子供のプログラミング教材ってどんなものを選べばいい?【子どもの好みと予算を考えて選ぼう】

「プログラミング教室って、パソコンやタブレットをつかってプログラムを組むんでしょう?なんだか、難しそう…。わたしもよくわからないし。」

「プログラミングが得意になったら、将来どんなことに役立つの?」

「プログラミング教室?費用が高そう…。」

などなど。たしかに、ネガティブになる気持ちも分かります。ただ、AIなどITの技術は日進月歩であり、お子さんがITに関する知識を増やせたらいいですよね。プログラミング教室と言っても、それぞれの教室に特徴があります。

お子さんが

  • 自分から進んで学ぶ子に育ってほしい。
  • 物事をじっくり考えて、試行錯誤してほしい。
  • 読解力を身に付けて学力アップしてほしい。

あなたの願いをかなえるプログラミング教室があります。

詳しい内容はこちらをご覧ください。

 

ママ友のMさん
子どもにプログラミングを習わせたいのだけど、プログラミング教室って月謝が高いのよね。

ママ
そうよね。費用が高くてうちの子にプログラミング教室で習わせるか悩んでいるのよ。

自宅で学ぶことができるプログラミング教材ってないのかしら?

どうも、とっしーです。

2020年度から小学校でプログラミングの授業が始まり、子どもの人気の習い事として注目を浴びています。

しかし、いざ始めようとしてもたくさんのプログラミング教室があり過ぎて、どのようなプログラミング教室を選べばよいか悩んでしまいますよね。

小学生向けのプログラミング教材もありますが、数多くのプログラミング教材の中から子どもに合った教材を選ぶのは意外と大変です。

そんなときは、楽しく遊びながらプログラミング的思考を学ぶことができる、子ども向けのプログラミング教材から始めてみてはいかがでしょうか。

この記事では、小学生向けのプログラミング教材の選び方、プログラミング教材のメリットやデメリット、おすすめのプログラミング教材などについて紹介しています。

プログラミング教材で楽しく学ぼう
  • おすすめのビジュアルプログラミングソフトは、タイルズ、Viscuit(ビスケット)、Scratch(スクラッチ)の3つ。
  • 子ども向けのプログラミング教材は、embot(エムボット)、COZMO(コズモ)、Sugarobots(シュガボッツ)がある。
  • プログラミング教材を選ぶ3つポイントは、必ず対象年齢を確認する。「ロボット」と「ソフト」の2つのタイプから子どもの好みや特性を考える。予算に合わせて選ぶ。

 

ソフトウェアを使って学べる、プログラミング教材

ママ
無料のソフトがたくさんあるけど、どんなソフトを使えばいいのかしら?

「プログラミング教室に通わせたいけど、月謝が払えない」「プログラミング教室に通わせたいけど場所が遠くて行けない」などの事情で困っているあなたにおすすめなのが、子ども向けに工夫されているビジュアルプログラミングソフトです。

無理なくすぐに使える、おすすめのビジュアルプログラミングソフトをご紹介します。

3つのビジュアルプログラミングソフト
  • タイルズ
  • Viscuit(ビスケット)
  • Scratch(スクラッチ)

タイルズ

引用:タイルズ 公式HP

タイルズはたった6つの命令だけでプログラムを作ることができる、とてもシンプルなビジュアルプログラミングソフトです。

アイコンで表示される命令を組み合わせて、シンプルなゲームを作り上げていくソフトなのでプログラミングに挫折した大人でも楽しく学べます。

UFOが落とす光の球をよけるゲームや、オバケから逃げながら、クルマで宝石を集めるゲームなどいろいろなゲームを作ることが可能です。

プログラミング学習につまづいた経験のある大人や子どもにおすすめで、つまづくことがないようにプログラミングの基礎が学べる学習テキストもついています。

対応OSも幅広く、iOS、Android、AmazonアプリやWebアプリにも対応しています。

AIの制作もできる、多機能なソフトです。

Viscuit(ビスケット)

引用:Viscuit 公式HP

子ども向けに開発されたビジュアルプログラミングソフトがViscuit(ビスケット)です。

他のビジュアルプログラミングと違ってブロックを組み合わせる形式ではなく、自分で描いた絵を動かしながらプログラミングを学ぶという形式を取っています。

「コンピュータをどう動かすか」を指示する能力よりも「コンピュータに何をさせるか」を考える能力を鍛えるためにViscuit(ビスケット)が作られました。

子どもの自由な発想と表現力を落とさないために、コンピュータが表現できる全ての色を対等に直感的に選択できるように設計されています。

iOS・Android、パソコン用に対応しているので、完全無料で誰でもすぐにプログラミングを学ぶことができます。

かんたん・ふつう・むずかしいの3段階に分かれており、遊び方が分かる動画でやさしく解説しているので分かりやすいです。

Scratch(スクラッチ)

引用:Scratch 公式HP

Scratchは子供向けのプログラミング教材として、有名なビジュアルプログラミングソフトです。

小学生向けのプログラミング教室でも使われているソフトで、世界中の子どもたちや初心者に広く使われており、作ったプログラムがうまく動かなくてもかんたんににやり直すことができます。

ネコなどの動物キャラクターをキーボード入力やマウス操作をしながら、ブロックをつないでプログラムを組んで動かしていきます。

Scratchの特徴としてあげられるのは、コミュニティ機能です。

アニメーション、プレゼンテーション、ストーリー、ゲームなど自由に作ることが可能となっています。

自分の作品を世界に公開したり、世界中の子どもたちの作品を見たりできるので、高いモチベーションを保ちながらプログラミングを楽しめます。

 

遊び感覚で学べる、おもちゃのプログラミング教材

ママ
プログラミングを学べるおもちゃがたくさん発売されているけど、子ども向けのおもちゃってどれがおすすめなのかしら?

ママ友のMさん
いろんなプログラミング教材があるから迷ってしまうわよね。

扱(あつか)うのがかんたんで、子どもがストレスなくプログラミング的思考を学べるおもちゃのプログラミング教材を3つ紹介するわ。

おもちゃで学べるプログラミング教材
  • embot(エムボット)
  • COZMO(コズモ)
  • Sugarobots(シュガボッツ)

embot(エムボット)

引用:embot 公式HP

embotは、NTTドコモの新規事業創出プロジェクトから生まれたプログラミングロボットです。

素材がダンボールでできており、アレンジすることができます。

「こんなものを作りたい!」という、子どものたちの思いやアイデアをすぐに形にすることができるように開発されました。

基本セットには、組み立て用ダンボール、embotコア、サーボモーター、LEDライト、ブザー、簡易マニュアルが入っています。

組み立て方はシンプルで、切り込みが入ったダンボールを使うので小さなお子さんでもかんたんに組み立てられます。

下の動画をご覧下さい。

スマホやタブレットで専用アプリをインストールし、embotを操作しながらプログラムを組むことでプログラミングの基礎が学べます。

一般的なロボットプログラミング教材は約10,000円以上の値段がしますが、embotは6,600円なので安く手に入れられ、コストパフォーマンスも高いです。

実際にembotを使ってみた人たちのレビューを集めてみました。

7歳の誕生日プレゼントにしました。プログラミングにとても興味を持っていたので、良い機会だと思い選びました。

段ボールの組み立ては比較的簡単だと思いますがパパに手伝ってもらって組み立てたそうです。

プログラミングのアプリは、最初に使いかたを少し説明したところ、自分でどんどん遊びだし、大変楽しそうでした。スタンダードな内容では少し簡単だったようで、もっと難しいのをやりたいと言っています。

アプリはレベルを選べるそうなので、また難しいレベルにチャレンジさせようと思います。

引用:Amazonカスタマーレビュー

段ボール製のガワになるのである程度応用がきき、最初はキットを作り慣れてきたら自分からオリジナルデザインを作ることができるので、作ること全般が好きな人にはとても楽しめると思います。

プログラムに関しては全くの初心者でも簡単にプログラムできるようビジュアル的に理解しやすくなっています。

レベル分けされており1から5まで各々に合ったプログラムを組めるのはすごく親切です。

すこしばかり漢字や英語が出てくるのでお父さん、お母さんが教えてあげながら一緒に作って遊ぶと家族とのコミュニケーションも深まりますし、なにより子どもが考えることに集中してくれるので想像力が豊かになるのではないでしょうか。

うちの子の場合ですが、プログラムはまだ1の段階ですが、ガワをデコレーションしてオシャレにして楽しんでます。

引用:Amazonカスタマーレビュー

(Amazonリンクはこちらです。)

あっちゃん
これからプログラミング学習を始める子どもにはピッタリの教材だね。

初めてembotを使う人たちのために、組み立てマニュアルやアプリマニュアル、ロボットの組み立て方の動画も用意されているよ。

詳しくは公式サイトを見てみてね。

COZMO(コズモ)

引用:タカラトミー 公式HP

タカラトミーから発売されているCOZMOは、人工知能が組み込まれているプログラミングロボットです。

ドラえもんのようなコミュニケーションがとれるロボットで、顔認証で名前を呼んでくれたり、鬼ごっこをしたり、ゲームで負けて悔しがったりなど、1000種類以上のいろんな表情を見せてくれます。

COZMOは遊んでくれる人の顔を覚えたり、一緒に遊んでくれたり、触れあう時間が多ければ懐(なつ)いたりしてくれるかわいいロボットです。

コードラボという、専用アプリと連動(れんどう)して動いています。

コードラボ上でプログラミング(命令ブロックをつなぎ合わせる)をすることにより、自由に動かすことができます。

COZMOにはパワーキューブという四角いブロックがついてくるのですが、それを使ってCOZMOと一緒に遊ぶことが可能です。

探検モードでは、COZMOが見ている視界をアプリを通じて見れるようになっています。

 

はあちゃん
まるで人間みたい。しぐさがとってもかわいいから、子ども向けのプログラミングロボットだけど高齢者にも喜ばれそう。

認知症の予防にもなるし、おじいちゃんやおばあちゃんも遊べるね。

実際にCOZMOを使ってみた人たちのレビューを集めてみました。

9歳の息子用に購入しました。

各々の顔を認識し、名前を呼ばれると、嬉しくなります。

またゲームをしたり、グータッチをしたりと、内容もかなり数多くあります。

しかしタブレットとの接続が必須であり、タブレットの電力消費量も多いので要注意です。

でも面白くカワイイので、強くお薦めできる商品です。

機能性からすると価格は安いくらいだと思います。

引用:Amazonカスタマーレビュー

顔を見て名前を呼んできたり(設定は必要ですが)、かまってあげないと拗ねたり、ゲームで遊んでほしいと呼びかけてきたり、歌を歌ったりと、ユニークでかわいいです。

テーブルの端で落ちかけて驚きの声をあげたりしますが、たまに落下して、不機嫌になったりします。

顔の表情がくるくる変わり、見ていて飽きません。

お世話をしたり、ゲームで遊んであげたりすると、COZMOができることが増えてゆくのが楽しいです。

「進む」「曲がる」などを組み合わせてCOZMOを動かすモードもあるので、子どもにはプログラミングに触れることができるツールとしての機能もあります。

まるで小動物のような、生きているように感じるロボットです。

引用:Amazonカスタマーレビュー

(Amazonリンクはこちらです。)

Sugarobots(シュガボッツ)

引用:Sugarobots Kickstarter

Sugarobots(シュガボッツ)はクラウドファンディングで資金を集め、開発されたSTEM教育用ロボットキットです。

カラフルなブロックやホイールを組み合わせてロボットを作っていきます。

引用:Sugarobots Kickstarter

ロボットの組み立てはブロックパーツをはめるだけで、ネジや工具はいりません。

子どもでもかんたんに組み立てられるようにしているので、何度も考えて楽しくロボット作りができたり、プログラミングで動かしたりすることができます。

パッシブモジュール、アクティブモジュール、データモジュール、アクセサリーなどの機能がついています。

市販のブロックを使っても同じように動くというところが、Sugarobots(シュガボッツ)の特徴です。

好きなパーツを自由に組み合わせることができるので、子どもが作りたいブロックやすでに作ったブロック作品に動きを加えてロボットにすることも可能です。

組み立てたロボットは遠くから動かすこともできる専用コントローラーやスマートフォンのアプリ、ビジュアルプログラミングソフトによるプログラミングを使用して動きを制御することができます。

引用:Sugarobots Kickstarter

最初は専用のコントローラーを使って動かしてみて「ここはこうしたほうがうまく動くんじゃないかな?」という具体的なアイデアが浮かんだら、専用ビジュアルプログラミングソフトを使って、プログラミングを試してしてみるという遊び方がおすすめです。

3次元の空間で人やモノはどのような状態にあるかを正しく理解することができる、空間認識(くうかんにんしき)能力を自然に鍛えることができます。

あっちゃん
このアプリでは、高いレベルになると追加機能のロックを解除して、さまざまなキットを選ぶことができるみたい。

ママ
カスタマイズもできて、使いやすさを考えて設計されているから子どもにはピッタリのプログラミング教材ね。

実際にSugarobotsを使ってみた人たちのレビューを集めてみました。

基本のセットだと回転とスウィングしかないですが、駆動輪とステアリングとして組み立てれば、プログラムなしでも付属のリモコンとブロックでオリジナルのラジコンが作れました。それだけでも結構楽しめるのではないかと思います。

付属のブロックはレゴブロックと互換性があるので結構凝ったディテールの車も作れます。ただ、キューブ同士の取り付けは5歳ぐらいならできそうですが、外すのはちょっと大変かもしれません。

駆動輪とスウィングがそれぞれ1つずつというシンプルな組み合わせで、レースカーやクレーン、ライオンなど、どれだけ工夫して再現できるかを考えるのは表現力だけでなくプログラムや工学の分野の素地づくりになりそうです

プログラムはサイトにあるスクラッチのようなビジュアルプログラミング。スクラッチができれば問題なく使えます。

まだサイトに情報が少ないので、作例やプログラム例が増えて充実するともっと遊びの幅が広がるのではないでしょうか。

引用:Amazonカスタマーレビュー

(Amazonリンクはこちらです。)

 

プログラミング教材のメリット

はあちゃん
プログラミング教材を使うことで役に立つことって何だろう?

今の時代、プログラミングの基礎的な知識は持っていて損にはなりません。

プログラミング教材を使うことで得られる、3つのメリットをご紹介します。

プログラミング教材の3つのメリット
  • プログラミング教室と比べて、費用があまりかからない。
  • 身近な科学技術について親子で学べる。
  • 子どもがプログラミングに興味をもつ、きっかけになる。

プログラミング教室と比べて、費用があまりかからない。

プログラミング教室に通わせたいけど、親であれば「月の費用はどのくらいかかるのか?」が気になりますよね。

小学生向けのプログラミング教室の月謝の平均金額は、約1万円前後になります。

プログラミング教材を使うことで、習い事にかかる月の費用を抑えることができ、節約にもつながります。

ママ
他の習い事にかかる費用や、子ども1人あたりにかかる習い事の金額も含めて計算すると、年間費用の違いが大きく変わってくることね。

家庭ごとに習い事にかけるお金は大きな差があると思うけど「なるべく安く済ませたい」と思うのは、親であれば一緒じゃないかしら。

ママ友のMさん
プログラミングと一緒にピアノやバイオリンの習い事をするとなると、楽器だけで何十万円もかかってしまうから慎重に決めないとね。

私も小学生のとき親の意向でエレクトーンを習っていたのだけれど、音楽の才能もないし、自分には向いていなかったのよ。

でも、20万円もする高い値段のエレクトーンを買ってもらったし、親に申し訳なくて自分から習い事をやめるとは言えなかった覚えがあるわ。

「プログラミング教室の月謝は高い」というイメージがありますが、最先端のIT教育やテクノロジーに触れる機会が多くなるのが最大のメリットです。

プログラミング教室に通うことによって、子どもに何を学んで欲しいのかを考えてみて下さい。

教材費や入会金が必要なプログラミング教室もありますが、期間限定で無料キャンペーンを実施しているプログラミング教室もあります。

月に何回授業が開講されるのかも確認しておくようにしましょう。

ですが、金額が安ければ、その分受けられるサービスが減ってしまいます。

心配であれば、まずは無料でできるScratchを使ってプログラミングを学んでみましょう。

身近な科学技術について親子で学べる。

これまでは人工知能やIoTなど科学技術は技術者にのみ、テクノロジーやコンピューターの仕組みの理解が必要とされていました。

これからは利用する側にも、機械やコンピューターの仕組みの理解が求められる時代になってきます。

ビジュアル型のプログラミング教材を使えば、費用はほぼ無料です。

一般的なプログラミングとは違い、子供向けに作られているため学習するハードルも低いです。

親子で学ぶことで子どもとコミュニケーションもとれ、コンピューターやプログラミングに対する理解を深めることができます。

ママ
小学生からプログラミングを始めたほうが、問題を解決する能力やお子さんに合う環境を冷静に選べるし、社会に出るときも子どもの個性に合った職業を選ぶこともできるわね。

子どもがプログラミングに興味をもつ、きっかけになる。

プログラミング教材は、各企業が創意工夫をこらして子どもが扱いやすいように安全に作られています。

あなたも小さな頃、おもちゃコーナーに展示してある面白そうなおもちゃに目をひかれて、その場から動けなくなった経験がありませんか?

ロボットのプログラミングは、ロボットの動作を示したアイコンの順番を並び変えるなど子どもでもかんたんな操作で行えるように工夫されているので、プログラミングの基本をスムーズに学べます。

本格的にプログラミングスキルを身につけたいと思ったとき「ソースコードを覚えて書いてみる」など、ちょっと難しい次のレベルにもスムーズに進むことができます。

ロボットを作るのが苦手なお子さんには、スマホやパソコンと連動しなくても遊べる、ロボットのおもちゃを選んであげるとよいでしょう。

 

プログラミング教材のデメリット

ママ
プログラミングを学ぶメリットもあるけど、デメリットもあるのよね。

どんなデメリットがあるのか具体的に知りたいわ。

プログラミング教材のデメリットを知っておくことで、プログラミングに対する学習について、より正確な情報を知ることが可能です。

ここでは、プログラミング教材の3つのデメリットをお伝え致します。

プログラミング教材の3つのデメリット
  • 視力が悪くなる。
  • 他の教科の学習時間が減る。
  • 外遊びの機会が減る。

視力が悪くなる。

プログラミングを習うためにどうしても避けられない問題が、パソコンやタブレットなどの長時間の使用です。

画面に集中していると時間を忘れてしまいがちですが、目への負担はかなりかかっています。

パソコンモニターやスマートフォンなどによく使われている、LEDモニターの光にはブルーライトが多く含まれています。

眼球の奥にある網膜まで直接届いてしまうため、目にダメージを与え、まぶしく感じたり、目がゴロゴロしたと思ってしまうのです。

強い光を見続けることで目が疲れ、近視や乱視、目の乾きなどを生じさせる大きな要因のひとつであるといわれています。

一度視力が落ちると元に戻すのはとても難しく、遠くの景色が見えづらくなるので日常生活を送るうえで大きな影響がでます。

目が疲れたと感じたときは、目薬をさして3分間目を閉じたり、よく温めたタオルで目元を温めたりしましょう。

パソコンを1時間使ったら、10分程度の休憩を入れることをおすすめします。

ソフトウェアを使ってプログラミングを習う場合は、特に使用時間に注意して下さい。

ママ友のMさん
眼精疲労やドライアイを防ぐためにまばたきをしたり、遠くを見るのもいいのよ。

目のまわりの筋肉をほぐしてくれるわ。

目の水晶体(すいしょうたい)の厚さを調節してピントを合わせてくれる毛様体筋(もうようたいきん)は、近くを見続けると緊張してコリ固まってしまって疲れ目の原因になるの。

あっちゃん
若いうちからドライアイに悩んだり、メガネをかけないといけないのは困るよね。

他の教科の学習時間が減る。

プログラミングの学習は学校で必修化されるだけあって、子供の将来のプラスにもなり、IT時代を生き抜くうえで欠かせません。

ですが、プログラミングばかりを学習していると、国語や算数、理科や社会など他の教科の勉強時間が少なくなってしまい、学力の低下につながります。

普段からしっかりと勉強していないと、テスト前にあわてることになってしまいがちです。

スペシャリストを育成する外国の教育とは違って、基本的に日本の定期テストでは、全教科をバランスよく勉強することが求められます。

家庭での学習時間のを見直し、プログラミング以外の学習や、普段は勉強していない教科を学ぶ時間を作ってみましょう。

はあちゃん
国語の読解力をつけることは全ての教科において重要になってくるから、読解力を鍛える問題集を解いてみるのもひとつの勉強法だね。

外遊びの機会が減る。

便利な世の中になるにつれ、多くの子どもたちが勉強に追われて運動する機会が減ってきています。

自宅で楽しめる運動器具なども紹介されていますが、子どもにとっては実際に外で思い切り遊ばせるのが理想です。

運動には生活習慣病の予防基礎代謝が上がる体力や筋力の維持免疫力を高めるなどさまざまな効果があります。

部屋に引きこもってプログラミングばかりしていると運動不足により、体力が低くなる可能性が高くなります。

無理なくできる範囲で、楽しく続けられる運動やスポーツを見つけてみましょう。

ウォーキングや水泳など、全身の筋肉をバランスよく使える運動をおすすめします。

普段から運動をする習慣を身につけるために、スポーツ系の習い事に挑戦してみるのも運動不足を解消するためのひとつの方法です。

あっちゃん
スポーツ庁では、親子で楽しく体を動かせる運動やスポーツなどを紹介しているよ。

 

プログラミング教材を選ぶ3つのポイント

ママ
プログラミング教材のことについて、だいたいは分かったわ。

でも、子ども向けのプログラミング教材を選ぶときに、注意することや気をつけることはあるのかしら?

プログラミング教材を選ぶときの3つのポイント

対象年齢から選ぶ場合。

プログラミング教材を買う前に必ず対象年齢を確認する。

子どもの好みから選ぶ場合。

「ロボット」「ソフト」2つのタイプから選ぶことができる。

予算に合わせて選ぶ場合。

家計の負担にならない範囲の値段で、手に入れることができるプログラミング教材を探してみる。

対象年齢から選ぶ場合。

プログラミング教材を買うときは、必ず対象年齢を確認して下さい。

せっかくお金をだして買っても操作が複雑で難しかったり、子どもが興味をもてずに部屋のすみに置きっぱなしになるともったいないです。

動画を見たり、実際に触れてみて、子どもが楽しく続けられるかどうかを確認しましょう。

ママ
アンパンマンのプログラミング教材なら子ども向けだし、お子さんができるまで優しく見守ってくれそう。

子どもの好みから選ぶ場合。

子どもがプログラミング学習をするうえで「ロボット」「ソフト」2つのタイプから選べます。

ソフトを使って学ぶ

イラストやアニメーションを使って目で見ながら学べる、ビジュアル型プログラミングを使ってパソコン上にあるソフトでプログラミングを学んでいきます。

ビジュアル型のプログラミングを使うので、数字や英単語などの難しいコードを書く必要はありません。

ママ友のMさん
ソフトを使ったプログラミング学習のメリットは

ブロック単位で処理ができる。

記述式のプログラミングのようにソースコードをいちいち覚えておかなくていい。

バグなどがでたときにエラーを教えてくれるから何度でもチャレンジできるところよ。

任天堂からゲーム感覚でサクッとできる、Switch向けのプログラミングソフトが発売されるわ。

パッケージ版は3,480円ダウンロード版は2,980円

お試しで買ってみたらどうかしら。

 

はあちゃん
うわ~!面白そう。ゲームで学べるプログラミング学習ソフトだね。

ママ
任天堂は子どものプログラミング教育に悩んでいる、親の世代に寄り添ったゲーム作りをするのが本当にうまいわ!

手に入れやすいお値段だし、プログラミング入門にはもってこいのソフトね。

子どもにもやらせるけど、自分でも何か作ってみたくなってくるわ。

ロボットを使って学ぶ

ロボットを使ったプログラミングは、組み立てた教材のロボットキットをパソコンなどで作成したプログラムで自分の指示通りに動かすことでプログラミングを学びます。

ロボットを動かすために、どうやって組み立てていくか考えながらプログラミングを学んでいきます。

ロボット作りに使用する素材は、ダンボールやブロック、本格的な電子部品や基盤(きばん)を使うなどさまざまです。

かんたん組み立てることができるので子どもでも安心して使えます。

ママ
ロボットを組み立てるだけだから親からみると勉強っぽくないけど、子どもにとっては手先を使う遊びにもなっているし、ちゃんと勉強になっているのよね。

ママ友のMさん
購入するための料金がかかってしまうけど、ロボット作りを通して数学や物理の授業に興味をもてるし、ロボットを組み立てて操作することによって物事を順序立てて考える力が身につくわ。

予算に合わせて選ぶ場合。

プログラミング教材にかかる金額は、無料から高い値段の4万円までさまざまです。

小学生向けのプログラミング教材にかかる料金は、安い教材で約3,000円、高い教材で3万円前後となっています。

親子で話し合いながら、家計の負担にならない範囲の値段で手に入れることができるプログラミング教材を探してみましょう。

現在では昔と比べて、プログラミング教育の需要が増えているので子どもの好きなことや、知的好奇心を育めるプログラミング教材がたくさんあります。

 

あっちゃん
動物のイラストがすごく可愛い~!

パソコンがなくても、カードゲームでプログラミングを学べる教材もあるんだね。

ママ
エムセップクエストっていう、カードゲーム型のプログラミング教材よ。

親子で楽しめるように作られているから、今からプログラミングを始めてみたいあなたや、お子さんにピッタリの教材なんじゃないかしら。

 

まとめ

子どものひらめきを活かしてプログラミングに挑戦してみよう
  • おすすめのビジュアルプログラミングソフトは、タイルズ、Viscuit(ビスケット)、Scratch(スクラッチ)の3つ。
  • 子ども向けのプログラミング教材は、embot(エムボット)、COZMO(コズモ)、Sugarobots(シュガボッツ)がある。
  • プログラミング教材を選ぶ3つポイントは、必ず対象年齢を確認する。「ロボット」と「ソフト」の2つのタイプから子どもの好みや特性を考える。予算に合わせて選ぶ。

プログラミングを全く体験したことがない人や、プログラミングが苦手なお子さんにとってはわからないことがたくさんあると思います。

でも、プログラミング教材を一度やってみると「意外とプログラミングって楽しいな」と感じるのではないでしょうか。

本格的に学びたいのであれば、プログラミング教材を使って学習するのもおすすめです。

レゴを使ったプログラミング教材、レゴR WeDo 2.0は家庭で楽しみながら自分の好みに合わせてさまざまなロボット製作をすることができます。

プログラミング教材に触れることで、作りたいものを自由に作ることができるので、子どもの学習意欲も高まりモチベーションもアップします。

「まずはやってみたい!」というお子さんのために、自宅で学ぶことから始めてみてはいかがでしょうか。

送迎不要!コスパ抜群のプログラミング教室3選

あなたがお子さんに望むことは何ですか?
  • 自分から進んで学ぶ子に育ってほしい。
  • 物事をじっくり考えて、試行錯誤してほしい。
  • 読解力を身に付けて学力アップしてほしい。

あなたの願い、プログラミング教室がかなえてくれます。
⇒ 子ども・小学生向けプログラミング教室おすすめ3選