学習机で勉強しない子供が増えている?【子供に合わせた環境づくりが大切!!】

ママ友のAさん
小学校に入学するからって、はりきって学習机を買ったんだけど、、、。うちの子、机で勉強しないの。
ママ
うちもそうよ!!宿題はリビングで終わらせているし。必要なかったのかしら?

どうも、とっしーです。

あなたはお子さんの小学校入学をきっかけに、学習机を購入したのではないでしょうか。そして、お子さんが「机で勉強しない」とお悩みではないですか。

ネット上には学習机の必要性について、多くの質問や疑問が投げかけられています。

もしかすると、私たちは「学習机の購入は小学校入学と同時に」、「勉強は学習机でするものだ」という固定概念(こていがいねん)にとらわれているのではないでしょうか。

この記事を読めば、机やリビングで勉強するメリット・デメリットだけじゃなく、机が必要になる時期がわかります。もう、お子さんが机で勉強しないからといって、叱ったり、悩んだりしなくてよくなります。

机以外でも勉強はできる
  • 勉強はリビングでも机でもどこでもできる
  • 年齢が上がるにつれて、学習机で勉強するようになる
    机を買うタイミングと、机で勉強しはじめるタイミングに差があるため。)
  • 大切なのは学習机で勉強することではなく、子供にあわせた集中しやすい環境づくりである。

 

机で勉強しないのは、リビングで勉強する子供が増えているから?

下のグラフを見ると、小学校の低学年では約60%の子供がリビングで勉強していることが分かります。

ママ友のAさん
やっぱり、リビング学習が人気なのね~。
ママ
でも、よく見て!!小学生の高学年頃からは、こども部屋で勉強する割合が多くなっているわ!!

(引用)日経DUAL

低学年のうちは親の目が届くリビングで学習し、高学年からは自分の部屋で集中して勉強するという傾向がよみ取れますね。

ママ友のAさん
そういえば、私も低学年のころはリビングで勉強していたけど、学年が上がるにつれて自分の部屋で勉強するようになっていたわ。

それまでは机の上は物置みたいに散らかっていたの。だから机で勉強しようと思い立っても、片づけだけで終わったこともあったわね、、、。

でも机で勉強するようになってからは、机のうえはいつも片づけるようにしてたわ。

ママ
低学年のうちはリビングで勉強する子が多いし、どうしても机のうえは散らかりがちよね。机のうえが片づいていたら、いつでもすぐ勉強をはじめられるのに、、、。

そうだわ!!机で勉強する習慣をつけたいなら、一緒に机のうえをきれいにすることからはじめればいいんだわ。

 

約6割の家庭で、小学校への入学をきっかけに学習机を買っている。

学習机は小学校に入学する7歳で約60%の家庭で購入されています。その割合は、学年が上がるにつれて増えていきます。また、机の置き場所はこども部屋がダントツで多いですね。

(引用)PRTIMES 2019年学習机調査

低学年のうちは、リビング学習の割合が6割以上と高くても、学習机をこども部屋に置いている家庭が多いんですね。

グラフをみると、リビングやダイニングに学習机を置いている家庭もありますね。

リビング学習と机での勉強のいいとこどりができそうです。家庭で工夫して、勉強するための場所を作っていることがうかがえますね。

ママ友のAさん
ちょっとまって。じゃあ、低学年のうちはリビング学習で学習机はあまり使わないのに、小学校の入学をきっかけに用意してるってこと?
ママ
ほんとね!!小学校の入学準備に机は必要だと思い込みすぎていたのかも。

ママ友のAさん
まずは、リビング学習で勉強の習慣をつけたらいいのね。
ママ
そうね!!そのあと、子供が机が欲しいと言ってから用意しても遅くないみたい。

お子さんの勉強へのとりくみに合わせて、集中できる環境を作っていけばいいのではないでしょうか。

ママ友のAさん
リビング学習と机で勉強するのとではそれぞれにメリット・デメリットはあるのかしら?気になるわ。

 

勉強する場所によってメリット・デメリットはある。

リビング学習のメリット・デメリット

リビング学習のメリット
  • 集中力が上がる。
    ⇒人間はてきどに物音があるほうが集中力が上がると言われています。
  • 親子のコミュニケーションが増える。
    ⇒一緒にいる時間が長くなるので自然とコミュニケーションが増えます。また、勉強でわからないことがあれば、すぐに質問できるので親に対する信頼もアップしますね。
  • 子供が安心して勉強にとり組める。
    ⇒子供は大人よりこわがりです。部屋で一人でいることが不安な子もいます。
ママ友のAさん
私もいつもリビングで宿題をやっていたわ。もちろん、すこしうるさいんだけど意外と集中できるのよね
ママ
リビング学習は今も昔も人気なのね。
リビング学習のデメリット
  • リビングが片づかない・ゴミが出る。
    ⇒教科書があっちこっちに散らかり、夕食の用意をするのにジャマになるおそれがあります。また、消しゴムのカスを片づける手間が増えることも。
  • 家族がテレビをつけていると集中できない。
    ⇒とくに、お子さんが興味のある番組だったときに、集中できなくなることも考えられます。
  • 親子のキョリが近すぎて、逆に関係が悪くなることもある。
    ⇒あなたが間違いばかり見つけたり、口うるさく注意したりしていると、お子さんがイヤになって勉強しなくなる可能性もあります。
ママ
デメリットはあるけど、み捨てやテレビの時間など、あわかじめルールを決めておけばカイケツできそうよね♪
ママ友のAさん
そうね。あと、ダメなところを見つけるよりも、できていることをホメられるように声かけをしなきゃいけないわね。

学習机で学習するメリット・デメリット

学習机で勉強するメリット
  • 自立心が芽ばえる。
    ⇒集中したいときは学習机で、親におしえて欲しいときはリビング学習するなど、考えて行動できるようになります。
  • 学習習慣がつきやすい。
    ⇒机にむかい、集中して学習する習慣が身につきます。
  • 姿勢よく学習ができる。
    ⇒ダイニングテーブルなどは子供には高さがあわず、姿勢が悪くなることもあります。
ママ友のAさん
リビング学習も机での学習もそれぞれ魅力的なメリットがあるのね。どちらかにこだわらないで、子供にあわせてうまく選んだらいいんだわ。
学習机で勉強するデメリット
  • 机をおく場所を作らなくてはいけない。
    ⇒部屋の数がすくない場合、こども部屋を用意できないことも考えられます。その場合、リビングに学習机をおいている家庭もあります。
  • 親の目がいき届きにくい。
    ⇒こども部屋に机を置いている場合、勉強しているのかが分かりずらいです。
ママ
学習机は大きいものね。家庭によっては用意できないってこともありそうよね。

 

学習の環境をととのえるには、家庭の事情が大きく関係している。

家庭の事情により、学習机で勉強しない場合もあります。考えられるのは下に書いたとおりです。

  • 兄弟が多いために、自分だけの部屋や机が用意できない。
  • 家の広さにより、部屋や場所を用意できない。
  • 金銭的な問題。
  • 親の仕事の都合で、引っ越しが多い
  • 親の教育に対する考えかたによる。

家庭により、事情はさまざまだとは思いますが、どの家庭も工夫して親子ともに納得のいく学習環境を作ろうと努力していることが分かりました。

我が家は子どもが3人いますが、夫が嫌がって、勉強机を買ってやっていません。 (家も狭いってこともあるけど) とりあえず、居間のテーブルや折り畳み式の机で勉強はやっています。 ランドセルは本棚にスペースを作ってしまわせています。

(引用)yahoo知恵袋

ママ友のAさん
私が小学校低学年のころは家がせまくて、3人きょうだいで1つの部屋を使っていたわ。

でも、両親は学年があがるたびに、勉強する環境について相談を持ちかけてくれたの。いつも環境作りに協力してくれていたわ。だから最終的には1人1部屋をあたえてくれたの。

ママ
たしかに!!環境は親子で協力しないと変えられないわよね。どちらかが押し付けるかたちになってしまうと上手くいかないのね。

どこで勉強するかは大事なことですが、それを親が決めてしまうことのないようにしないと、子供のやる気をうばってしまいます

 

子どもに合わせた環境づくり。こんな方法もあり。

勉強は机以外でもできます。お子さんによって落ち着ける場所はさまざまですよね。親からの勉強する場所の押しつけがあると勉強がイヤになる可能性もあります。

意外に多くの意見があったのはベッドでの勉強です。大人である私たちからすると、ベッドは寝るための場所ですが、子供にとっては落ち着いて勉強できる場所なんでしょうか。

ママ友のAさん
ベッドで勉強したことはないけど、こたつで寝ながら単語を覚えてたわ~。結局きもちよくて、寝てしまうんだけどね。

こちらのご家族は親子そろって仕事や勉強をしているようです。新型コロナウイルスの影響もあり、在宅ワークをされている方も多くなっています。

こちらの家族のように、同じ場所で一緒に作業をすると、お互いにはかどりそうです。

ママ友のAさん
うちの子も、私がリビングで仕事をしていたら、となりに座ってドリルをやってるわ。一緒にやると集中できて子供にもいいみたい。

勉強は机でするのが理想かもしれません。ですが、子供によって勉強しやすい場所はちがいます。

子さんに合った勉強の場所をあなたが作ったり、見つけるために手伝ってあげたりしてはいかがでしょうか。

(引用)yahoo知恵袋

ママ
机で勉強しない子供を、どうやって机にむかわせるかなんて考えなくてよかったのね。それよりも、机にかぎらず子供にあった勉強の場所を作ってあげることが大切なんだわ。

 

まとめ~「勉強している」なら場所はどこでもいい。まずは認めてあげよう。

机以外でも勉強はできる
  • 勉強はリビングでも机でもどこでもできる
  • 年齢が上がるにつれて、学習机で勉強するようになる
    机を用意するタイミングと、机で勉強しはじめるタイミングに差があるため。)
  • 重要なのは学習机で勉強することではなく、子供に合わせた集中しやすい環境づくり

リビング、学習机での学習どちらにもメリット・デメリットはあります。どこで勉強するかにとらわれすぎず、ご家庭の状況にあわせた集中できる環境づくりができるといいですね。

今の勉強場所について親子で話し合い、お互いの思いや希望を伝えあってみてください。お子さんにとってベストな場所が見つかれば、今より集中して勉強にとりくめて、成績アップも夢ではありません。

机で勉強しないことに不満や不安があるとは思います。ですが、どこかで「勉強している」のであれば、まずはその事実を認めてあげてはいかがでしょうか。

 

「勉強の悩み」についてこちらの記事もおススメです。

person writing on brown wooden table near white ceramic mug
送迎不要!コスパ抜群のプログラミング教室3選

あなたがお子さんに望むことは何ですか?
  • 自分から進んで学ぶ子に育ってほしい。
  • 物事をじっくり考えて、試行錯誤してほしい。
  • 読解力を身に付けて学力アップしてほしい。

あなたの願い、プログラミング教室がかなえてくれます。
⇒ 子ども・小学生向けプログラミング教室おすすめ3選