小学生からプログラミングを学ぶ必要性があるのか?【未来の課題を解決する人材になる!】

ママ友のAさん
小学校でプログラミング教育が始まったって言うけど、どんな感じなのかしら。
パパ友のAさん
小学生のうちからプログラミングを勉強する必要はないんじゃないかな。

どうも、とっしーです。

2020年度から、小学校でのプログラミング教育がスタートしました。お父さん・お母さんの中には、子どもが小さいうちからプログラミングを学ぶことに疑問を感じる方もいるでしょう。

文部科学省は、子ども達が将来どのような職業に就くとしても、極めて重要な力を身につけるため、プログラミング教育を導入すると説明しています。また、習い事としてプログラミング教室に通う子ども達も年々増えています

この記事では、小学生からプログラミングを学ぶことに対する疑問に答えます。また、子ども達の未来に、プログラミング教育がどのように関わっていくかについて考えます。

この記事を読むと、プログラミング教室は、子ども達の可能性を広げてくれる習い事だということが分かりますよ。

子ども達の未来とプログラミング教育の関係
  • 超高齢化社会の到来により、子ども達は将来、効率的に問題を解決する必要に迫られる
  • 今後多くのIT人材が必要とされ、中でも先端的なIT技術者が必要になる。
  • 小学生全員がプログラミング的思考を学ぶことで、様々な分野の課題解決や、多様なIT人材の活躍が期待できる。
  • 将来活躍できる先端的なIT技術者を目指すなら、早いうちからプログラミング教室で技術と知識を身につけた方がいい。

 

小学校のプログラミング教育に対する疑問

小学校のプログラミング教育に対する疑問と、それに対する答えや対処方法についてまとめました。

専門的な内容なので、全員が学ぶ必要はないのでは?

小学生にプログラミングのアルゴリズムの勉強が導入されるみたいですが、必要ありますか?

自分は機械系の学生でエンジニア志望ですから学びましたが、学んだ感想として非エンジニアに必要があるとは思えません。 そもそもアルゴリズムまで学んでなんか意味ありますか?

物事を順序だてて処理していく能力を養うとかそんな目的でしょうが、あまり意味があるようには思えません。

(引用)Yahoo!知恵袋

文部科学省は、小学校のプログラミング教育の目的を以下のように説明しています。

小学校プログラミング教育の目的
  • プログラミング的思考」(論理的に考えていく力)を育むこと。
  • 社会が情報技術に支えられていることに気付くこと、情報技術を活用してより良い社会を築いていこうとする態度を育むこと。
  • 各教科の学びをより確実なものとすること。

小学校のプログラミング教育は、プログラミングを使って、思考力を養ったり、理解を深めたりすることを目的にしています。

ただ、アルゴリズム(計算の手順・やり方)を学ぶこと自体は目的としていません。

具体的には、以下のような指導例が挙げられています。

自動車メーカーと連携した指導例
  • 自動車と生活の関わりについて考え、より安全な暮らしについて自らの考えをまとめる
  • 社会科「工業生産を支える人々」で学んだ、工場でロボットの働きや情報技術の活用を振り返る。
  • 最新技術と自分たちの生活との関連を考え、さらに自分たちが作りたい機能を考えて、その機能を実現するためのプログラミングを行う
  • 自動運転や衝突被害軽減ブレーキなどの最新技術の開発に関心を向け、どのような未来社会に向けて工夫改善が行われようとしているかなどを調査する
パパ友のAさん
プログラミングは学ぶ内容の一部なんだね。全体的にには、自分の考えをまとめて発表したり、作ったり調べたりする体験が中心の授業になっているなぁ。
とっしー
総合や社会の教科の理解を深める内容なんだよ。

どのような授業が行われようとしているか、イメージできたでしょうか?

アルゴリズムの考え方など、プログラミングの知識や技能については、中学校や高等学校で学習することになっています。

これまで勉強していた内容ができなくなるのでは?

小学校では、新たにプログラミングという科目や学習時間が増えるわけではありません。

プログラミングが新たに加わることで、これまで勉強していた内容が削減されるのではないかという心配があります。

これについて、文部科学省は、教科を横断した学習や、学習効果の最大化を図るカリキュラムの管理等により、学習内容は減らさずに教育目標を達成するとしています。

パパ友のAさん
時代の変化に合わせて、学校の勉強の仕方も変えていかないとってことか。
とっしー
工夫を凝らしてくれている先生方に感謝!だね。

大きくなってから学ぶより、効率が悪いのでは?

大人になってからプログラミングを学ぶ場合、この課題を達成したい、という目的をはっきりさせて学ぶことができるため、効率的に知識や技術を身につけることができます。

しかし、子どもは、何のために学ぶのか、何が大事かという目的意識が低いため、PCやタブレットを使う楽しさだけに気を取られて遊んでしまい、内容が身につかないのではないかという心配があります。

これについては、そもそも小学校でのプログラミング教育が、自分で問題を見出し、解決していくステップを体験することが目的だということを思い出してください。

これまでの教科の指導と同じように、子ども達の意見を引き出し達成できた内容を友達と確認するなどの子ども達が主体的に授業参加できるようにする工夫によって、解決できる問題です。

パパ友のAさん
俺達が若い頃とは、状況が違うんだな。
とっしー
子ども達がプログラミングに夢中になっている姿を見ると、僕も子どもの頃に、こんなことができたらよかったのになぁと思うよ。

インターネットやSNSでのトラブルが増えるのでは?

子どもがPC・タブレットを利用する機会が増えることで、利用時間が長くなることによる視力低下やSNSを介したいじめが起こることも心配されます。

利用時間を守ることや、危険なサイトを利用しないこと、オンライン・コミュニケーションでの注意点など、デジタルツールを利用する際のモラルに関する教育も合わせて行うことが重要です。」

パパ友のAさん
先生と連携しながら、しっかり見ていきたいところだね。

 

なぜ小学校でのプログラミング教育が始まったのか

子ども達を待つ厳しい未来【超高齢化社会】

(引用)平成30年版 情報通信白書 総務省

日本は、2007年に65歳以上の高齢者の人口が21%を超え、超高齢化社会となりました。

人口の総数が減少する一方で、高齢者の人口は増加し、2050年には人口の38%が高齢者になると推計されています。

その間、生産年齢人口(15~64歳)は減少し続け、2050年には1人の高齢者を1.4人の現役世代で支えなければならなくなります。

子ども達が大人になった時、より効率よく社会を支えられる仕組みができていなければ、社会全体では今の生活水準を維持できないんです。

ITを活用した課題解決が期待されている

今日、インターネットや携帯電話、スマートフォンなどが普及し、世界がネットワークで繋がった情報社会がやってきました。これにより、世界のあらゆる場所の情報を瞬時に知ることができるようになりました。

その一方で、多くの情報があふれ過ぎて、目的の情報にたどり着けない、選択肢が多すぎて最適な判断に時間がかかるといった課題があります。

また、高齢化がますます進むことにより、労働力の不足都市部と地方の格差拡大といった問題が、さらに深刻になることが予想されます。

(引用)Society 5.0で実現する社会 内閣府HP

政府は、身の回りのあらゆるものがインターネットにつながるIoT(Internet of Things)の仕組みや、人工知能(AI)の活用をはじめとした、新しい技術を活用することで、これらの課題や困難を克服する社会(Society 5.0)を目指しています。

子ども達が大きくなった時に不足する人手を、ロボットや新たな技術が補う社会。それを実現するためには、IT(情報技術)に長けた人材が不可欠になっています。

IT人材の不足が懸念されている

(引用)IT 人材需給に関する調査、2019年3月 経済産業省

経済産業省は、2019年3月にIT 人材の需要と供給がどのように推移するかを推計しました。

その結果、2030年に、最大で79万人最小で16万人その中間の条件で45万人もの人材が不足すると推計されました。

ただし、この結果は、IT人材1人あたりが生み出す成果(生産性)の伸び率は変わらないとして推計されたものです。生産性がより高くなれば、人材不足は発生しないという結果も出ています。

子ども達が生きる未来の課題を解決するための情報技術。その力を十分に発揮するには、IT人材の人数を増やすか、より多くの成果を生み出すIT人材を育てる必要があります。

 

小学校のプログラミング教育の効果

プログラミング的思考により問題解決できる人材が増える

(引用)小学校プログラミング教育の手引き(第三版)文部科学省

小学校のプログラミング教育が目的としているプログラミング的思考とは、目的の達成に必要な手順を段階に分け、なぜそうなるのかを考えながら試行錯誤し、最適な答えを得る考え方です。

この考え方自体は、IT分野に限らず、社会の様々な課題を解決するために活用できる論理的思考方法です。

一般的に、日本人は論理的思考が苦手だと言われています。

子ども達が社会人となり、売上や締め切りといった目標が設定された時、目標を達成するためにやるべきことを段階的に考えていける力が身についていれば、どのような分野でも役に立つでしょう。

また、うまくいかない時に試行錯誤を繰り返し、粘り強く修正していく過程も、困難な問題に直面した時も対処できる問題解決力を養ってくれるでしょう。

IT人材の数を増やすきっかけになる

小学校にプログラミング教育が導入され、全ての子どもがプログラミングを学ぶと、どのような未来になるか想像してみましょう。

みっちゃん
将来は看護師さんになりたいな。患者さんの体調データから素早く異常を教えてくれるアプリとか、自分で作れると便利かも。
パパ友のAさん
気象データやお得意さんの購入履歴、それから近所のスーパーの特売情報を使って、今日焼くパンの数を決めるパン屋さんも面白いかも。
けんちゃん
一人一人の子どもの情報から、校庭を走る回数とドッジボールのチーム分けを決めて、一番楽しい授業にしてくれる体育の先生とかいいな!

理数系科目が好きな子どもだけではなく、プログラミングとは関係がないと思われていた分野が好きな子どももプログラミングを学ぶことで、様々な分野でITが活用され、人手が少なくても、より楽しい未来が開けるのではないでしょうか。

 

小学校のプログラミング教育だけで十分なのか

先端的なIT人材が求められている

先ほど、IT人材が45万人不足するという経済産業省の試算結果を紹介しましたが、これにはさらに続きがあります。

IT人材をさらに、従来からのIT需要に対応する「従来型IT人材」と、AI やビッグデータ、IoT 等の新しい技術に精通した「先端IT人材」とに分けて、その需要の推移を試算した結果が下の表です。

表 2030 年時点の先端IT 人材・従来型IT 人材の需給ギャップ(生産性上昇率0.7%)

(引用)IT 人材需給に関する調査、2019年3月 経済産業省(一部加筆)

これを見ると、IT人材が45万人も不足するという結果は、先端IT人材が54.5万人不足し、従来型IT人材が9.7万人余剰となる、という結果の差し引きで出たものだということが分かります。

つまり、IT人材の中でも、新しい技術に精通し、新たな価値を生み出せる人材だけが、将来にわたって必要とされるということです。

プログラミングを体験するなら早いうちに

小学校のプログラミング教育は、プログラミングの技術の習得を目的としたものではなく、論理的思考を学び、活用していくことを目的としているからこそ、全員が学ぶ意義があります。

しかし逆に、プログラミングに興味のある子ども、将来先端的なIT分野で活躍したい子ども達にとっては、物足りない内容といえるでしょう。

このような子ども達にとっては、早いうちからプログラミングに関する知識と技術を身につけ、活用する経験を積んでおくことは、将来大きなアドバンテージになります。

既に実用的なアプリやゲームを開発し、活躍している小学生もいます。

(リンク)TECH KIDS GRAND PRIXサイト

どんな分野が好きなのかまだよく分からないというお子さんも、体験してみることで手がかりがつかめるのではないでしょうか。無料体験で色々な教室を試すことができるのも、時間に余裕のある小学生のうちです。

 

まとめ

パパ友のAさん
なるほど。理数系が得意な上の子もそうだけど、文系が得意な下の子は特に、プログラミングを体験してみるメリットがあるのかもしれないなぁ。
小学生がプログラミングを学ぶ必要性
  • 超高齢化社会の到来により、子ども達は将来、効率的に問題を解決する必要に迫られる。
  • 今後多くのIT人材が必要とされ、中でも先端的なIT技術者が必要になる。
  • 小学生全員がプログラミング的思考を学ぶことで、様々な分野の課題解決や、多様なIT人材の活躍が期待できる。
  • 将来活躍できる先端的なIT技術者を目指すなら、早いうちからプログラミング教室で技術と知識を身につけた方がいい。

学年が上がっていくと忙しくなり、色々な習い事を試してみる時間が無くなっていきます。まずは気軽にオンラインで始められるプログラミング教室で、無料体験をしてみませんか?

送迎不要!コスパ抜群のプログラミング教室3選

あなたがお子さんに望むことは何ですか?
  • 自分から進んで学ぶ子に育ってほしい。
  • 物事をじっくり考えて、試行錯誤してほしい。
  • 読解力を身に付けて学力アップしてほしい。

あなたの願い、プログラミング教室がかなえてくれます。
⇒ 子ども・小学生向けプログラミング教室おすすめ3選