プログラミング教室に通う前にメリットデメリットを考えよう【子どものやる気と適性を見極めることが大切である】

「プログラミング教室って、パソコンやタブレットをつかってプログラムを組むんでしょう?なんだか、難しそう…。わたしもよくわからないし。」

「プログラミングが得意になったら、将来どんなことに役立つの?」

「プログラミング教室?費用が高そう…。」

などなど。たしかに、ネガティブになる気持ちも分かります。ただ、AIなどITの技術は日進月歩であり、お子さんがITに関する知識を増やせたらいいですよね。プログラミング教室と言っても、それぞれの教室に特徴があります。

お子さんが

  • 自分から進んで学ぶ子に育ってほしい。
  • 物事をじっくり考えて、試行錯誤してほしい。
  • 読解力を身に付けて学力アップしてほしい。

あなたの願いをかなえるプログラミング教室があります。

詳しい内容はこちらをご覧ください。

 

ママ
小学校では2020年からプログラミングが必須化になったのよね。
ママ友のHさん
そうなんだけど、プログラミングって言葉は聞いたことがあっても内容がいまいち分からないわ。
ママ
私たちの子供の頃はプログラミングってなかったものね。子どもは覚えるの早いけどついていけるか心配だし、私に聞かれても答えられないからプログラミング教室に通わせようか悩んでるのよ。
ママ友のHさん
そうね。でも本当に必要なのか、そしてどんな教室があるのかか知りたいわよね。

どうも、とっしーです。

最近はプログラミングと言う言葉をあちこちで聞きますが、いまいち馴染みがないキーワードでもありますね。

2020年から小学校では必須科目になっているので、今では学校以外で学べる習い事としてプログラミング教室が人気です。

しかし、どんな内容でどのように学ぶのか、小学生から必要な科目なのかなどわからない事が多い科目でもあります。

この記事ではプロブラミングとは何か、メリットデメリットを考え教室ではどのような事が学べるのかが分かります。

プログラミング教室に通う上で注意すること
  • プログラミングとはコンピューターに実行して欲しい作業の指令を出すことである。
  • 一つ一つ順序立てて考えることにより、理論的思考を育てるメリットがある。
  • 他の活動時間が制限される可能性がある。
  • 時には感情的、直感的思考も必要である。
  • 費用面では他の習い事に比べ比較的高額なので、お子さんのやる気や適性を見極める事が大切である。
  • プログラミングには算数や英語など通常科目も必要なので、その科目を補う事も考えなくてはいけない。

プログラミングって何?

そもそもプログラミングって何でしょうか。

プログラミングとはプログラムを作成しコンピュータに実行してほしい作業の指令を作ることです。

人間の言語はコンピュータには理解できないため専用の言語に落とし込み、コンピュータが理解できる言葉にします。

コンピューターが理解できる言葉を少し人間の言語に近づけた言語がプログラミング言語であり、プログラミング言語を使用して作られた指令書をプログラムと呼びます。

プログラムとはコンピュータに実行してほしい一連の作業を順番に記載したもので、指定された順番に処理されていくので、料理のレシピのようなもののイメージですね。

ママ
そのプログラムが今なぜ必要なのかしら。

確かにパソコンの専門職の人が扱うイメージですよね。

しかし、今私たちの周りにあるものの大半がプログラミングで使用できるようになっています。

例えばスマートフォンやその中のアプリ、冷蔵庫に洗濯機に電子レンジ、ゲームやAIなど家庭内の電化製品はほぼプログラミングにて動いています。

そしてコロナ禍になり益々機械やアプリにより世の中が動く時代になっています。

ママ友のHさん
先日、家族と近所の焼肉屋さんに行ったら注文した品物をロボットが運んできてびっくりしたのを覚えてるわ。今は非接触型の機械が多くなっていてそれもプログラミングされているのよね。

このように私たちの周りには沢山のプログラミング要素が溢れています。

ママ
プログラミングされているものが沢山あるのは分かったけど、小学生から取り組む意味って何かしら。

プログラミングはパズルのようなものなので、いくつかの処理を組み合わせて一つのプログラムを作ることになります。

組み合わせ方によって正常に動作しなかったり、実行結果が異なってくるので慎重に考えながら作る必要があります。1つ1つの処理に整合性を取りながら正しく考えることになるので、論理的な思考力が身に付くことになります。

また、人間であれば感覚で出来てしまうことも、プログラムとして実装する際には、プログラミング言語として言語化する必要があります。プログラミングを通して、世の中のどんなことに対してもじっくりと考えられる思考力が身に付くことになるのです。

ママ
プログラミングを学ぶ事は、機械の仕組みが分かる以前に論理的思考を育てる事なのね。

 

プログラミングを学ぶ上でのメリットとデメリット

ママ
プログラミングがどんなものかは、なんとなく分かったけど、小学生から学ぶことのメリットとデメリットを知りたいわ。

プログラムは人間同士のコミュニケーションとは異なり、少しでもミスがあるとバグが発生したり、まったく動かなくなったりします。そのような事態を前もって防ぐために物事の道筋を立ててプログラムの流れを設計する過程で、論理的思考力が身につきます。

また、問題解決力も身につけることができます。バグなどの問題が発生する原因を特定するプロセスを通して「どうすれば問題を解決できるか」という思考を鍛えられます。

しかし、学ぶ上でのデメリットも存在します。

流行りのロボット教室。 プログラミングってそこまで必要ですか? 小学生ぐらいで、プログラミングを習ったとしても、将来的にそういう職業に就かないのなら、あまり意味がないのかと思って いますが、どうでしょう。

小学生レベルなら、決まったプログラムを呼び出すだけだと思いますが、今からそんなにPCに触れさせなくても…。 知識だけつけても、遊び半分で法的に触れるようなことをされても困ります。

引用yahoo知恵袋

プログラミングに対して分からないことが多いだけにこのような悩みもあるようです。

必修化されたプログラミング教育では、プログラミング自体よりも理論的思考力や問題解決力を伸ばし、情報社会に対応できる知識の習得が重視されています。

具体的には、小学校では算数や理科など既存の授業にプログラミングの要素を盛り込み、中学校では「技術・家庭」、高校では「情報Ⅰ」の科目として学びます。なお、中学校から簡単なプログラムを組む授業が始まりますが、あくまで論理的な思考力を伸ばすことが重視されています。

従ってプログラミングの必修化により新しい学習項目が増えたので、今まで他の活動に充てていた時間が減る可能性があります。

とくに小学校では、プログラミングに加えて英語も2020年から必修化されるので注意が必要です。

そのために不得意科目を補うために塾に通うなどの手段が必要になってきます。

若いうちからいろいろな分野を学んでおくのはいいことかもしれませんが、他の活動時間が制限されるのは考えものかもしれませんね。

また時には直感的や感情的、情緒的に動くことが必要な場合もあります。

ママ友のHさん
私は日本舞踊を指導し、創作舞踊の振り付けもしていますが情緒的になおかつ感情的でないとできない部分があります。さらに直感的に動いた方がうまく行く時もあります。

論理的に順序立てて考えることも大切ですが、同時に直感力や感情も鍛え情緒的感情を表す事もできるようになって欲しいと思っています。

このようにプログラミングを子どもの頃から学ぶ事は否定しませんが、人間本来が持つ感情を表にあらわす事、自分の直感を信じること、人や物に触れ感情がつき動かされる事も時として大切なのではないかと私は思います。

ママ友のHさん
確かにAIが進むにつれ機械化やプログラミングが騒がれているけど、人間らしく成長して欲しい思いもあるわね。

 

プログラミング教室ではどのように学ぶのか

メリットデメリットを踏まえた上で、プログラミング教室に通わせたいけどどのように学ぶのか知りたいですよね。

最近小学生向けのプログラミング教室が増えていますが、どこまで教えているのでしょうか? 例えばc言語の場合、ループと関数程度がわかればマルバツゲームは作れますがテトリスは作れません。

高校生や大学生向けなら難しいことをしても大丈夫かもしれませんが、小学生向けとなるとどこまで教えているのでしょうか?

引用yahoo知恵袋

小学生ではロボットやブロックを使ったり、ゲームを作るなどをしながらパソコンに触れる機会が少ない子どもや、苦手な子どもでも遊び感覚で学べる教室が多いように私は思います。

しかし他の習い事より月謝が高額なので、お子さんのやる気や適性をよく見極める事が大切になります。

またオンライン教室も多くなっています。送迎や費用面などご家族で相談し、お子さんのやる気を一番に考えて通わせることをお勧めします。

ママ友のHさん
私の息子は都内飲食店で働いていましたがコロナ禍で出勤日が減り、今は飲食店の時代ではないとプログラミングの世界に転職しました。

元々パソコンをいじるのが好きで、自作パソコンを作るほどでしたがいざプログラミングとなると数学や英語をもっと学んでいればよかったと後悔しています。

このように一言でプログラミングと言っても通常学校で行っている科目も必要になってきますので、不得意科目も補う塾なども視野に入れる必要があると私は思います。

ママ
将来役に立つと言われているプログラミングだけど、その前に通過しなければいけない受験などを考えると普通の科目も大切にしないといけないわね。

 

まとめ

子どもの習い事としてプログラミング教室が人気ですが、メリットデメリットがあり、その他にも身につけなければいけない事が沢山あると言うことが分かりました。

まとめ
  • プログラミングとはコンピューターに実行して欲しい作業の指令を出すことである。
  • 一つ一つ順序立てて考えることにより、理論的思考を育てるメリットがある。
  • 他の活動時間が制限される可能性がある。
  • 時には感情的、直感的思考も必要である。
  • 費用面では他の習い事に比べ比較的高額なので、お子さんのやる気や適性を見極める事が大切である。
  • プログラミングには算数や英語など通常科目も必要なので、その科目を補う事も考えなくてはいけない。

プログラミングが必須科目と言うことだけに囚われずに、お子さんと将来どのような方向に進みたいかを話し合い、やる気や適性にて通うことを決めましょう。

教室によっては体験コースなどもありますので、親も一緒に体験してみてはいかがでしょうか。

送迎不要!コスパ抜群のプログラミング教室3選

あなたがお子さんに望むことは何ですか?
  • 自分から進んで学ぶ子に育ってほしい。
  • 物事をじっくり考えて、試行錯誤してほしい。
  • 読解力を身に付けて学力アップしてほしい。

あなたの願い、プログラミング教室がかなえてくれます。
⇒ 子ども・小学生向けプログラミング教室おすすめ3選