高いって本当?リタリコワンダーの料金を徹底調査!!【一人ひとりを伸ばす指導が魅力】

「プログラミング教室って、パソコンやタブレットをつかってプログラムを組むんでしょう?なんだか、難しそう…。わたしもよくわからないし。」

「プログラミングが得意になったら、将来どんなことに役立つの?」

「プログラミング教室?費用が高そう…。」

などなど。たしかに、ネガティブになる気持ちも分かります。ただ、AIなどITの技術は日進月歩であり、お子さんがITに関する知識を増やせたらいいですよね。プログラミング教室と言っても、それぞれの教室に特徴があります。

お子さんが

  • 自分から進んで学ぶ子に育ってほしい。
  • 物事をじっくり考えて、試行錯誤してほしい。
  • 読解力を身に付けて学力アップしてほしい。

あなたの願いをかなえるプログラミング教室があります。

詳しい内容はこちらをご覧ください。

 

ママ友のAさん
プログラミング教室のことを調べていたら、リタリコワンダーがいいって聞いたわ。でも料金が高いって。実際のところどうなのかしら?
ママ
うちはオンラインの体験会に参加したわよ。確かにちょっと高いかなと思ったけど、それだけの価値があるというのもよくわかったわ。

どうも、とっしーです。

プログラミング教室に通おうと考えた時、料金は気になりますね。一般的にプログラミング教室の授業料は他の習い事に比べて高いと言われます。中でもリタリコワンダーは高いと言われることが多いです。

ただ、料金が高いのにはそれだけの理由があります。料金ばかりに気をとられると、子どもの能力を大きく伸ばすチャンスを失ってしまいます

この記事を読めば、リタリコワンダーの料金だけでなく、その魅力が分かります。また、あなたとお子さんにリタリコワンダーが合っているかどうかが分かります

リタリコワンダーの料金と魅力
  • 入塾金16,500円がかかり、他のプログラミング教室より高い。
  • 他の教室と比べると受講回数が多く、毎月の授業料も高め。オンライン受講なら費用を抑えることができ、教室受講も一時間あたりの授業料に換算すると、他の教室とあまり変わらない。
  • 少人数授業で、優秀なエンジニアが、一人ひとりの子どもに合わせて授業を設計する。
  • ゲーム&アプリ制作ロボットプログラミングデジタル機器でのものづくりの3つの分野があり、月ごとに変更が可能
  • ゲーム&アプリ制作、ロボットプログラミングは、オンライン受講ができる
リタリコワンダーが向いている方
  • 子どものやる気創造力を引き出してほしい。
  • 子どもの特性に合わせた丁寧な指導をしてほしい。
  • 集団の指導では、子どもがついていけるか心配
  • 子どもの興味が変わりやすい。興味に応じて、様々な分野に挑戦させたい
  • 子どもが大きく成長できるなら、多少料金が高くても構わない。

 

リタリコワンダーの特徴と各コースの料金について調べました。

画像引用:LITALICOワンダー

リタリコワンダーはこんな教室です。

株式会社LITALICO(リタリコ)は、働くことや学ぶことに困難のある方向けの支援・教育サービスの実績がある会社です。教育分野では、一人ひとりの多様な個性を伸ばす教育を推進しています。

「IT×ものづくり教室」リタリコワンダーは、決まったカリキュラムがありません。子どもの個性に合わせた教育ができる優秀なエンジニアが、子どもの興味や習熟度に合わせて授業を設計しています。

ゲーム&アプリロボットプログラミングデジタル機器でのものづくりの3つの分野があり、年齢や習熟度によって5つのコースがあります。コースは月ごとに変更が可能です

他のプログラミング教室は月2回の授業が多いですが、月4回からと受講回数が多く教室受講の授業時間は90分と長いので、子ども達が集中して学び、力をつけることができます

初期費用

  • 入塾金16,500円(入塾時一回のみ)
  • ロボット購入費
ロボットクリエイト
コース
ロボットテクニカル
コース
オンライン 教室 オンライン・教室
ロボット購入費 27,951円 0円 6万円代

月々の費用

ゲーム&アプリプログラミングコース
ロボットクリエイトコース
ロボットテクニカルコース
デジタルファブリケーションコース※
ゲーム&アプリエキスパートコース
オンライン
(60分)
教室
(90分)
オンライン
(60分)
教室
(90分)


月4回 19,800円
(4,950円/回)
26,400円
(6,600円/回)
24,200円
(6,050円/回)
30,800円
(7,700円/回)
月8回 35,200円
(4,400円/回)
46,200円
(5,775円/回)
44,000円
(5,500円/回)
55,000円
(6,875円/回)

※デジタルファブリケーションコースは教室受講のみ

各コースの詳しい内容を体験談とまとめている、こちらの記事もぜひご覧ください。

ゲーム&アプリ制作を学びたい。

画像引用:LITALICOワンダー

ゲーム&アプリプログラミングコースの特徴

  • PCやスマホで遊べるゲームやiPhoneアプリをつくることで、プログラミングの基礎となる考え方を身に付けます
  • 小学校のプログラミング教育でもよく使われるプログラミング言語(Scratch、Viscuit)をはじめ、遊び心のあるオリジナル教材など、子どもの興味や習熟度に合わせた教材を使います。
  • 年長~高校生が対象です。

画像引用:LITALICOワンダー

ママ友のAさん
パソコンが初めての子でも心配なさそうね。
ママ
逆にプログラミングがある程度できる子でも、自分に合った授業が受けられるのね。

ゲーム&アプリエキスパートコースの特徴

  • Unityを使ってスマホ向け3DゲームVRゲームを作ったり、HTML/CSS/JavaScriptを使ったWeb制作をしたりします。
  • プロのクリエイターから直接フィードバック受けられるなど、プログラミングの基礎を身につけたお子さんが、さらなる高みを目指すためのサポート体制が充実しています。
  • 小学3年生~高校生が対象です。

画像引用:LITALICOワンダー

ママ友のAさん
本格的ね~。こんな風にしっかり目標を持って学べるようになってくれたら、すてきね。
ママ
本人の興味を優先して、スタッフがサポートしてくれる感じなんだね。

各コースの料金

  • 入塾金16,500円(入塾時一回のみ)
ゲーム&アプリ
プログラミングコース
ゲーム&アプリ
エキスパートコース
オンライン
(60分)
教室
(90分)
オンライン
(60分)
教室
(90分)


月4回 19,800円
(4,950円/回)
26,400円
(6,600円/回)
24,200円
(6,050円/回)
30,800円
(7,700円/回)
月8回 35,200円
(4,400円/回)
46,200円
(5,775円/回)
44,000円
(5,500円/回)
55,000円
(6,875円/回)
ママ友のAさん
う~ん。やっぱりちょっと高いかな。
ママ
オンラインで受講すれば、少し費用を抑えられるのね。

ロボットプログラミングを学びたい。

画像引用:LITALICOワンダー

ロボットクリエイトコースの特徴

  • ブロックを組み立ててロボットをつくり、プログラムで動かします。機械が動く仕組みやプログラミングの基本をロボットをつくることを通して学びます
  • レゴ®WeDo2.0を教材として使います。教室受講の場合は共用のブロックを使うため、ロボット購入費がかかりません。
  • 年長~小学3年生が対象です。

画像引用:LITALICOワンダー

ママ友のAさん
ロボットコンテスト出場かぁ。いい経験になりそう。
ママ
ロボット制作からプログラミングに興味が出てくることもあるのね。プログラミングを本格的に勉強したくなったら、プログラミングのコースに変更できるのはありがたいわね。

ロボットテクニカルコースの特徴

  • 様々なミッションをクリアするために、より高度なロボット構造やプログラム制御を理解し、技術を身に付けていきます。
  • レゴ®エデュケーションSPIKEプライムを教材として使います。
  • 2021年8月より、オンラインでの受講ができるようになりました。
  • 小学3年生~高校生が対象です。

画像引用:LITALICOワンダー

ママ友のAさん
高学年になると、作るロボットも本格的になってくるのね。
ママ
ハンドマッサージャー!作ってほし~い。

各コースの料金

  • 入塾金16,500円(入塾時一回のみ)
ロボットクリエイトコース
ロボットテクリニカルコース
オンライン
(60分)
教室
(90分)


月4回 19,800円
(4,950円/回)
26,400円
(6,600円/回)
月8回 35,200円
(4,400円/回)
46,200円
(5,775円/回)
ロボットクリエイト
コース
ロボットテクニカル
コース
オンライン 教室 オンライン・教室
ロボット購入費 27,951円 0円 6万円代
ママ友のAさん
オンラインでロボット作りができるとは思わなかったわ。
ママ
教室受講ならロボット代がかからないのは助かるわね。

デジタル機器を使ったものづくりに挑戦したい。

画像引用:LITALICOワンダー

デジタルファブリケーションコースの特徴

  • パソコンやタブレットでデザインを行い、3Dプリンタレーザーカッターなど電子工作機器を使って、オリジナルの作品づくりにチャレンジします。
  • 教室受講のみです。授業時間は少し長めの60分または90分となっています。
  • 小学1年生~高校生が対象です。

画像引用:LITALICOワンダー

ママ友のAさん
うちの子、工作が好きだから、絶対ハマるわ。
ママ
3Dプリンタって、一度使ってみたいのよね~。

デジタルファブリケーションコースの料金

  • 入塾金16,500円(入塾時一回のみ)
デジタルファブリケーションコース


月4回 26,400円
(6,600円/回)
月8回 46,200円
(5,775円/回)
ママ友のAさん
機器を使った制作だから、教室受講だけなのね。
ママ
月ごとにコース変更が可能だから、普段はプログラミングを習って、今月だけオリジナルの作品作りってこともできるわね。

 

リタリコワンダーの料金は高い?他の教室と比較してみました。

リタリコワンダーの料金は、他のプログラミング教室と比べてどうなのでしょうか。入会金+初期費用と、毎月かかる1時間あたりの料金(教材費等込み)を比べてみました。

プログラミング教室、教室受講料金の比較

リタリコワンダー テックキッズスクール ヒューマンアカデミー
入会金+初期費用 16,500円 0円 13,200円
毎月かかる
1時間あたりの料金
3,850円~ 3,850円 3,520円
ママ友のAさん
入会金がかかる分高いけど、毎月かかる料金は、1時間あたりで見ると他の教室とあまり差がないのね。

プログラミング教室、オンライン受講料金の比較

リタリコワンダー テックキッズスクール
入会金+初期費用 16,500円 0円
毎月かかる
1時間あたりの料金
4,400円~ 2,933円

ロボットプログラミング教室の料金比較

リタリコワンダー リタリコワンダー
(オンライン)
ヒューマンアカデミー
入会金 16,500円 16,500円 13,200円
初期費用 年長~小3:0円
小3~高校生:6万円代
年長~小3:27,951円
小3~高校生:6万円代
31,350円~
毎月かかる
1時間あたりの料金
3,850円~ 4,400円~ 3,630円
ママ友のAさん
オンラインは教室受講より安いのかと思ったけど、時間が短いから、1時間あたりで考えると割高になってしまうのね。
ママ
行き帰りの時間や交通費がかからないのはうれしいんだけどね。

 

リタリコワンダーがあなたに向いているかチェックしましょう。

リタリコワンダーが向いているのはこんな方です。

リタリコワンダーが向いている方
  • 子どものやる気創造力を引き出してほしい。
  • 子どもの特性に合わせた丁寧な指導をしてほしい。
  • 集団の指導では、子どもがついていけるか心配
  • 子どもの興味が変わりやすい。興味に応じて、様々な分野に挑戦させたい
  • 子どもが大きく成長できるなら、多少料金が高くても構わない。

リタリコワンダーに通うメリット。

リタリコワンダーに通うメリット
  • 質の高いスタッフが、子どものやりたい!に合わせたカリキュラムを設計してくれる。
  • 講師1人に対し子ども2~4人の少人数授業で、きめ細やかに子どもの創造力を引き出してくれる。
  • 興味に合わせてコースが自由に変更でき、成長に合わせた挑戦ができる。
ママ
体験してみて思ったけど、子どもに合った話し方で、ちょうどよい課題を出してくれたわ。一人ひとりに寄り添うって、こういう事なんだなって思った。
ママ友のAさん
子どもって、自分がやりたいと思えば、どんどん先に進んで行くし、逆に興味が持てなかったり、別のことに気がそれちゃったりしたら、大事なことも頭に入っていないのよね。
ママ友のAさん
子ども達も教室をとても楽しみにしているようね。
ママ
消毒ロボットにソーシャルディスタンス呼びかけロボットか。真剣に課題を解決しようとしているところが、かっこいいわね。

 

リタリコワンダーに通うデメリット。

リタリコワンダーに通うデメリット
  • 料金が高い。
  • 教室数が少ない。
  • 友達と刺激し合って成長する機会が少ない。
ママ友のAさん
やっぱり高いって思う人は多いのね。東京、神奈川、埼玉の18校しかないとすると、通うのは難しいかな。
ママ
質の高い講師を確保するため、教室数が少ないそうよ。オンラインなら全国どこでも受講できるわよ。
ママ友のAさん
オンラインなら、講師1人に対して子ども1~2人なのね。友達と競い合う機会は少ないかもしれないけど、オーダーメイドの授業をしてもらえるのはありがたいなぁ。
ママ
1年に1回開催されるワンダーメイクフェスでは、毎年一万人以上が参加して、作品を発表しているわ。他の人の作品をみるのが良い刺激になるんだって。
ママ友のAさん
子ども達が生き生きしている。低学年の子も立派にプレゼンテーションしているわ。
ママ
普段は少人数の受講でも、こういうイベントで色々な人と交流して刺激を受けることができるわね。2020年は、オンライン開催だったのよ。これなら遠くからでも参加できるわね。

 

まとめ~子どもの個性に合わせて力を伸ばすのが魅力です。

リタリコワンダーの料金と魅力
  • 入塾金16,500円がかかり、他のプログラミング教室より高い。
  • 他の教室と比べると受講回数が多く、毎月の授業料も高め。オンライン受講なら費用を抑えることができ、教室受講も一時間あたりの授業料に換算すると、他の教室とあまり変わらない。
  • 少人数授業で、優秀なエンジニアが、一人ひとりの子どもに合わせて授業を設計する。
  • ゲーム&アプリ制作ロボットプログラミングデジタル機器でのものづくりの3つの分野があり、月ごとに変更が可能
  • ゲーム&アプリ制作、ロボットプログラミングは、オンライン受講ができる
リタリコワンダーに向いている方
  • 子どものやる気創造力を引き出してほしい。
  • 子どもの特性に合わせた丁寧な指導をしてほしい。
  • 集団の指導では、子どもがついていけるか心配
  • 子どもの興味が変わりやすい。興味に応じて、様々な分野に挑戦させたい
  • 子どもが大きく成長できるなら、多少料金が高くても構わない。

リタリコワンダーは、単純にIT技術を使ったものづくりを教えてくれるだけの教室ではありません。

質の高いスタッフが、一人ひとりの子どもを丁寧に見て、子どもたちが思い描いたものを形にできるよう、一緒に考え、指導してくれます。

個性に合わせて指導するので、料金は高めですが、あなたのお子さんにしかない新しい価値を生み出す力を伸ばしてくれるところが魅力です。

オンラインなら全国どこでも受講できます。まずは無料体験で、他の教室との違いを確認してみませんか?

送迎不要!コスパ抜群のプログラミング教室3選

あなたがお子さんに望むことは何ですか?
  • 自分から進んで学ぶ子に育ってほしい。
  • 物事をじっくり考えて、試行錯誤してほしい。
  • 読解力を身に付けて学力アップしてほしい。

あなたの願い、プログラミング教室がかなえてくれます。
⇒ 子ども・小学生向けプログラミング教室おすすめ3選