子どもが勉強しない!自分から勉強する子に導く方法はコレ【親の対応3選】

「プログラミング教室って、パソコンやタブレットをつかってプログラムを組むんでしょう?なんだか、難しそう…。わたしもよくわからないし。」

「プログラミングが得意になったら、将来どんなことに役立つの?」

「プログラミング教室?費用が高そう…。」

などなど。たしかに、ネガティブになる気持ちも分かります。ただ、AIなどITの技術は日進月歩であり、お子さんがITに関する知識を増やせたらいいですよね。プログラミング教室と言っても、それぞれの教室に特徴があります。

お子さんが

  • 自分から進んで学ぶ子に育ってほしい。
  • 物事をじっくり考えて、試行錯誤してほしい。
  • 読解力を身に付けて学力アップしてほしい。

あなたの願いをかなえるプログラミング教室があります。

詳しい内容はこちらをご覧ください。

 

ママ
うちの子全然勉強や宿題やらないのよ。もう勉強しなさいって言うのも疲れたわ…。

どうも、とっしーです。

子どもが勉強をしない、勉強しなさいと何度言っても聞かないと注意するのにも疲れてしまいますね。親が何も言わなくても、自分から勉強をしてくれたらどんなに助かるでしょう。

では、子どもが自ら勉強をするにはどうすれば良いでしょうか。それは、子どもへのあなたの対応で変えていくことができます。

この記事では、自分から勉強をする子に導く親の対応を3つご紹介します。あなたの対応を変えることで、お子さんが自分から勉強する子になれますよ。

自分から勉強する子に導く、親の対応3つ
  • 「勉強しなさい」とは言わず、別な言い方に変える。
  • 親が勉強する姿を見せる。
  • 子どもを信じて、自主性を育てる。

自分から勉強する子に導く3つの方法

お子さんが自ら勉強するようになるにはどうしたらよいのでしょうか。それは、親であるあなたの対応で変えていくことができますよ。

自分から勉強する子に導く、親の対応3つ
  • 「勉強しなさい」とは言わず、別な言い方に変える。
  • 親が勉強する姿を見せる。
  • 子どもを信じて、自主性を育てる。

「勉強しなさい」とは言わず、別な言い方に変える

お子さんが家で勉強をしないことに腹を立て「勉強しなさい」「宿題は終わったの」「いつになったらやるの」と責め立ててしまうことはありませんか。

実は「勉強をしなさい」と子どもに言うのは子どものやる気を奪っているのです。

子どもの頃、宿題をしようと思っていたのに親から「宿題やりなさい」と言われてやる気がなくなってしまった経験はないですか。

ママ
あるある!今やろうと思ってたのに、親から言われたせいでやる気なくなっちゃったこと何度もあったわね。

なぜこのような気持ちになるのでしょうか。これには心理的リアクタンスが関係しています。

心理的リアクタンスとは

心理的リアクタンスとは、個人の行動の自由を妨げるような人やことがらに対して反発したり、嫌な気持ちになったりするような心理状態です。

イメージしやすいのは天邪鬼(あまのじゃく)という言葉でしょう。言われたことに対して反発したり逆のことをしようとするのは、心理的リアクタンスの代表例です。

引用:mindhack 心理的リアクタンスとは?カリギュラ効果との違いや活用法・回避の仕方を紹介

ママ
心理的リアクタンスなんて初めて聞いたわ。勉強してほしいのに、勉強してって言えないのは困る~。代わりになんて言ったらいいのかな。
「勉強しなさい」以外の言い方の例
  • 今日は宿題がたくさんあるって言ってたよね。まだ始めなくて大丈夫かな?
  • 夜になると眠くなっちゃうよ。まだ勉強しなくていいの?
  • 宿題は国語と算数のプリントだよね。どっちから始めるの?

つい勉強しなさいと言いたくなると思いますが、そこはグッと我慢をしましょう。自分から考えて、行動できるような声かけをしてみましょう。

ママ友のMさん
自分で考えてどうするか決められた方が、やる気がでるわね。

親が勉強する姿を見せる

子どもは親の背を見て育つといいますよね。悪いことも良いことも親を真似して育ちます。

まずは、子どもの前であなたが勉強する姿をみせましょう。子どもが見ていようが見ていまいが関係なくまずはあなたが勉強をします。その姿を見て子どもも勉強をするようになりますよ。

ママ友のMさん
自分がスマホをいじってるのに、子どもに「勉強しなさい」だなんて説得力がないわよね。

うちは父が本好きだったので、父の横で小さい頃から本を読んでましたよ。父と一緒のことをするのが嬉しくて。

今、年少の子供がいますが、私がダイニングで書き物をしていると邪魔してくるので(笑)そう言う時はドリルみたいなのをやらせたり(かずや文字など本屋さんでうってるもの)、お絵かきや粘土など座って遊べるものを隣でやらせたりします。

平均30分くらいしか持ちませんが、まぁそれでも良いかな、と思ってます。子供は私と一緒に座ってること自体を満足していそうですし、「〇〇(子供)も一緒にお勉強〜」と言って嬉しそうです。

引用:ヤフー知恵袋

資格の勉強でも、仕事に必要な本の読書などでも自分が興味のあることの勉強で大丈夫です。

勉強しなさいと子どもにガミガミ怒るよりは自分の勉強にもなりますし、子どもに勉強する姿も見せられて一石二鳥ですね。

ママ友のMさん
漢字検定に興味があったから、子どもと一緒に受験することにしたの。リビングで一緒に漢字の勉強するようになったわ。私が勉強していると、子どもも負けまいと勉強をがんばってくれるようになって嬉しい。

子どもを信じて、自主性を育てる

親が子どもを心配するのは当たり前ですし、身の回りのことは世話を焼いてあげたいですよね。ですが、心配しすぎたり世話を焼きすぎたりするのは子どもにとって良くないことなのです。

「あなたの事が心配なの」という言葉は裏を返せば「あなたが信じられないの」と言っているようなものです。

「忘れ物はない?」「テストは大丈夫?」「勉強しなくて大丈夫なの?」と色々心配しすぎると、子どものプライドを傷つけてしまうでしょう。

心配されて育った子どもは自信を失います。自分はその程度もできないのか、能力が低いのかと自己評価が下がってしまいます。心配するのは病気やケガの時くらいにして子どもを信頼しましょう。

自己肯定感は、親が子供のありのままを受け入れ、認める事で生まれます。
成功体験が無ければ自信が持てないというものではないと思います。成功体験なんて誰しもがそうそう得られるものではないですから。

言葉悪いですが、ダメでもいいのです。現状と頑張ってる姿を認めるだけでも、自己肯定感は芽生えます。
親が自分を認めてくれて期待してくれる事がその子の支えになり、やる気に繋がります。この期待値が大きすぎると、それはそれでおかしな事になりますね。

言い換えると、子供に自分の存在価値を感じさせる、「あなたが居てくれるだけで、私は(親は)嬉しい」と伝えるだけでもいいのです。
子供側からみれば、自分の話を全て聞き受け止めてくれる親という存在が居る事だけで、自分の存在価値を感じます。  

引用:ヤフー知恵袋

そして、子どもが心配でつい世話を焼いてしまう、先回りして口出しや自分がやってしまうというのは子どもの自主性を奪ってしまいます。

なんでも親が代わりにやってしまうと、子どもは自分から何もできない子になってしまいます。

子どもは親から信頼されることによって自信がつき、やる気がでるのです。そして、子どもが自主性を身に付けるには自分のことは自分でやるという生活習慣を身につけることが大事です。

ママ
ついつい心配になって子どもに言っちゃうけど、心配しすぎはよくないのね!

ママ友のMさん
私もつい子どもの身の回りのことやってあげちゃってる。子どもを信じて、見守るように心がけるわ。 

なぜ子どもは勉強をしないのか

あなたの対応を変えることも大事ですが、お子さんが勉強をしない理由をきちんと把握しましょう。お子さんの気持ちに寄り添うことも必要です。

子どもが勉強しない理由

勉強が好きではない。

勉強の必要性がわからない。

遊びやゲームなど他にやりたいことがある。

勉強が好きではない

勉強が好きではないと一口に言っても、理由は様々あります。学校の授業についていけなくて勉強が分からない、授業中に問題が答えられなくて恥ずかしい思いをして苦手意識があるなどです。

お子さんの気持ちを理解せずに頭ごなしに「勉強しなさい」と言うのは良くないので、まずは勉強が好きではない理由を探ってみることが大事です。

ママ友のMさん
私も授業でどうしても解けない問題があって、その教科自体苦手になっちゃったことがあったわ。
ママ
一回つまずいてしまうと、苦手意識ってどうしても出ちゃうよね。

勉強の必要性がわからない

「勉強しなさい」と言われても、お子さんがなぜ勉強をしなければならないのか理解していなければやる気が起きません。

「テストのため」「先生に怒られないため」「良い学校に進学するため」など、その場限りの理由を伝えたところでお子さんは納得しないと私は思います。

「お母さんはね、こう思うんだよ」と、あなたの経験に基づいた考えをお子さんに伝えてあげましょう。信頼している人からの言葉なら、お子さんもきっと納得してくれます。

ママ友のMさん
もし将来歌手になりたいなって思ったら、楽譜を読むのに音楽の授業は大事だし、作詞をするのなら言葉や表現を覚えるのに国語の授業も必要ね。
ママ
お料理をするのにも勉強が役立つわ。レシピを読むのには日本語を理解していなきゃ。調味料も大さじ小さじやミリリットル、グラムで表現するから理科の知識が必要ね。
ゆうと君
将来の夢にも、普段の生活にもいろいろな所で勉強は役に立つんだね。

遊びやゲームなど他にやりたいことがある

放課後には友達と遊んだり、マンガを読んだりゲームをしたりと子どもにとって勉強よりも魅力的な事がたくさんあります。つい遊びに夢中になり、勉強を後回しにしてしまいますね

お子さんはやりたい事を優先にしがちですが、あなたがルールや優先順位を決めてあげる事が必要になってきます。

ママ
友達と遊ぶ約束をしていると、宿題や勉強を後回しにしちゃうのよね。
ママ友のMさん
うちは先に宿題を終わらせてから遊びに行くっていうルールを決めているわ。お友達と一緒に宿題をしてから遊び始めることもあるのよ。一人でやるより捗っていいみたい。

子どもが勉強しない3つの理由について、詳しい説明や対処法をこちらの記事でご紹介しています。

person writing on brown wooden table near white ceramic mug

 

正しい褒め方は努力を褒めること

ママ
少しずつ自主的に勉強ができるようになってきたから褒めてあげたいわ。そういえば褒める子育てがブームになっていた事があったわね。正しい褒め方ってあるのかしら。

「頭がいいのね」
「よく頑張ったわね」

この2つの褒め方のうち、どちらが効果的だと思いますか? コロンビア大学のミューラー教授らは、ある公立小学校の生徒を対象にして「褒め方」に関する実験を行いました。

6回にわたる実験でわかったことは、「子どものもともとの能力(=頭のよさ)を褒めると、子どもたちは意欲を失い、成績が低下する」ということです。

引用:東洋経済オンライン 「子どもは褒めて育てる」を実践する人の誤解

子どもを褒める時にあなたはどんな褒め方をしていますか。

勉強ができてえらいね。

こんなことができですごい。

〇〇ができていい子だね。

このような言い方はあまりよくありません。上の褒め方に関する実験の結果のように、子どものもともとの能力を褒めると子どものやる気を奪い、成績も下げてしまいます

では、どのような褒め方が良いのでしょうか。それは子どもの能力ではなく努力を褒めると良いのです。

「よく頑張ったわね」と努力した内容を褒められた子どもたちは、2回目、3回目のテストでも粘り強く問題を解こうと挑戦を続けました。努力を褒められた子どもたちは、悪い成績を取っても、それは「(能力の問題ではなく)努力が足りないせいだ」と考えたようです。

子どもを褒めるときには、「あなたはやればできるのよ」ではなく、

「今日は1時間も勉強できたんだね」

「今月は遅刻や欠席が1度もなかったね」

と、具体的に子どもが達成した内容を挙げることが重要です。そうすることによって、さらなる努力を引き出し、難しいことでも挑戦しようとする子どもに育つというのがこの研究から得られた知見です。

引用:同上

褒める時は能力や結果ではなく、努力を具体的に褒めてあげましょう。そしてそこにプラスしてあなたの気持ちを加えるとなお良いです。

勉強ができてえらいね。→勉強頑張ったね、お母さん嬉しいよ。

片付けができてすごいね。→お片付けしてくれたんだね。助かるよ、ありがとう。

お手伝いできていい子ね。→お手伝いしてくれて助かったよ!

こちらの動画では子どもの褒め方を詳しく解説してくれています。現役の保育士さんなので言葉にとても説得力があります。

 

ママ
ついつい「すごいね、えらいね」って言ってた~。今度からは努力や過程を褒めてあげるようにしないとね。

まとめ~まずは子供へのあなたの対応を変えてみましょう。

自分から勉強する子に導く、親の対応3つ
  • 「勉強しなさい」とは言わず、別な言い方に変える。
  • 親が勉強する姿を見せる。
  • 子どもを信じて、自主性を育てる。

怒りにまかせてつい、「勉強しなさい」と頭ごなしに言ってしまいますが、その言葉はお子さんのやる気を奪ってしまいます。

あなたの対応を少し変えることで、お子さんが自分から勉強をする子に変われます。

勉強しない理由を何かしらお子さんが持っている場合もありますが、まずは「勉強をしなさい」というのをやめてみませんか?

勉強しなさいと言いたい気持ちをグッと抑えて、「まだ勉強始めなくて大丈夫かな?」とお子さん自身が考えて、行動できるような声かけから始めてみましょう。

 

子どもが勉強しないお悩みに次の記事もおすすめです。

送迎不要!コスパ抜群のプログラミング教室3選

あなたがお子さんに望むことは何ですか?
  • 自分から進んで学ぶ子に育ってほしい。
  • 物事をじっくり考えて、試行錯誤してほしい。
  • 読解力を身に付けて学力アップしてほしい。

あなたの願い、プログラミング教室がかなえてくれます。
⇒ 子ども・小学生向けプログラミング教室おすすめ3選