【上手に見直したら、もっと伸びる】高学年からの習い事事情

「プログラミング教室って、パソコンやタブレットをつかってプログラムを組むんでしょう?なんだか、難しそう…。わたしもよくわからないし。」

「プログラミングが得意になったら、将来どんなことに役立つの?」

「プログラミング教室?費用が高そう…。」

などなど。たしかに、そういったお考えをお持ちかもしれません。一方で、AIなどITの技術は日進月歩であり、お子さんがITに関する知識を増やせたらいいですよね。プログラミング教室と言っても、それぞれの教室に特徴があります。

あなたがお子さんに

  • 自分から進んで学ぶ子に育ってほしい。
  • 物事をじっくり考えて、試行錯誤してほしい。
  • 読解力を身に付けて学力アップしてほしい。

と願うなら、うってつけのプログラミング教室があります。

詳しい内容はこちらをご覧ください。

 

ママ
最近うちの子、勉強が難しくなってきたって言ってるし、塾とか考えた方がいいのかしら?周りのお友達も塾に通い始めているみたいだし、、、。うちもそろそろ考えてみない?
とっしー
そうだね。ただ、今の習い事もあるし、僕たちだけでは決められないよね。最近は自分の意見を言うようになってきたし、本人の希望も聞きつつ、判断していこうか。

高学年にもなると自分の意見を主張できるようになります。また、交友関係も広がり、家族と過ごす以外の時間も増えていきます。成長が嬉しいような寂しいような複雑な時期ですね。

お子さんにとっても、この時期は身体だけでなく心の変化も現れるため複雑です。習い事の選び方を間違えてしまえば、学業にも影響がでるおそれがあります。

この記事を読んで、高学年の習い事を上手に選び、中学入学を視野に入れた準備期間として有意義に過ごしましょう。

高学年からの習い事は
  • 学習塾に通い始める子が増える。
  • 低学年と比べて習い事の数に大きな差はないが、費用は多くなる傾向にある。
  • 今までの習い事を見直す時期と言える。
  • 高学年から新しく習い事を始めても、遅くない。ゴールデンエイジ効果もあり、お子さんに合っていれば上達する。

 

高学年ってどんな時期?習い事の傾向は?

一般的に高学年とは5~6年生(学校や地域によっては4~6年生)、年齢にすると10~12歳頃を指します。

高学年はこんな時期

身体面

ゴールデンエイジと言われ、この時期に積極的に運動をすることで運動神経が発達し、身体能力が進化すると言われています。一生に一度のチャンスです

運動だけでなく、知力や芸術系の習い事でも能力を発揮できるようです。こんな事実を知ってしまったら、お子さんにも習い事をすすめたくなりますよね。

ママ友のAさん
私も高学年の時期は陸上競技や水泳に積極的に取り組んでいました。そういえば、低学年の頃よりも記録が伸びていた記憶があるわ。結果が出るとモチベーションが上がって、さらに練習に打ち込めたのよね。
ママ
それってまさにゴールデンエイジのおかげじゃない!?やっぱりこの時期に運動や学びの経験を積極的にしておくことは大事なのね。

精神面

思春期・反抗期を迎える時期です。自分が今何を思い、何を感じているかということに関心が向き始め、親の言う事に対しても反抗的な態度をとるようになってきます。

親に「勉強しなさい」と言われて、「分かってるよ」とか「うるさいなぁ」と思い始める時期です。あなたにも心当たりがありますよね。

また、「なんで勉強しなくてはいけないんだろ」と考え始める子もでてきます。こういった考えを持った時に、あなたが適切に導いてあげると、伸びる子に育ちます。これについては後に書いてありますので、ぜひ参考にしてください。

習い事の傾向

高学年から始める習い事は学習塾が多いですね。特に、小学6年から始める子は学習塾以外だとごくわずかですね。ですが、サッカーやダンスは高学年になってから始める割合が比較的高めです。

データはあくまで傾向です。最終的にはお子さんの「やりたい」という想いを優先してあげてくださいね。

(引用):バンダイこどもアンケート

低学年との比較

習い事の数と費用

習い事の数*1 習い事にかける費用(平均)*1
低学年 2.02個 ¥13061
高学年 2.14個 ¥15806

*1「ケイコとマナブ」2017年 こどもの習い事ランキングより

新たに学習塾に通い始める割合が高いですが、習い事の数にはそこまで差はありません。学習塾に通い始める前に整理していると考えられます。

また、費用は高学年になるにつれ、高くなる傾向にあります。原因は学習塾の費用が平均を引き上げているからでしょう。

(引用):バンダイこどもアンケート

ママ
習い事にかけられる費用って家庭によって違うわよね~。学習塾に通うと金額も上がるのね。
ママ友のAさん
うちは姉弟だから1人2万までが上限だと思うわ。塾に通うなら、費用面を考えてほかの習い事を続けるか判断しなきゃいけないわね。

 

なぜ習い事を見直す時期なのか?

高学年になると勉強が難しくなることから、塾に通う子が増えます。また、中学受験をする家庭も増えてきていますよね。よって、塾などの教室学習を始めるタイミングで、習い事を見直していると考えられます。

グラフを見てみると、学年が上がるにつれて教室学習(塾)の割合が増えていくのが分かります。

ママ
ほんとね!!やっぱり高学年になるとみんな塾に通い始めるのね。

引用:「学校外教育活動に関する調査 2017」ベネッセ教育総合研究所

注目したいのは、小学3・4年生でピークを迎えていたスポーツ・芸術系の習い事は高学年になるにつれて少なくなっているということです。

ママ
塾に通い始めるから、他の習い事を見直しているってことなのね。

それ以外にも自分で考えて選択する子も多くいるようです。

ママ
そうよね。私たちが思っている以上に、自分で考えて行動できるようになっているのね。
とっしー
まだまだ子供だとは思うけど、自分で考えてやっていることは尊重してあげたいよね。
習い事「見直し」のポイント
  • 勉強が難しくなってくることに加え、家庭によっては中学受験を意識するため、「学習塾」という選択肢が増える。
  • 高学年になると、自分で習い事の選択ができるようになってくるので、自然と習い事の見直しができている家庭が多い。

高学年からの習い事は「入れ替え」「切り替え」を行う見直しの時期ともいえます。

 

高学年から伸び悩む?伸びる子になるにはどうしたらいい?

低学年までは成績優秀だった子が高学年になって急に「伸び悩む」ことがあります。習い事が1つの原因になるので注意が必要です。

「伸びなくなる子」の3つの共通点
  1. 習い事でスケジュールが埋まっている。
  2. 好奇心を育む機会が不足している。
  3. 親に言われるから勉強している。なんのために勉強するのか理解していない。

高学年になって物事を深く考えるようになってくると、「なんで勉強しなきゃいけないの」、「これって意味あるの」と考えるようになります。

ママ
じゃあ、伸びる子になるためにはどうしたらいいのかしら?

伸びる子には親のかかわり方や「夢中になれる体験をしてきたかどうか」が関係しています。

「伸びる子」になるために
  1. 夢中で遊ばせる。
    好奇心が刺激されたものに興味を持ち、それを知りたいと行動することで勉強への取り組み方を学べます。
  2. 振り返りの時間を大切にする。
    ⇒学びは復習することで身に付きます。
    習い事をつめ込み過ぎては、全てがやりっぱなしになりかねません。
  3. 積極的にお手伝いをさせる。
    買い物には「計算力」、料理には「段取り力」を高める効果があります。
    特に、「段取り力」は勉強のスケジュール管理にもつながりますね。
  4. 勉強したくなる環境をつくる。
    ⇒博物館や科学館に行き、好奇心を刺激してあげましょう。
    また、普段から「○○になるのはどうしてだろ」、「○○ってなんだろうね」など考える機会を与え、興味ややる気を引き出すと効果的です。
ママ
どれも家庭で取り組めそうなことばかりじゃない。
とっしー
習い事に気を取られすぎて、子供との大切な時間を手放したらもったいないよね。

特にお手伝いやお出かけを積極的に行うことは、お子さんとのコミュニケーションにもなります。複雑な時期だからこそ、お互いに向き合う時間は大切ですよね。

今からでも遅くはないです。習い事でスケジュールを埋めてしまう前に、お子さんに知らないことを知るのは楽しいという経験をたくさんさせてあげましょう。

↓お子さんの習い事のスケジュール管理に悩んでいるなら、こちらの記事はいかがですか。

ママ
いろいろな経験をしたり、習い事を見直した結果、新しい習い事を始めたいと言いだしたらどうしたらいいのかしら?始めるには遅いと思うんだけど。

 

高学年から新しい習い事を始めたい!!でも遅い?

高学年から習い事を始めても遅いということはありません。ゴールデンエイジの真っただ中なので上達のスピードが早く、費用に対する効果も期待できます。

高学年からの習い事のメリット
  • 自分で選んだ好きなことであれば、夢中になれて先に始めた子にも追いつける。
  • 中学校で入部予定の習い事を選べば、みんなより先に経験できて上手くなる
  • 学校以外の友達ができる。(同じ校区なら中学生になった時の交友関係も安心です。)
ママ
そうは言っても、小さいころから始めている子とは経験年数が違うし、後から始めても同じレベルまでいけないんじゃないのかしら・・・

こんな意見を見つけましたので参考にしてみてください。スポーツだけでなく、すべての習い事にもいえるのではないでしょうか。

(引用)yahoo知恵袋

お子さんの成功を願い、上手くなったかなど結果ばかりに気を取られがちですが、一番大事なのはお子さんが「楽しめているか」ですよね。本人が楽しめていれば、結果はあとからついてくると思いませんか。

ママ
確かに、周りの子と比べることばかり考えていたかも。習い事を始めて、我が子がどれだけ成長したかに目を向けられるようにしなきゃね。

あなたのお子さんがプロを目指すのなら、始めるのが早い方がいいと思うのは当たり前です。しかし、習い事をする目的によっては始める時期は関係ないのではないでしょうか。

マラソンで有名な高橋尚子さんは中学生になってから陸上競技を始めました。そこからオリンピックで金メダルをとるような選手になっています。やはり、夢中になって取り組めたら継続も努力もできて伸びるんですね。

習い事を選ぶならこちらのランキングを参考にしてみてはいかがでしょう。

 

まとめ~親子の時間を大切にしよう。

高学年からの習い事は
  • 学習塾に通い始める子が増える。
  • 低学年と比べて習い事の数に大きな差はないが、費用は多くなる傾向にある。
  • 今までの習い事を見直す時期と言える。
  • 高学年から新しく習い事を始めても、遅くない。ゴールデンエイジ効果もあり、お子さんに合っていれば上達する。

習い事の見直しをして、お子さんが輝ける習い事が見つかるといいですね。ゴールデンエイジをうまく利用し、中学でもスタートダッシュをきりましょう。

高学年は思春期や、反抗期、中学校の入学前と心と身体が複雑な時期です。習い事だけでなく親子関係でも悩みが尽きないとは思います。ですが、まずは親子の時間を大切に、お子さんのやりたいこと、興味のあることをしっかりと聞いてあげてはいかがでしょうか。

 

習い事を見直すならこちらの記事はいかがでしょうか。高学年におすすめですよ。

送迎不要!コスパ抜群のプログラミング教室3選

あなたがお子さんに望むことは何ですか?
  • 自分から進んで学ぶ子に育ってほしい。
  • 物事をじっくり考えて、試行錯誤してほしい。
  • 読解力を身に付けて学力アップしてほしい。

あなたの願い、プログラミング教室がかなえてくれます。
⇒ 子ども・小学生向けプログラミング教室おすすめ3選