【低学年から自宅でできる!】小学生向けスクラッチプログラミングの本3選

「プログラミング教室って、パソコンやタブレットをつかってプログラムを組むんでしょう?なんだか、難しそう…。わたしもよくわからないし。」

「プログラミングが得意になったら、将来どんなことに役立つの?」

「プログラミング教室?費用が高そう…。」

などなど。たしかに、ネガティブになる気持ちも分かります。ただ、AIなどITの技術は日進月歩であり、お子さんがITに関する知識を増やせたらいいですよね。プログラミング教室と言っても、それぞれの教室に特徴があります。

お子さんが

  • 自分から進んで学ぶ子に育ってほしい。
  • 物事をじっくり考えて、試行錯誤してほしい。
  • 読解力を身に付けて学力アップしてほしい。

あなたの願いをかなえるプログラミング教室があります。

詳しい内容はこちらをご覧ください。

 

はあちゃん
学校でプログラミングの授業があったよ。スクラッチでプログラムを作ったんだ。おもしろかったから、家でもやってみたいな。
ママ
スクラッチ?プログラミングって、家でもできるのかしら。

どうも、とっしーです。

小学校でのプログラミング教育が始まりました。学校での授業をきっかけに、自宅でプログラミングをやってみたいという子もいるのではないでしょうか。

多くの小学校で採用されているスクラッチは、誰でも無料で使うことができ、自宅でのプログラミング学習にも最適なプログラミング言語です。

しかし、多くのプログラミングの本は小学3年生以上が対象なので、低学年のお子さんが自宅で取り組むには難しいものが多いです。

この記事では、低学年のお子さんが自宅でスクラッチを学習するために、安心して取り組める本3冊をご紹介します。また、低学年のお子さん向けの本を選ぶ際のポイントをまとめます。

低学年のお子さんにおすすめのスクラッチ学習本
  • 子どもが自分で進めるなら
    作って学ぶScratchドリル
  • 親子で楽しむなら
    いちばんはじめのプログラミング(Scratch 3対応)
  • プログラミングの概念を親子で学ぶなら
    できるキッズ 子どもと学ぶ Scratch3 プログラミング入門
低学年の子にプログラミングの本を選ぶ際のポイント
  • 文字が少なく、絵や写真・図などで説明されている。
  • 子どもが楽しく「できた!」を実感できる。
  • 親も子どもも一緒に楽しめる。

 

低学年から自宅でできる!スクラッチの本3選

小学生を対象としたスクラッチの学習本はたくさん出版されています。

ここでは、特に低学年のお子さんが自宅でスクラッチを勉強するのにおすすめの本を3冊ご紹介します。

作って学ぶScratchドリル

小学校低学年から使えるドリル形式の本です。2020年には、子どもたちにおすすめしたい優れたプログラミングの本に贈られる、『子どもプログラミング本大賞』を受賞しました。

とにかくまずは手を動かしながら、実際にプログラムが動く様子を見て、まねて作れば、自然にプログラミングの基礎を身につけることができるようになっています。

文字が少なく、図を使って説明されているので、何をすればよいかが子どもにもよく分かり、飽きずにどんどん進めることができます。

この本で学ぶ内容
  • マウス・キーボードの使い方を覚えよう / Scratchのアカウントを作ろう
  • 基本操作に慣れよう / 猫を歩かせてみよう
  • 正五角形を作ろう / 正多角形の描き方を学ぼう
  • バンドで演奏しよう
  • リミックス(他の人の作品をもとに新しい作品を作ること)について学ぼう
  • ハエたたきゲームを作ろう

理解しやすい。小1の次男が大満足。

キーボードのレイアウトなど、大人は当たり前と思っていることでも子供には難しいことが丁寧に解説されています。Scratchはマウス操作が主体ですが、キーボード操作も必要になります。

そのほか、初めてScratchに触れる方がつまづかないように、随所に配慮されています。
最後のハエたたきゲームは秀逸です。満足度の高いゲームに仕上がります。

個人的に一番のツボはご褒美シールです。著者の本気度を感じます。将来お子さんがオライリーの技術書に親しむきっかけになるかもしれません。

(引用)Amazonカスタマーレビュー

子ども向けの教材だが、丁寧に基本をおさえている良書。

例えば、同じ動作の繰り返しを自分でやらせたあとforループを紹介し、その意義を体感させたり、コピペだと変更があったときにコピペしたコードを全部書き直さなければならないのでオブジェクトするべきということに触れていたり。
(そもそもScratchという言語が学習用言語として非常に優れていると感じた)

惜しむらくは、細かいところだが用例が漢字で書かれていること。Scratch自体はひらがな表示を選択できる。
漢字を読める子供はひらがなを読めるが、ぎゃくはそうはいかない。

本当に細かいところだが、様々な環境下の子供がはじめの一歩を踏み出す手引きとするならばそういった踏み込んだ配慮があるとなおよいのではないか。

(引用)ブクログ感想・レビュー・書評

ママ
絵本みたいで読みやすいわ。後の方では割り算も出てくるけど、ちゃんと分かるかしら。
はあちゃん
絵にかいてある通りにやればできるんだから、とにかくやってみようよ。

いちばんはじめのプログラミング(Scratch 3対応)

6つのゲームを作りながら、スクラッチを楽しく学ぶ本です。

はじめに、公式サポートサイトにある先生の見本のゲームで遊んでから、そのゲームのプログラムを作ります。ゴールが明確なので、低学年のお子さんでもとりくみやすいです。

小学校3年生以上が対象となっていますが、3年生までに習わない言葉に説明が入っていたり、ひらがなモードの画面で説明されていたりと、低学年の子どもでも読める工夫がされています。

この本で作るゲーム
  • 「カエルになったナイト」ーお城の中で、魔法使いと対決する劇
  • 「くじらピアノ」ー音色を変えられる電子ピアノ
  • 「ペンギン先生の計算ゲーム」ー自動で問題を出して解答できるゲーム
  • 「ひつじヘルプ」ーカーソルキーで操作して敵をよけるゲーム
  • 「うちゅうでシューティング」ー弾を発射して、敵を倒すゲーム
  • 「ぼくじょうのおてつだい」ー落ちてくるたまごをマウス操作で拾うゲーム

お手本があったり、コードすべてを見ることができたり隅々までの気配りを感じます。小学生が大人の助けを少し借りながら一個のゲームを完成させて動かしてみる「できた!!」という感動がありました。

本の手順通りに納得しながら進み、ページをめくってまた課題が提示されると、考える(またはお手本を見て「そうか」と納得する)という過程があって、何回か繰り返していたら、課題提示の段階で自分でプログラムを組もうとしていました。意図しない動きになってしまったとしても先生のお手本があるので、また出発点には戻れます。で、また自分の思う改造を試みると。

プログラミング的思考を育まれると思います。入門書の中で一番好きです。

息子が小学4年生になりたての時に勉強に使わせてもらいました。
元々、何かを作るのが好きな息子。
きちんと全部の文章にルビが振ってあり、語り掛けるような文章ですので子供も読みやすいです。

ミニゲームを作りながら、プログラムの基本知識をひとつずつ覚えられます。
変数や条件分岐。
自分でもプログラムを書きますが、子供にはどうやって教えよう?と悩んでいたので、すっきり解決できました。
覚えたことを元に、自分で新しいゲームを作り始めています。

途中、息子が悩んでしまったのが、数値入力。
半角数値でなければいけないのですが、全角で入力して、「合ってるのに動かない」と。
前半部分できちんとフォローはしてあるのですが、そこを読んでいるときはピンときてなかった様子。

各章に「うまく動かない時はここを確認してみよう」といったアドバイスがあれば、子供ひとりでも解決できるかもしれません。

小学生のお子さんにプログラムを教えるのであれば、最適な書籍ではないかと思います。

(引用)Amazon カスタマーレビュー

ママ
ゲームの絵がきれいでかわいいな。見本ゲームのプログラムも見られるから、困ったときも安心ね。
はあちゃん
先生の見本ゲームを改良することもできるんだね。僕にもできるかな?

できるキッズ 子どもと学ぶ Scratch3 プログラミング入門

簡単なゲーム作りから始まって、最後は本格的なインベーダーゲームを作る、充実した内容の本です。

小学校3年生以上が対象となっていますが、漢字にはルビが振られており、図も大きく見やすく作られているので、親子でとりくめば、低学年のお子さんでもプログラムを完成させることができます。

難しい概念などが出てくるところでは、子どもにどう教えればいいかのアドバイスも書いてあります。プログラミングの概念もしっかり学ばせたいにおすすめです。

内容の一部は、動画で解説されています。
できるネット『できるキッズ 子どもと学ぶ Scratch3 プログラミング入門』動画一覧

この本で作る作品例
  • ネコ歩き:ネコが画面をちょこちょこ歩く
  • オリジナル楽器:パソコンが楽器になる
  • もぐらパトロール:トンネルの中をモグラが進む
  • アクションゲーム:障害物をかわしながらゴールを目指す
  • クリックゲーム:UFOをマウスでクリックする
  • オート紙芝居:お話が自動的に進む
  • 幾何学模様:きれいな図形が書ける
  • クイズゲーム / リズムゲーム / 風船割りゲーム / 本格インベーダーゲーム

子どもと楽しみましょう!

メカ音痴の私にも理解できました。子どもはテキスト通りでなく自分のやりたいようにやってましたが、教えるより一緒に楽しむの気持ちで進んでいくのも笑いが絶えずいいと思いました。

プログラミングやパソコンの得意なパパさんママさんには物足りないと感じるかもしれませんが子どもと一緒なら楽しめるかもしれませんよ。

9歳の娘に将来プログラムに興味をもってほしいという下心から紙版を購入。他にも3冊くらいやらせました。その比較も含めて。

<良い点>
1、類書にくらべて文字が少ない、写真が大きい(直感的に文字がおおいやつは、子供はまったくよんでない)
2、最新なのでscratch 3.0に対応、他の類書ではscratch 2.0等のため、必要なコードが3.0にないものもあった。
3、課題は12個あり、ボリューム多め。実際におもしろい感じのゲームをつくります。

<悪い点(というわけではないですが)>
1、本書をだけを読んで、自分で一からスクラッチをつくれるようになるかはかなり本人のやる気と、タイミング、親のけしかけ具合によると思います。本書は写真が多くて、コードの組み方で止まることはあまりなかったのですが、コードの順番、繰り返し、条件、分岐等々というところを理解できているのかというと、甚だ疑問です。
2、その部分を補うために、類書では付随的なところの解説等があり、これが文字文字する原因で子供はよまなくなります。この辺のバランスが難しい。。。

興味がなかった娘も最後のインベーダーゲームをつくってご満悦。だけど、毎日ケンカでしたね。本をちゃんと読まないので。でも、自分が子供でも、読まないよなぁ。マニュアルをよんでやるということができないだもんなぁ、子供は。親がついて一緒にやることは前半は必須です、その後は自分でやってわからなかったら聞いてくるという感じでした。一冊目におススメです。

(引用)Amazon カスタマーレビュー

ママ
ちょっと難しいかなと思ったけど、使い方の動画もあるから大丈夫そうね。私の勉強にもなるわ。
はあちゃん
僕もすごいゲームが作れるようになりたい!

自宅でプログラミングを学ぶなら、本を購入しよう

スクラッチは、子ども向けのプログラミング言語として、全世界の教育現場で使用されています。

直感的な操作でプログラミングができ、大人が少しサポートすれば、低学年の子どもでも十分に楽しんで使うことができます。

スクラッチの特長
  • ドラッグ&ドロップなどの簡単なマウス操作でプログラミングができる。
  • 日本語に対応している。漢字を使わないひらがなモードもある。
  • 子どもが楽しめるゲームを簡単に作れる。
  • パソコンだけでなく、タブレット、スマホでも利用できる。(Scratch 3.0)

インターネットでスクラッチのサイトにアクセスするだけで、誰でも簡単に使うことができ、チュートリアルもあるので、とりあえず使ってみたいのであれば、本を購入する必要はないかもしれません。

しかし、子どもがスクラッチを通してプログラミングを学習するのであれば、プログラミングの概念を体系的に理解できるように、本を購入して学習することをおすすめします。

 

低学年の子どもにプログラミングの本を選ぶ際のポイント

文字が少なく、絵や写真・図などで説明されている

低学年の子どもが本で学習を進めるなら、全ての漢字にルビが振ってある難しい言葉を使っていないといった配慮は当然必要ですが、そもそも文字での説明が少ないということも重要です。

大人は文字で理屈が書かれている方が分かりやすいですが、小さい子どもは文字が多いと理解が追いつかず、飽きてしまします。

絵や写真・図などで説明されている方が、直感的にわかり、多くの情報が子どもに伝わります。

子どもが楽しく「できた!」を実感できる

プログラミングの概念を理解してもらいたい、論理的思考力を身につけてほしい。親としては、まず、子どもにプログラミングを理解してもらいたいと思いますよね。

しかし、プログラミング教育では、まずやってみて、あとで理屈がわかるという順番で大丈夫です。実践して失敗しても、そこからゴールまで試行錯誤する中で理解が進み、同時に粘り強さも身についていきます。

先を見通すことが難しい低学年の子どもが、粘り強く課題にとりくむには、まず、楽しい内容で、「できた!」という達成感が得られるかどうかが重要です。

親も子どもも一緒に楽しめる

どんな本を選んだとしても、低学年の子どもが学習を進めるには、多かれ少なかれ親の手助けが必要です。

子どものやる気が出ない時、うまく進まない時は、親の方がイライラすることもあるでしょう。

なるべくそうならないようにするには、子どもが興味を持つ内容であることも大切ですが、親も一緒に楽しめるかという視点で教材を選ぶことも大切です。

低学年が自宅で学習を進める上で、実はこれが一番大切なポイントなのかもしれませんね。

 

まとめ

低学年のお子さんが自宅でスクラッチを学ぶなら、以下の本で学習するのがおすすめです。

低学年にもおすすめスクラッチの本
  • 子どもが自分で進めるなら
    作って学ぶScratchドリル
  • 親子で楽しむなら
    いちばんはじめのプログラミング(Scratch 3対応)
  • プログラミングの概念を親子で学ぶなら
    できるキッズ 子どもと学ぶ Scratch3 プログラミング入門
低学年の子にプログラミングの本を選ぶ際のポイント
  • 文字が少なく、絵や写真・図などで説明されている。
  • 子どもが楽しく「できた!」を実感できる。
  • 親も子どもも一緒に楽しめる。

小学校でプログラミング教育がはじまり、プログラミングに関する本がたくさん出版されています。

スクラッチの学習本もたくさんありますが、あなたとお子さんに合わせて、読みやすく、親子で楽しめる本を購入しましょう。楽しく学べることが、自宅学習を成功させる鍵です。

まずは、一冊手に取って、親子で楽しくプログラミングを学びませんか。

送迎不要!コスパ抜群のプログラミング教室3選

あなたがお子さんに望むことは何ですか?
  • 自分から進んで学ぶ子に育ってほしい。
  • 物事をじっくり考えて、試行錯誤してほしい。
  • 読解力を身に付けて学力アップしてほしい。

あなたの願い、プログラミング教室がかなえてくれます。
⇒ 子ども・小学生向けプログラミング教室おすすめ3選