やる気がない子供をやる気にさせる3つの方法【習い事が楽しくなる】

「プログラミング教室って、パソコンやタブレットをつかってプログラムを組むんでしょう?なんだか、難しそう…。わたしもよくわからないし。」

「プログラミングが得意になったら、将来どんなことに役立つの?」

「プログラミング教室?費用が高そう…。」

などなど。たしかに、ネガティブになる気持ちも分かります。ただ、AIなどITの技術は日進月歩であり、お子さんがITに関する知識を増やせたらいいですよね。プログラミング教室と言っても、それぞれの教室に特徴があります。

お子さんが

  • 自分から進んで学ぶ子に育ってほしい。
  • 物事をじっくり考えて、試行錯誤してほしい。
  • 読解力を身に付けて学力アップしてほしい。

あなたの願いをかなえるプログラミング教室があります。

詳しい内容はこちらをご覧ください。

 

ママ
子供に習い事をさせたいんだけど、習い事をさせる必要って本当にあるのかしら?
ママ友のAさん
習わせても子供が行きたがらなかったらって思うと余計に悩んじゃうわよね~

どうも、とっしーです。

お子さんはきっと勉強や習い事より、友達と遊んだり家で過ごす時間の方が楽しく感じることでしょう。

しかし、親であるあなたにとって、お子さんの将来を考えると何か習い事をさせたいのも本音ですよね。お子さんが習い事をしたいと思うようになるための方法は3つあります。

この記事を読むことで、お子さんがどうすれば習い事に行きたくなるのか、また習い事の必要性についても知ることができます。

お子さんが習い事に行きたくなる方法
  • どうして習い事をする必要があるのかを理解させる。
  • 本人がやりたい習い事をさせる。
  • ご褒美を用意する。

 

子供が行きたいと思うようになるにはどうすればいいの?

(画像引用)

では、やる気がでない子供に対してどうすれば習い事に行きたいと思わせられるのかを事例も交えて考えていきましょう。

①どうして習い事をする必要があるのかを理解させる

習い事が必要な理由をお子さんに理解してもらう方法
  • どうして習い事をする必要があるのかを説明する。
  • 褒めることでお子さんのモチベーションを上げる。

我が家の長女(小3)は習い事をしたがりません。 「何か習い事しなくていいの」って聞いても、「何もしたくない」ばかりで、今に至ります。

習いたくない理由は、「宿題が終わらないから」「遊びたいから」と言った理由から見たいです。  娘が自分から習いたいと言うまで待っていた方がいいんですかね?。多分このままずっと言わないと思うけど。

(引用)yahoo!知恵袋

このように、なぜ習い事をしなければいけないのか分からないと、お子さんは他の楽しいことをやりたくなってしまい、言い訳を考えて逃げてしまおうとします。

この質問に対しての回答がこちらです。

うちは、習わせたいことを子供がやりたいと思うように、仕掛けてきましたよ。

音楽系やスポーツ系なら、体験教室に連れて行く、習う前に、子供が保育園でやってきたことを、「すごい。才能ある。習ったらいいんじゃないか。」とおだてて、その気にさせたり。

勉強系なら、これを身に着けておくと、将来こういうメリットがある、と説明して、説得しました。

(引用)同上

まずは習い事をしたら将来どんなメリットがあるのかを説明しましょう。また、さらにこの回答者の方が実際しているように褒めることで、将来これをやりたいと思うようになり、それが将来への道につながるかもしれません。

なぜ習い事をするのかをお子さんが理解することで、お子さんにとって無意味な習い事ではなくなります。その結果やる気がでて、習い事をしようという気になってくるとわたしは思います。

②本人がやりたい習い事をさせる

子供がやりたくもない習い事を無理矢理やらせるのは教育に良くないですか。 例えばサッカーや野球。 習い事は子供が自分から「やりたい」と言ったらやらせるものですか。

(引用)yahoo!知恵袋

この質問に対しての回答がこちらです。

子供がやりたいと言った訳でもないのに、親の希望で習い事をさせて子供が嫌がっているのに無理にさせていたらそれは当然良くありません。

先々に渡って親子関係が悪くなるだけです。子供はあの時親に無理矢理やらされたということを場合によっては大人になっても覚えているものです

(引用)同上

あなたがお子さんのためを思ってさせた習い事でも、それをきっかけに親子関係が悪くなってしまっては元も子もありませんよね。

そのため、やはりお子さんがやりたいと思っていないことを無理矢理させるということはしない方がいいです。

ママ
それなら、子供がやりたいことが見つかるまで待つしかないの?
とっしー
そうではないんじゃないかな?子供がやりたいことを見つけてあげるのも親の役目だと思うよ。

習い事に限らず色々な体験をさせることでやりたいことを見つかりやすくなるかもしれないね!

この色々な体験は、知り合いの家のピアノを触らせてあげる、休みの日に公園でキャッチボールをするなど何でもかまいません。

そうしていく中で、もしお子さんが興味を示したものがあれば、これ習ってみない?と提案してみてください。お子さんも自分が好きなことなら興味を示すはずです。

習い事を探す際は以下の記事を参考にしてみてください。

焦らず、お子さんがやりたいことは何なのかを考えてみてくださいね。

③ご褒美を用意する

お子さんが習い事を楽しいと感じるようにするにはどうすればいいのでしょうか。

それはたくさん褒めることです。あなたがたくさん褒めることで、お子さんも自分にはこんな才能があるんだ、もっと褒めてもらいたいとやる気がでます。

自分自身で考えてみてください。もし頑張っても反応がなければやる気もでませんよね。

今回は、どのようにご褒美をあげればいいのか、事例を1つ紹介します。

子供がマラソン大会や運動会、行事などで頑張ったお祝いに何かしますか。

(引用)yahoo!知恵袋

この質問に対しての回答がこちらです。

我が家の場合を紹介します。共働きで忙しくて、かまってあげられない負い目から、ご褒美は、たっぷりのハグ。「がんばったねー。すごいやん。愛してるよ。」のぎゅう。

共働きだと、子どもにお金や物は若干豊富にあげられたとしても、親子の時間があげられない。たまの休みは家事が山積みな上、自分も寝たい。

考えてみれば、経済力かスキンシップか、となるとどちらが子どもにとって嬉しいんだろう。両方あげられる人もいるんだろうけれど。我が家は無理だ。 そこで、ご褒美は不足しがちなスキンシップの方で。

(引用)同上

ママ
なるほど!ご褒美っていったらご馳走やプレゼントを想像してたんだけどスキンシップっていう手もあるのね!
ママ友のAさん
プレゼントも喜ぶと思うけど、やっぱり親から受ける愛情って子供にとっては何より嬉しいと思うな~!

もちろんプレゼントを用意しても構いません。ただし、ただご褒美をあげるだけではなく、この方のように頑張ったねすごいね、とたくさん抱きしめて褒めてください。小さい頃にたっぷり愛情を注ぐことで子供は優しい子に育ちます。それにスキンシップは無料ですからいくらでもできますよね。

これは、事例のように習い事に限ったことではありません。日常のささいなことでもこれからはぜひこれまで以上にどんどん褒めてくださいね。

 

子供はなぜ習い事に行きたがらないのか?

(画像引用)

ではなぜお子さんが習い事に行きたがらないのかを考えてみましょう。

①自分がやりたいことではないから

あなたは仕事や家事をするのが楽しいですか。もちろん中には楽しいと言う方もいるとは思いますが、大半の方は楽しくない、できればやりたくないと思っているのではないでしょうか。

ママ
でないわね…。やる気がでなくてついつい後回しにしてしまったりするわ。

このように楽しくないとやる気はでませんよね。それはお子さんも同じです。自分がやりたいと思っていないことを無理にやらそうとしてもやる気がでず、長続きはしません。

上記で述べた、「②本人がやりたい習い事をさせる」を参考に、お子さんのやりたい習い事を探してみてください。

②習い事をする意味を分かっていないから

親からすれば、お子さんの将来を考えてあれも習わせたい、これも習わせたいと思ってしまいますよね。では、それをお子さんは分かっているのでしょうか。

お子さんからすれば、なぜ習い事をしなければいけないのかいまいち理解ができていないため、別に無理にしなくてもいいのではないかと感じてしまいます。

たしかに、自分でも何の意味もなく好きでもない習い事を自らやろうとは思いませんよね。

この場合は、上記で述べた「①どうして習い事をする必要があるのかを理解させる」を参考に、しっかりお子さんに習い事の必要性について説明してあげてみてください。

③他に楽しいことがあるから

お子さんにとってはきっと習い事をするよりゲームや友達と遊ぶほうがずっと楽しいと思います。

ママ友のAさん
たしかにわたしの子供の頃何が楽しかったか思い出してみると、家で過ごしたり公園とかで友達とお喋りする時間が楽しかったな~!習い事が楽しかったとはならないわね、、

お子さんの今過ごせる時間は限られています。なかなか限られた時間の中で、友達とも遊んで習い事もしてと両立するのはなかなか大変でしょう。

なぜ、その限られた時間で他の楽しいことを我慢してまで習い事をしなければいけないのかというのが子供の本音だと思います。

この場合は、上記の①~③まで全て試せるかと思います。習い事をいかに楽しく感じさせられるか、あなたの力の見せどころですね。

 

なぜ習い事をする必要があるのか

(画像引用)

そもそもなぜお子さんに習い事をさせる必要があるのか考えていきましょう。

①将来役に立つ知識や技術を身に付けることができるから

習い事にも種類はたくさんあります。学習塾や英会話などの学習系や、水泳やサッカーなどのスポーツ系、ピアノやバイオリンなどの音楽系、さまざまです。

ジャンルはバラバラですがこれらすべてに共通することがあります。

それはどれを習わせても必ずお子さんにとって将来の財産になるということです。いくつかの習い事で考えてみましょう。

まず、例えば英会話で考えてみます。英会話を習うことで英語への苦手意識も薄れ、理解や上達も早くなります。

学校の授業についていけず苦労することもなくなるでしょう。また、英会話をとおしてコミュニケーション力も鍛えることができます。

そして次に水泳で考えてみます。

水泳はスポーツの中でも特に体全体を使うため、全身の筋肉をバランスよく鍛えることができるうえに、心肺機能も鍛えることができます。

その結果、体力も自然とつくため、丈夫な体に育てることができます。

このように習い事をとおして子供は色々な知識や技術を習得していきます。

お子さんの将来を考えると何か1つでも習い事ができるといいかもしれませんね。

②成長ができる上に居場所も増えるから

通常、どうしても子供の世界は学校か家かのどちらかになってしまいとても狭いです。

この場合、もし学校で嫌なことやトラブルがあったとき、お子さんは自分の居場所がなくなってしまったと感じてしまうかもしれません。

習い事をすることで、その場所で友達をつくることができます。子供にとって学校以外の場所で居場所があるということは精神面でも大きな支えになり、自信につながります。

また、たくさんの人と関わることによってコミュニケーション力も鍛えられるため、将来社会にでたときに役に立つことでしょう。

③将来の選択肢が増えるから

将来お子さんが進みたい道が決まった時に、自分の力不足で諦めないといけないなんてことがあったら親も子も悔しいですよね。

今はまだお子さんが将来何をしたいと思うかなんてことはもちろん分からないと思います。そのため、色々なことを経験させてください。

その経験をとおして、お子さんはやりたいことが見つかるかもしれません。

もし見つからなくても、そこで得た知識や技術が将来やりたいことが見つかったときに何かしらの形で役にたつかもしれません。

このように習い事をすることでお子さんの将来への選択肢を増やすことができます。

まだ自分の子は小さいしそんなこと今から考えなくてもとは思わず、お子さんの将来を思って、何の習い事をさせるか慎重に考えてみてください。

 

まとめ~お子さんの気持ちも考えてみましょう。

お子さんが習い事に行きたくなる方法
  • どうして習い事をする必要があるのかを理解させる。
  • 本人がやりたい習い事をさせる。
  • ご褒美を用意する。

この3つを実践いただくことで、お子さんも習い事に対して今までよりやる気を持ってくれるはずです。

既にお子さんに習い事をさせている方は、よりやる気を持たせるために、今までよりたくさん褒めてあげるなどの身近なことから始めてみてはいかがでしょうか。

この記事を参考にしていただき、無理のないようできることから取り組んでみてくださいね。

 

送迎不要!コスパ抜群のプログラミング教室3選

あなたがお子さんに望むことは何ですか?
  • 自分から進んで学ぶ子に育ってほしい。
  • 物事をじっくり考えて、試行錯誤してほしい。
  • 読解力を身に付けて学力アップしてほしい。

あなたの願い、プログラミング教室がかなえてくれます。
⇒ 子ども・小学生向けプログラミング教室おすすめ3選