【ロボット教室に通うなら、まずは無料体験参加】チェックするポイントとは?

「プログラミング教室って、パソコンやタブレットをつかってプログラムを組むんでしょう?なんだか、難しそう…。わたしもよくわからないし。」

「プログラミングが得意になったら、将来どんなことに役立つの?」

「プログラミング教室?費用が高そう…。」

などなど。たしかに、ネガティブになる気持ちも分かります。ただ、AIなどITの技術は日進月歩であり、お子さんがITに関する知識を増やせたらいいですよね。プログラミング教室と言っても、それぞれの教室に特徴があります。

お子さんが

  • 自分から進んで学ぶ子に育ってほしい。
  • 物事をじっくり考えて、試行錯誤してほしい。
  • 読解力を身に付けて学力アップしてほしい。

あなたの願いをかなえるプログラミング教室があります。

詳しい内容はこちらをご覧ください。

 

はあちゃん
ぼくロボット教室行ってみたい!友達が行ってて楽しそうなんだ。

ママ
ロボット教室か~。ママもよく分からないから、見学してみる?体験教室があると思うからちょっと調べてみるね。

どうも、とっしーです。

小学校でのIT教育開始に伴い、耳にすることが多くなったプログラミング教室や、ロボット教室といった習い事。まわりに通っている子が増えて、どういったものか気になりますよね。

ただ、ロボット教室とは聞くものの、ロボット教室について何なのか、あまりピンときてなかったりしませんか。

ロボット教室に関して気になること
  • ロボット教室は、一言で言うと、「ロボットの組み立てる」習い事。多くの教室では、組み立てたロボットにプログラミングで動きを加えたりといったことまで楽しみながら学ぶ。
  • 無料体験は行くべき。2つ以上の体験に行って比較するのがおすすめ。
  • ものづくりが好きな子や、高い集中力がある子には向いていることが多い。

この記事を読めば、ロボット教室では「何を学ぶのか」「どんな習い事なのか」分かるようになります。また、無料体験に行ってみるか迷っていたあなたも気軽に行ってみようという気持ちになるのではないでしょうか。

 

ロボット教室とは

ロボット教室は、何年生ぐらいからがベストでしょうか?

一年生の息子が、ロボット教室に行きたいと言っています。でも、月謝が高いので、通ってもよく分からない、作業的にも難しいような年齢では通わせたくないと思ってます。

(引用)ヤフー知恵袋

まず、ロボット教室って何をするのでしょうかロボットって私たち親世代ですと、「ロボコンぐらいしか知らないな、頭の良い理系の子がやることでしょ。」って思いませんか。そのくらいなじみがないかもしれません。

ロボット教室は、教室ごとに異なりますが、多くの教室で中心となっているのは、ロボット教材を用いて、ロボットを組み立てるというものです。

これらはロボット教室で組み立てられたロボットです。このような動きをするロボットを先生の指導のもと、組み立てていきます。面白い動きをしていて、なんだかかわいいですね。大人でも面白そうです。

お子さんの年齢にあったレベルで授業を行いますので、難しくてできないのではないかという心配はあまりいらないようです。

では、ロボット教室でロボットを組み立てることによってどんな力が身につくのでしょうか。習い事をするのならただの遊びでは終わらせたくないですね。

ロボット教室で身につけられる力
  1. プログラミング的思考
  2. 創造力・空間認識力
  3. 集中力
  • プログラミング的思考

自分が思い描く「こうしたい」という願望やイメージを叶えるためには、具体的にどうすればいいのかと考えることのできる力、問題を解決するためにはどうすればいいのかといった力、論理的に思考できる力が身につくと言われています。

ロボットを組み立てる前にイメージをし、そのためにはどう組み立てればいいのかという思考を働かせますので、この点は分かりやすいのではないでしょうか。

プログラミング的思考は、現在学校で始まっているプログラミング教育の中でも、身につけてほしい力として非常に重視されているものです。

  • 創造力・空間認識力

頭でイメージしているものを形にする力である「創造力」は、ロボット教室で身につけられる力の一つです。これは分かりやすいと思います。

では、空間認識能力とはどういうことでしょうか。

空間認識能力(spatial perception)とは、三次元空間における物体の位置・形状・方向・大きさ・位置関係などを素早く正確に認識する能力。空間認識力が優れていると、紙に描かれた図形を見て立体物をイメージしたり、地図を見て自分の位置や進むべき方向を正しく理解したりできます。

(引用)こどもまなび☆ラボ

ママ
空間認識能力が高いと、多くの場面でメリットがあるそうよ。

空間認識能力が必要な場面の例
  • スポーツ
  • 絵を描くとき
  • 車の運転

学校の他の教科でも役に立つと言えますし、大人になってからも車の運転の時など、空間認識能力が必要だと実感する場面もよくあります。

ちなみに、空間認識能力は大人になるにつれて自然と育っていく部分も大きいと言われていますので、子どものうちから神経質になる必要はなさそうです。ただ、身につけておいて損はないといえる力の一つです。

  • 集中力

好きなことなら長時間やっていられるというのは、あなたも子どもの頃に経験したことはありませんか。もの作りが好きなお子さんなら、ロボットを組み立てるというシンプルな作業を通して、一つのことを成し遂げるために集中してやり遂げる力が身に付きます。

 

ロボット教室の授業について

ここでは、いくつかの人気のロボット教室のコースで、主にどんな授業が行われているのか紹介します。

ヒューマンアカデミー

(画像引用)ヒューマンアカデミー

ヒューマンアカデミーのコース内容
  • プライマリーコース(幼児~小学校低学年)

テキストを見ながら、動くロボットを自らの手で作りあげる。

  • ベーシックコース(小学生)

テキストを見ながら、ロボットを正確に製作し構造や動きの仕組みを学ぶ。

  • ミドルコース(小学生)

より複雑な構造のロボットを製作。タブレットを用いて、初歩的なプログラム作成にも取り組み、ベーシックコースまでのロボットにはなかった、「感じて、考えて、動く」自律的なロボットを作り上げる。

  • アドバンスコース(小学校中学年~(ミドルコース修了生))

本格ロボットの3要素である入力系(センサー)・制御系(マイコンブロック)・出力系(モーター等)を組み合わせることで、ミドルコースまでのロボットにはなかった、「感じて、考えて、動く」自律的な賢いロボットを作り上げていく。

2ヶ月に1種類のロボットを製作するため4回構成の授業でロボットをより複雑に自律的に進化させていく。

どのコースも月に2回授業があり、1回あたりの時間は90分です。毎月1回目の授業では新しいロボットを作る基本制作、2回目の授業では、応用実践として、改造や進化をさせたりを行います。

(参照)ヒューマンアカデミージュニアSTEAMスクール公式HP

クレファス

クレファスは、小学生から高校生まで幅広く学べるカリキュラムがあります。全12コース設定されており、利用教材も、低学年ではとっつきやすいレゴ教材から使いはじめ、高学年になっていくと本格的なロボット教材を使うようになります。

基礎からはじめて、通ううちに「もっとレベルをあげて本格的に学びたい」といったお子さんの期待にも応えられます。

クレファスのコース内容
  • Kicksジュニアエリート ベーシック(年長)/スタンダード(小1)/アドバンス(小2)

低学年向けのコースで、「想像力」「創造力」「科学の知識」「論理的な考え方」を育む。レゴ教材等を利用し、ものづくりとプログラミングの基礎を学ぶ。

算数・理科・宇宙・地理・社会などの多くの分野の勉強にも触れられることはクレファスの大きな特徴といえます。

  • Crefusコース ブロンズ(小3)/シルバー(小4)/ゴールド(小5~)

「ロボット」を題材としたものづくりを通してメカニズムの基礎学習、プログラミングの基本、ものづくりに必要な算数、物理、電気の基礎について学習するロボット競技会を通して学習成果の発表を行う。

中学生までを対象としており、ここでは本格的なロボット教材を用いてロボット製作を行います。ロボット作りとプログラミングの入門と言えるコースとなっています。

  • Crefusコース プラチナ(ゴールド修了者)/M2(プラチナ修了者)/M3(M2修了者)

“変数”を用いたプログラミングを用いて、更に高度なサッカーロボットのプログラミングを行う。

M3コースでは“C言語”(プログラミング言語の一つ)を用いて、より高度で細かなロボットの制御に挑戦する。

ここからは、ゴールドを修了した生徒向けの上級者向けコースとなってきます。実際にプログラミング言語を使うようになり、難易度がぐんとあがります。

  • Crefusコース SS1/SS2/SS3(M3修了者)

ロボット科学教育Crefusの上級コースのカリキュラムでは、レゴ®教材から卒業し、より本格的なロボットキットVEX EDRを使用している。新たな手法を学び、自分でカスタマイズしたイメージ通りのロボットを組み立てることも行う。

 Crefusオリジナルのカリキュラムに沿ってこの教材を使用することにより、高校生から高度なプログラミング、本格的なロボット製作に挑戦することができる。

クレファス最上級のコースです。ここまでくると将来的にプログラミングやロボットの道に進みたいという際大きなステップになるでしょう。

ロボットキットVEX EDR(画像引用)クレファス

クレファスは、このようにコースが細分化されており数が多いため、このコースを修了して、次のコースに行きたいという向上心も生まれやすいのではないでしょうか。

(参照)クレファス公式HP

リタリコワンダー

(画像引用)リタリコワンダー

リタリコワンダーは、ロボットに関するコースは2コースとなっています。

リタリコワンダーのコース内容
  • ロボットクリエイトコース(年長~小3)

ブロックを組み立てて、ロボットの製作を行う。パソコンでプログラミングを行い、製作したロボットを動かす。

マウス操作でプログラミングを行うため、はじめてでも簡単に動かすことができる。モーターやセンサーの使い方やプログラミングの基本をロボット製作を通して知り、機械が動く仕組みを学ぶ。

  • ロボットテクニカルコース(小3~高校生)

様々なミッションをクリアするために、モーターやセンサーの仕組みを理解しながら、プログラミングによるロボット制御について理解を深めていく。ロボット製作の過程で、自分の興味や関心のあるものを掘り下げ、より複雑なロボット構造や高度なプログラム制御を習得していく。

リタリコワンダーの特徴は、きっちりカリキュラムが決まっておらず、柔軟に対応をしてくれるところだと言えます。

ほかの教室に比べて、お子さんの個性に合わせて授業を進んでいく傾向にあるため、より興味がある方向で学べるのは、長所を伸ばすという点においてもメリットがありそうです。

(参照)リタリコワンダー公式HP

エジソンアカデミー

(画像引用)エジソンアカデミー

エジソンアカデミーのコース内容
  • まずは2年間のコースで学ぶ。毎月1体のロボットを組み立てて、プログラミングを行う。
  • 2年間のコースを修了後、希望者にはより高度な内容を学べるエキスパート編のコースも用意されている。

エジソンアカデミーの特徴ですが、はじめからプログラミングを行うところです。他の教室では、入会した当初はロボットの組み立てのみで、しばらくしてからプログラミングの要素を取り入れるところが多いです。

プログラミングのほうにも力を入れたいと思っている方にはおすすめできます。

(参照)エジソンアカデミーロボットプログラミング教室公式HP

 

ロボット教室は、こんな子におすすめ

ママ
ロボット教室がどんな力がつくのかは分かってきたけど、習い事をさせるなら、それなりに続けてほしいし、うちの子にあってるのかなって気になるわ。

やはりものづくりが好きなお子さんには一番におすすめできる習い事です。小さいときからレゴブロックで遊ぶのが好きだったはあちゃんのような子にはぴったりですね。

また、1つのことに集中して取り組むことのできる集中力のあるお子さんには向いているでしょう。好きなことに熱中して何時間もそれに費やす、といった集中力はロボット教室でも生かされますし、さらにその集中力を伸ばすこともできます。

 

ロボット教室の無料体験は行くべき?

まずは、あなた自身がロボット教室というものをよく分かっていないなら「行くべき」です。わたしが調べた限りでは、ロボット教室で体験をやっていない教室はないぐらい、どこもやっているようです。

ホームページでも情報は載っていますが、実際には費用面など、分かりづらい部分もあります。体験教室の際、気になることは直接教室に確認できた方が安心です。特にロボット教室などは費用が高めの傾向がありますので、納得して決めたいものです。

またお子さん自身も、「やってみたい」と言っていたけど、やってみたらイメージと違うこともあるかもしれません。ミスマッチを防ぐためにも体験教室に行ってくださいね。

そして家が近いからなどの通いやすさも大事ですが、行ってみないと分からない講師や周りのお子さんの「雰囲気」もチェックしてください。

おすすめは2つ以上の教室に足を運ぶことです。比較対象があると、見えてくるものがありますからね。

勧誘されるのではないか、と心配されるかもしれませんが、それほど多くはないようです。特にこの記事でおすすめした大手の教室では、ほとんどひどい勧誘があったなどという声はありませんでした。

もし後日勧誘の電話があった際に断りづらいなどの時は、「他社の〇〇教室に決めたので」などと言えばスムーズにお断りができます。

「ちょっと興味があるぐらいで無料体験に行ってもいいの?」と思うかもしれませんが、現在、ロボット教室は人気がある習い事の一つですので、教室側も無料体験は当たり前という認識です。

うちの近所のロボット教室も、ゴールデンウィークの無料体験は連日満席になっていました。無料体験を上手に利用して、ロボット教室に通うか検討してみてくださいね。

 

まとめ

ここまで見てきた中で、ロボット教室のイメージがつきやすくなったでしょうか。

ロボット教室に関して気になることのまとめ
  • ロボット教室は、一言で言うと、「ロボットの組み立てる」習い事。多くの教室では、組み立てたロボットにプログラミングで動きを加えたりといったことまで楽しみながら学ぶ。
  • 無料体験は行くべき。2つ以上の体験に行って比較するのがおすすめ。
  • ものづくりが好きな子や、高い集中力がある子には向いていることが多い。

お子さんが、普段の生活ではあまりなじみのないロボットやプログラミングに触れられることで、熱中できる好きなものを見つけるきっかけになるかもしれませんし、何らかの形でそれが将来の仕事に繋がることだってありえますよね。

まずは気軽に無料体験に行ってみませんか。そこでお子さんが楽しめていたか、習い事として続けられそうか、検討してみてくださいね。

 

 

送迎不要!コスパ抜群のプログラミング教室3選

あなたがお子さんに望むことは何ですか?
  • 自分から進んで学ぶ子に育ってほしい。
  • 物事をじっくり考えて、試行錯誤してほしい。
  • 読解力を身に付けて学力アップしてほしい。

あなたの願い、プログラミング教室がかなえてくれます。
⇒ 子ども・小学生向けプログラミング教室おすすめ3選