増える習い事のカバンをスッキリ収納したい!おすすめ収納方法4選【子どもに合わせた収納がベスト】

「プログラミング教室って、パソコンやタブレットをつかってプログラムを組むんでしょう?なんだか、難しそう…。わたしもよくわからないし。」

「プログラミングが得意になったら、将来どんなことに役立つの?」

「プログラミング教室?費用が高そう…。」

などなど。たしかに、ネガティブになる気持ちも分かります。ただ、AIなどITの技術は日進月歩であり、お子さんがITに関する知識を増やせたらいいですよね。プログラミング教室と言っても、それぞれの教室に特徴があります。

お子さんが

  • 自分から進んで学ぶ子に育ってほしい。
  • 物事をじっくり考えて、試行錯誤してほしい。
  • 読解力を身に付けて学力アップしてほしい。

あなたの願いをかなえるプログラミング教室があります。

詳しい内容はこちらをご覧ください。

 

ママ
習い事が増えるたびに、バッグも増えていくのよね。子どもがカバンをうまく片づけられなくて、いつも床に置いたままになってるの。

ママ友のまりさん
うちもそうよ。習い事3つだからバッグも3つよ。いつもごちゃごちゃしていて、お客さまが来た時困っちゃうのよ。スッキリ片づけるにはどうしたらいいのかな。

どうも、とっしーです。

習い事が増えると、その習い事のためのカバンも増えていきますね。兄弟姉妹がいて、それぞれ習い事をしていたらカバンがどんどん増えてしまいます。

しっかりカバン置き場を決めていないと、子どもはカバンを片づけず床に置いたままにしてしまいます。急な来客があったときには、部屋が片付いていないと恥ずかしいですね。

この記事では、増える習い事のカバンをスッキリ収納する方法をご紹介します。最後まで読むと、お子さんがカバンを自分から片づけられるようになれますよ。

おすすめの習い事カバン収納方法4選
  1. スタンドを使ってかけるだけ。
  2. カゴやケースを使って入れるだけ。
  3. キャスター付のワゴンに収納。
  4. ラックや棚に収納。
子どもが自分で片づけるようになる方法3つ
  1. できるだけシンプルにする。
  2. 子どもの動線、目線を意識する。
  3. 子どもの年齢に合わせる。

 

おすすめの習い事カバン収納方法4選

おすすめの習い事カバン収納方法4選
  1. スタンドを使ってかけるだけ。
  2. カゴやケースを使って入れるだけ。
  3. キャスター付のワゴンに収納。
  4. ラックや棚に収納。

スタンドを使ってかけるだけ収納。

バッグスタンドというスタンドタイプの収納アイテムは、かけるだけなのでカバンが簡単に片づきます。

 

View this post on Instagram

 

@naosakuranboがシェアした投稿

上の部分がT字型になっていて、その部分にやカバンやランドセルが簡単にかけられます。フック部分もあるので、習い事のバッグのほかに体操着袋や給食着袋、ぼうしも掛けることができますよ

スタンド収納メリット
  • かけるだけなので、カバンを簡単に片づけやすい。
  • 必要なものをひとまとめにしておける。
  • コンパクトなので、玄関やリビング、子供部屋などどこにでも置きやすい。
スタンド収納デメリット
  • カバンをたくさんかけすぎると、見た目がごちゃごちゃしてしまう。
  • 耐荷重に気をつけないと、折れてしまうなど壊れる危険がある。
  • 高さを変えることができないため、小さい子どもは上の部分にはカバンがかけづらい。

ママ
シンプルなデザインだから、どこに置いてもインテリアのジャマにならなくていいね。

ママ友のまりさん
シンプルだからこそ、カバンのかけすぎには注意ね。見た目がごちゃごちゃしておしゃれに見えなくなってしまうわ。

カゴやケースを使って入れるだけ収納。

カゴやケースなどの入れ物を使うと、習い事別にひとまとめにできます。帰って来たら、バッグごと中に入れるだけなので簡単に片づけられます。

 

View this post on Instagram

 

500works.(@500works)がシェアした投稿

習い事に行くときは、カゴからバッグを取り出すだけなのでサッと出かける事ができます。ラタン素材などおしゃれなものを選ぶことで、インテリアにもなじみますね。

かごやケース収納のメリット
  • 入れるだけの簡単な収納なので、小さい子どもでも片づけが習慣になりやすい。
  • 他の収納アイテムと比べると安いので、収納として取り入れやすい。
  • おしゃれな物を選ぶことで、置いてあるだけでもインテリアになる。
かごやケース収納のデメリット
  • 習い事が多いと、その分カゴも増えるので置き場に困る。
  • 編んだカゴなどは、網目にほこりが溜まってしまう。
  • ラタンなど硬めの素材でできているものは、床にキズをつけてしまうことがある。

ママ友のまりさん
ラタンのほかに水草(シーグラス)や柳(ウィロー)、麻や綿などいろんな素材でできてるものもあるのよね。どれもおしゃれで選ぶのが楽しいわ。

ママ
うちはプラスチック製のボックスがいいかな。軽くて、手入れも拭くだけだから楽よね。

キャスター付のワゴンに収納。

キッチンワゴンという名前で呼ばれている、キャスター付きのワゴンです。おしゃれなデザインが多いので、キッチンだけでなく小物やバッグの収納にもよく使われています。

 

View this post on Instagram

 

& (@sima.kana.simple)がシェアした投稿

キッチンワゴンというと、イケアのロースコグ(RASCOG)が有名ですね。キッチンワゴンやバスケットワゴンと検索すると、ロースコグに似たタイプのワゴンがいろいろなメーカーからたくさん出ています。

色もホワイトやブラックの他に、ターコイズブルーやピンクなどもあります。習い事バッグやランドセルの色に合わせるのもおしゃれですよ。

ラックの数も2段~4段とあり、高さが調節できるものもあるので、お子さんの身長に合わせて選べます。

キャスター付きワゴンのメリット
  • キャスターが付いているので、部屋の中を移動させやすい。
  • 2段~4段とラックが多いので、収納力がある。
  • シンプルで色の種類も多いので、インテリアになじませやすい。
  • S字フックなどを使って、入れるだけでなくかける収納もできる。
キャスター付きワゴンのデメリット
  • キャスター付なので、小さい子どもがつかまると動いてしまい転倒など危ないことがある。
  • フタがないものは、中にほこりがたまりやすい。
  • モノによっては耐荷重が違うので、耐荷重を確認しないで入れすぎると壊れる恐れがある。
ママ友のまりさん
我が家でもロースコグに似たタイプのワゴンを使っているわ。一番上の段はランドセル入れにしてるの。S字フックで横に習い事のカバンをかけているよ。

ママ
観葉植物を飾ったり、本棚として使っている人もいるのよね。小学校を卒業して使わなくなっても、インテリアとして色々と使い道がありそうでいいね。

ラックや棚に収納。

ラックや棚を習い事カバンの収納として使うのもおすすめです。「ランドセルラック」として売っているものは、仕切りや扉、引き出しがついていたりと細かい収納にも便利です。

 

View this post on Instagram

 

⚮̈ .゜(@ymym0216)がシェアした投稿

ニトリのカラーボックスは棚の位置を調節できたり、DIYで二つのカラーボックスをつなげたりできるので子ども用品の収納として人気があります。

イケアのカラックス(KALLAX)も子ども用品の収納にとても人気です。シンプルな作りですが、専用の引き出しや扉をつけることで用途が広がりますね

ラックや棚はカゴやスタンドと違って、引き出しに細かい物を片づける事ができます。扉があるものを選べば見せたくないものも隠せます。

ラックや棚のメリット
  • 引き出し付のタイプには細かい物が収納できる。
  • 扉があるタイプだと、見せたくないものを隠せる。
  • 棚の位置を変える事ができるタイプは、収納するもののサイズに合わせられる。
ラックや棚のデメリット
  • しっかりした作りのものや、収納力のあるものは価格が高め。
  • 扉や引き出しがあるものは、中が見えないので整理整頓をさぼってしまい散らかる。
  • 収納したいものと棚のサイズが合わないと、棚の上に置きっぱなしにしてしまう。

ママ友のまりさん
ニトリのカラーボックスは棚の位置が変えられるから、収納するものにサイズが合わせやすいの。でも、耐荷重が小さいから重いものを乗せると棚がたわむのよ。

ママ
スタンドやカゴ、ワゴンは見せる収納だね。中身をあまり見せたくないなら、扉や引き出しのついた、ラックや棚のタイプがよさそうだね。

 

子どもが自分で片づけるようになる方法3つ

子どもが自分で片づけるられるようになる方法3つ
  1. できるだけシンプルにする。
  2. 子どもの動線、目線を意識する。
  3. 子どもの年齢に合わせる。

できるだけシンプルにする。

収納方法はできるだけシンプルに、簡単にしましょう。習い事のカバンを一つにして、中身だけを変えるという方法がありますが、そのワンクッションは大人には簡単でも、子どもにとってはめんどうでストレスです。

カバンは増えてしまいますが、習い事別にバッグを用意してサッと取りだして出かける方がスムーズです。

習い事から帰ってきたときも、カバンをスタンドにかけるだけ、カゴに入れるだけの方が片づけやすいです。

ママ
片づけのルールを細かく決めてしまうと、めんどくさがってだんだんやらなくなるのよね。習慣にするには、なるべくシンプルで続けやすい方法がベストね。

子どもの動線、目線を意識する。

子どもの動線、目線を意識した収納場所も大事です。ついあなたの目線や都合で、片づける場所を決めていませんか。

習い事から帰ってきてからの子どもの動線を考えた場所にしないと、カバンが床に置きっぱなしになってしまいますよ。

お子さんが普段自然に通る場所にカバンの置き場を作ると、カバンを片づける習慣が付きやすいです。
目線も大事で、大人目線の高い位置にカバンを置き場を作ってしまうと、子どもにとっては片づけにくいです。

ママ友のまりさん
私の都合でカバン置き場を決めていたんだけれど、ぜんぜん片づけてくれないの。置き場を玄関にしたら、だんだん片づけられるようになってきたわ。

子どもの年齢に合わせる。

カバンの収納方法は、子どもの年齢に合わせたものにしましょう。小学校低学年までは、カゴに入れるだけ、フックにかけるだけの簡単な収納方法がいいです。

棚やラックだと、細かい物の収納には向いてますが、小さいお子さんだと分けて片づけるというのが意外と難しいものです。

片づけできていると思っても、よく見ると引き出しの中で紙や小物がごちゃごちゃしてしまっているということがあります。

小さいお子さんには、カゴに入れるだけなどザックリ片づける方法が簡単で習慣につなげやすいですね。

ママ友のまりさん
5歳の子供には引き出し収納は早かったみたい。大きいカゴにいれるだけの収納にしたら、片づけてくれるようになったわ。

 

まとめ

おすすめの習い事カバン収納方法4選
  1. スタンドを使ってかけるだけ。
  2. カゴやケースを使って入れるだけ。
  3. キャスター付のワゴンに収納。
  4. ラックや棚に収納。
子どもが自分で片づけるようになる方法3つ
  1. できるだけシンプルにする。
  2. 子どもの動線、目線を意識する。
  3. 子どもの年齢に合わせる。

習い事の数だけ増えるカバンの収納には、困ってしまいますね。あなたの目線や都合で収納を決めるのではなく、お子さんの目線や動線、年齢を考えたものにしましょう。

そうすることで、片づけが習慣になりやすく「片づけなさい!」とお子さんを叱ることも減らせます。

もしも今、習い事カバンが床置きになってしまっているのなら、カゴやケースに入れるだけの収納から始めてみませんか。

100円ショップにもシンプルでおしゃれなボックスが売っています。簡単な方法から試してみて、お子さんに合った収納方法を見つけましょう。

 

習い事について、次の記事もおすすめです。

 

送迎不要!コスパ抜群のプログラミング教室3選

あなたがお子さんに望むことは何ですか?
  • 自分から進んで学ぶ子に育ってほしい。
  • 物事をじっくり考えて、試行錯誤してほしい。
  • 読解力を身に付けて学力アップしてほしい。

あなたの願い、プログラミング教室がかなえてくれます。
⇒ 子ども・小学生向けプログラミング教室おすすめ3選