいいわね。プログラミング的な思考力が身につくのも魅力的ね。

ママ
そうね!あと、親がプログラミングを知らなくても大丈夫なところが安心ね。

デメリット
  • 高価なおもちゃが多い。
  • 飽きやすい。
  • パーツが多いものだと置き場に困る。
  • パソコンやインターネット環境を整える必要がある。
  • コンピューターを使うものだと視力低下の心配がある。
ママ友のまりさん
toioなら色々なソフトがあるし、パソコンがなくても遊べるわ。プログラミング用アプリを活用すれば、子どもが成長してからも飽きずに使えそうね。
ママ
MESHは欲しいブロックだけ購入すればそこまで費用はかからないし、サイズも消しゴムくらいだから置き場にも困らないね。
ママ友のまりさん
KOOVはパーツが多いのがデメリットね。費用も少し高いかな。でも小学校やロボット教室で教材として使われているし、本気でプログラミングに取り組みたいならいいかもね。
ママ
3つのおもちゃそれぞれメリット、デメリットがあるわね。その点を理解して、子どもにあったものを選んであげたいね。

 

まとめ まずは、無料体験に行ってみましょう。

toio、KOOV、MESHの特徴
  • toio(トイオ) ゲームに工作・絵本・運転などいろいろな遊びが楽しめる知育おもちゃ。

⇒パソコンやタブレットがなくても遊ぶことができる。遊びながらプログラミングが学べるので、プログラミングが初めてのお子さんにおすすめです。工作、レゴ好きなお子さんにもおすすめですよ。

  • KOOV(クーブ) カラフルなブロックで自由に組み立て、自由に動かせるロボットキット。

⇒パソコンやタブレットが必要。本格的にプログラミングを始めたいお子さんやブロック遊び・ロボットが好きなお子さんにおすすめです。

  • MESH(メッシュ) 7つの異なる機能をもったブロックを、身近なものと組み合わせて色々な装置が作れます。⇒パソコンやタブレットが必要。自分のアイデアを形にできるので、発明や電子機器が好きなお子さんにおすすめです。
toio・KOOV・MESHを無料体験できる場所
  • イベント会場・オンラインでのワークショップ
  • ソニーストア
  • 販売店、その他体験場所

3つのおもちゃそれぞれ優れた特徴があり、メリットやデメリットもあります。その点を理解したうえで、お子様にあったおもちゃを選んであげたいですね。

あれこれ悩み時間を費やす前に、まずは無料で体験できる場所に足を運んでみませんか。近くに体験場所がなくても、オンラインで参加できるワークショップもあります。

実際に体験することで、トイオ、クーブ、メッシュの中からお子さんにぴったりのプログラミングおもちゃがわかりますよ。

家庭でのプログラミング学習について気になる方は以下がおすすめです。

送迎不要!コスパ抜群のプログラミング教室3選

あなたがお子さんに望むことは何ですか?
  • 自分から進んで学ぶ子に育ってほしい。
  • 物事をじっくり考えて、試行錯誤してほしい。
  • 読解力を身に付けて学力アップしてほしい。

あなたの願い、プログラミング教室がかなえてくれます。
⇒ 子ども・小学生向けプログラミング教室おすすめ3選